「世界三大保存遺体」のひとつ、ホーチミン廟@ハノイ/ベトナム

【ホーチミン廟】
世界旅行はすべて3の法則でできていると、世界旅行者は言い続けてきた。

世界三大滝は、ナイアガラ、イグアス、ビクトリア、
世界三大広場は、赤の広場、天安門広場、金日成広場。

そして、「世界三大保存遺体」というのがある。
それが、レーニン廟のレーニン、毛沢東紀念館の毛沢東、そしてホーチミン廟のホーチミンだ。

ということは、ベトナムへ来たら、ホーチミン廟へいかなければならない。
しかし、注意しておきたいが、ホーチミン廟はホーチミンシティには存在しない。
ホーチミン廟はハノイにあるわけだ。

南部のホーチミンシティは、もともとはサイゴンという名前で、実際いまもそう呼ばれている。
南北ベトナムを統一した時に、ホーチミンを記念してサイゴンがホーチミンシティへ変更されたんだよ。

ホーチミン廟はハノイの官庁街にある。
でもホアンキエム湖の北の安宿街から歩いていける距離だ。

手荷物を預かるところがあるが、これは実は無料。
ただ、「日本人か?」と聞かれて「ハイ」と答えたら最後、パンフレットを渡されて、4000ドンぼったくられる。
この4000ドンは、パンフレット代で、荷物預かり代金ではないんだけどね。
でも、この時期1ドル=1万5千ドンくらいなので、4000ドンは30円程度だから、気持ちよく払いましょう♪

さっさと見て、外に出ると、ちょうど衛兵の交代をやっていた。
ただ、ホーチミン廟の場合は、近寄って見れないのが興醒めでした。

【写真】ホーチミン廟
【旅行哲学】衛兵の交代を見るのも話のネタになるね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050329