ガジアンテプ散策@ガジアンテプ/トルコ

【ホテルカタンからサッカースタジアムを見る】
これは、「ホテルカタンからの眺め@ホテルカタン501号室のベランダ/ガジアンテプ/トルコ」の続きです。

ガジアンテプの2つ星ホテル「ホテルカタン」にチェックインした。
荷物を置いてまずやることは、もう一度バスターミナルへ戻ること。

というのは、明日は、当然移動するから。
そのバスの状況を調べたいわけだ。

ホテル前から市内バスに乗って、OTOGAR(バスターミナル)へ。
この料金が、125,000トルコリラ。

僕が旅をした1999年9月のレートは、1ドルが445,000トルコリラ程度だった。
ということは、百万(1,000,000)トルコリラが2ドル強。

この時期、1ドルは110円程度だったので、百万トルコリラを、わかりやすく250円と考える。
つまり、十万トルコリラは25円ね。
市バスの料金は30円程度と考えればいいわけだ。
ただし、トルコリラはとにかくインフレで価値が下落していった。
そこで2005年1月1日に、100万トルコリラを1新トルコリラ(Yeni Türk Lirası, YTL)とする新通貨が発行されたとか。
ところで、ガジアンテプからシリアへ抜ける道は、実は2つある。

一つは、1988年に僕がアレッポからアンタクヤへ通った国境。
これがシリアとトルコを結ぶ一般的な国境だ。

もう一つは、ガジアンテプから直接アレッポを結ぶアザーズの国境があるはずなんだ。
ただバスターミナルで聞くと、アザーズへ行くバスが見つからなかった。

国境越えはどの国境でも危険がある。
国境越えを安全に済ませるためには、とにかく他の人と一緒に通るのがいい。

だから、バスが見つからなかった時点で、僕はアザーズ国境を越えるアイディアは捨てた。
いまの僕はとにかく、楽に、余裕を持って移動したい。
何しろ大変な旅の終わりに近づいているのだからね。
神戸を燕京号で出て、天津に到着し、北京へ移動して、それからチベット、ゴルムド、敦煌、シルクロードを通った。
それからクンジュラブ峠を越えてパキスタンのフンザへ、さらに陸路で国境を越えて、イラン、トルコと移動を続けてきた。
一般的なアジア横断ならば、これからイスタンブールへ行けばいい。
ユーラシア大陸横断ならば、それからヨーロッパを移動して、一応ポルトガルの西端ロカ岬へいく。
これで一応旅としては納まりがつくことになる。
ただ僕はすでに、2年8ヶ月連続の世界一周をしてしまっている。
いまさら「アジア横断」というパターンに固執することはない。
僕としては、手垢の付いたアジア横断よりも、「瀬戸内海から地中海へ(from the Inland Sea to the Mediterranean)」というのをテーマにしている。
ベイルート(レバノン)の海岸へ出て地中海を見れば、そこが終点となる。
バス会社で聞いて回ると、国境の町アンタクヤへはミニバスと大型バスがあり、大型バスは毎時間出ているらしい。
ガジアンテプからアンタクヤまでは約3時間。
うーむ。

近すぎるね。
これではどんなに遅く移動しても、昼過ぎにはアンタクヤへ到着してしまう。

僕が1988年に逆方向のシリアからトルコへ国境を越えた時は、アレッポからのバスは朝一便だけだった。
同じ時間に何台ものバスが、コンボイを組んで国境を一斉に通過していた。

もしその状況が変わってなければ、昼ごろにアンタクヤへ着いても、国境は越えられない。
それはそれで、ゆっくり身体を休めて、翌朝国境越えをすればいい。

新しい町へ無事に到着して、翌日の移動情報を入手する。
そして今夜のホテルが確保されている。

あとは、酒と食事を考えればいいだけ。
そう決めて僕は、ガジアンテプの町の中心へ歩いていった。

するともちろん、いろんなホテルを発見したよ。
ビールのEFESを3本、ミネラルウォーターを2本買う。

これが、5本全部で百十万トルコリラ。
つまり約270円。

さらに夕食として考えるのは、チキンの丸焼きだ。
そのハーフチキンを買うと、百二十万トルコリラ(3百円)。

チキン屋のおじさんは、愛想が良くて、片言の英語で話をする。
ドイツと日本のファンだそうだが、まあそれは話半分に聞いておこう(笑)。

酒屋でさらに赤ワイン「Villa Duluca」の大瓶一本が、百五十万リラ(370円)。
それをホテルカタンへ持ち込んで、夕食にする。

いい部屋で、裸になって、テレビでCNNを見る。
そして、ワインとビールと、チキンがある。

旅先ではこれが揃えば天国だね(笑)。
バルコニーへ出て、夜の街を眺める。

明日はシリアへいけるだろうか、それともアンタクヤ泊まりか。
それはすべて、神が決めている。

旅行者はただそれに従うだけだ。

【旅行哲学】ビールとワインとチキンがあって、CNNが見れて、ホッとシャワーがあって、清潔なベッドがある場所、それを天国と呼ぶ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD