カラングートビーチの想い出(1985)@ゴア/インド

世界旅行者みどりのくつした@カラングート/ゴア/インド(1985)
僕はボンベイから、一晩中やかましいインド映画のビデオをながす夜行バスに乗って、ほとんど眠らずゴアに着いた。
バスが止まったのが、確かゴアの基点パナジだった。

降りたら、ちいさなバスの客引きが「マプサ、マプサ、マプサ!」と、大きな声あげていた。
マプサからさらにバスを乗り換えて、カラングートビーチへと行った。
この時代でも、ビーチにはけっこう日本の若い女の子たちがいたよ。
僕は、しばらくカラングートビーチに居をすえて、ぶらぶらしていた。
カラングートから砂浜をずーっと南へ歩いていったことがある。
途中の砂浜に、白い土台に青い十字の墓石がポツンと一つあった。
僕は、ゴアで死んだヨーロッパ人なんだろうなと、彼の魂のために祈った。
南へ一時間ほど歩くと、まあちょっとした中級のリゾートホテルがあったっけ。
ぼくはそのホテルの海を見るバーでビールを飲んだ。
アンジュナビーチへ行って、ヌーディストの仲間になったりしたよ。
あのころ、僕はまだまだ若いといっても通る年頃で、元気にあふれていた。
ヒゲだらけのドイツ人のおじさんに頼んで、砂浜で僕の全裸写真を取ってもらったりした。
そのころは今のようなデジカメがなかったので、ちゃんとDPEできるように、チンコを手のひらで隠したのが純情だった。
白人女性が全裸で砂浜に寝ていると、インド人がやってきて股間を覗くので、怒って追い払ったりしていた。

そのあとヌーディストはアンジュナビーチから別のところへ移動したという噂を聞いた。
カラングートビーチからオールドゴア行くバスの中で、70歳近い日本人のおじいさんに会った。
彼はシベリア抑留を途中で逃げ出して、中央アジアの村々を次々と結婚しながら、日本へ戻ったと言ってた。
そのころソ連では男性が戦争で死んで男性不足だったので、モテモテだったそうだ。
確かに彼は背も高いし、若い時は映画スターだったと言っても十分通用する、いい男だった。
彼の息子が京大卒だというので、ぼくと話が続いたのだった。
でも僕は、彼の話を半分は信じていなかった。
旅の話はもともと信じてはいけない。
旅の話は、ただ、面白ければいいんだから。
南インドの熱せられた大気のなかで、バスに揺られながら、彼と話したときのこと、彼の笑い顔を、僕はまだ覚えている。
彼はもうこの世にはいないかもしれない。
でも、彼はぼくの記憶の中にこうしてずっと生きている。
僕はインドを旅しながら、「自分さがし」をしていた。
人はきっと、自分が何者なのか、自分はなぜ生きているのか、自分はなにをするべきなのか、それを求めて生きている。
そして、あのときからずいぶんたって、僕はまだ、その回答を得ることはできずにいる。
【写真】ゴア、カラングートビーチの世界旅行者
【旅行哲学】人はただ、生きる意味を求めて旅をしている。
[beach]