『瀋陽故宮博物院』@瀋陽/遼寧省/中国

【故宮崇政殿前に立つ世界旅行者】
2003年9月7日、長春から瀋陽へ「T122次列車」で長春から瀋陽へ到着。
「遼寧賓館」349号室に部屋を決めて、瀋陽駅へ戻る。
そして、「9月8日、T452次、瀋陽(8:10)→大連(11:58) 」の軟座切符を買う
翌朝、まず、タクシーに乗って、「9・18歴史博物館」へ行った。

【故宮鳳凰楼】
「9・18歴史博物館」を出て、タクシーに乗って、次に行ったのが、「瀋陽故宮博物院」。
乗ったタクシーの運転手が、きびきびしていて、キモチイイ人だったのを覚えている。
「瀋陽故宮博物院」とは、北京の紫禁城の小型みたいなものだ。
満州族が中国へ入って、「清」を建国する前の段階の「後金」時代(1625年)に造った王宮のこと。
初代のヌルハチと、二代目のホンタイジが使ったが、それ以降は中国を支配して、北京の紫禁城へ移動した。
だから、それほどは大きくないが、満州族の王宮として残った。

【玉座】
2003年で、入場料が50元だった。
1元が15円として、750円。
これは正直、高いよね。
内部は特に見るものもなく、人も多くなく、暇つぶしには最適という感じだ。
のんびりと、故宮崇政殿へ歩いていくと、声をかけられた。
なんと、大連空港で知り合って、大連の町までタクシーをシェアした「呆毛田」(本名ではありません)さんだ。
そこで、写真を一枚取ってもらいました。
瀋陽の故宮は、全体的にそれほど大きいものではない。

【瀋陽故宮博物院の向こうの近代的なビルを見る】
僕は、瀋陽故宮博物院については、それほど興味を持たなかった。
ただ、瀋陽に来たら、「9・18歴史博物館」と「瀋陽故宮博物院」は、見るものではないかな。
例えばいま東京に来たら、浅草寺の雷門と仲見世を通り、秋葉原のコスプレ見学みたいなこと(笑)。
瀋陽も、僕が行った2003年の段階で、経済発展が目に見えていて、新しいビルがあちこちににょきにょきと建っていた。
博物院の中から外を見ると、高層ビルの先端が覗いていたので、写真に取りました。
でも、高層ビルが若干歪んでいるように見えたのは、僕の思い込みのせいでしょうか。
中国のビルには手抜き工事が多いと、聞いていたしね。
僕が泊まった「遼寧賓館」の部屋も、金具の取り付けなんかがいい加減だったしね。
故宮の建物は、1625年から400年も残っている。
でも、向こうの高層ビルは、長く持っても、おそらく50年くらいで解体されてしまうことだろう。
そういうことを、僕は考えていました。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20100311