『グランドバザールへ行って、気になるアクセサリーを見つけたが、交渉に疲れて買わず』@イスタンブール/トルコ

【グランドバザール(1996)】
ほとんどのバックパッカーは、イスタンブールの「スルタンアフメット地区」に宿を取る。
ここは、遺跡のど真ん中にあるような場所なので、正直、いくら見ても見尽くすことはないだろう。
いい機会だから、列挙してみよう。
まず「アヤソフィア」と「ブルーモスク」これが基本。
アヤソフィアの北には「トプカプ宮殿」がある。
その西側には「国立考古学博物館」がある。
「ヒッポドローム」はブルーモスクの西側。
「地下宮殿」とは、地下の貯水池だ。
あと、鉄道駅のシルケジ駅もまた、観光名所と言えば言えるかな。
また、ガラタ橋も燃える前は、名所だった。
ヨーロッパ大陸最古の地下鉄(ロンドンの次だが、イギリスは島国なので)にも乗ったほうがいい。
もちろん、ヨーロッパとアジアの間のボスボラス海峡をボートで渡るのは、何をおいてもしなければならない。
アジアとヨーロッパを船で渡らないならば、イスタンブールへ来た意味がないんだから。
ボスボラス海峡では、そのほかにもいろんなボートのルートがある。
僕がオススメなのは、「ドルマバッチェ宮殿」に海側から入ること。
それから、「ボスボラス海峡ツアー」もあるよね。
これも、海峡の両側にある砦やなんかを見ながら、ボートに乗っているとキモチがいいものだ。
新市街の方には、特に面白いものもないが、僕はそこもまた歩き倒したことがある。
「町はとにかく歩く」これが、海外個人旅行の基本だ。
そうして、歩いていると、予期しなかったものを見つけてしまう。
旅行者ならば、誰でも疑問に思うこと。
トルコはポルノが解禁されているだろうか?
これは、エッチな映画館に入ってみて、エッチシーンをチェックすれば、すぐわかる。
僕は新市街を歩いていて、そちら系の映画館に入って、その答えを知りました。
だから、一週間程度の短期旅行で、トルコ旅行をする場合も、イスタンブールだけで十分。
無理をして、カッパドキアやエフェス、パムッカレなんかをバスに乗って移動することはない。
正直、毎日長距離バスに乗るというのは、ホント疲れるからね。
イスタンブールは、食事もおいしいし、見るところはたくさんある。
旅行者も多いので、気の合う友達を作ってしまえば、いくらでも長くいることが出来るよ。
ところが、バックパッカーが案外と行かないところがある。
それが「グランドバザール」だ。
早い話、昔からのショッピングモール。
でも、バックパッカーは普通は、みやげ物を買わない。
グランドバザールへ行けば、口のうまいトルコ人の商人に囲まれるわけで、絶対に安くは買えない(涙)。
ツアーに参加していれば、名所めぐりのひとつとして、ちょっと中を歩く程度のことはするかしら?
多分、市内観光バスに乗って、通りからグランドバザールの屋根を見るだけで、通り過ぎてしまうだろうね。
イスタンブールを歩き倒してきた僕としても、いつも前を通っていながら、グランドバザールには行ったことがなかった。
それで、特に買い物をする気はなかったが、イスタンブール名所を見ておくという意味で、グランドバザールへ行ってみた。
これが、1996年10月24日のことだったね。
中に入ると、確かに大きなバザールだった。
アラブ諸国では、金製品のペンダントなどが、面白いので行ってみる。
その関連で、アクセサリーを扱うところへ行って、小さなお土産くらいをチェックした。
すると、ガラス製の小さな目のようなものが見つかる。
これが、いまネットで調べたら、「名産品ナザールボンジュ(青い目のお守り)」というものだったようだ。
小さくて荷物にならず、トルコ土産で珍しく、また値段も手ごろだったよ。
腐るものでもないし、買っておいて、誰か女の子と知り合った時にプレゼントすれば、モテるかも♪
ところが僕は、イスタンブールのトルコ人にウンザリしていた。
だから、ここでも、「値段を確かめないと、絶対にボッタクられる」と考えた。
「いろいろ調べて、それからまた来ればいい」と買わなかったんだね。
でももちろん、チャンスを逃すと、買えないもの。
スルタンアフメット地区と、グランドバザールは近いのだが、わざわざ戻ってくることはなかった。
というわけで、トルコで、なにか小さなお土産が欲しい人は「ナザールポンジュ」は、オススメですよ。

【旅行哲学】旅先のお土産は、その場で決断しないと買えない。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)