五輪賓館(Five Circles Hotel)にチェックイン@敦煌(Donhuang)/甘粛

【敦煌ツアーで行った白馬塔(White Horse Dagoba)@敦煌】
ゴルムドを午前7時37分に出た8時のバス(笑)は、途中いろいろあったが、無事に敦煌へ到着。
敦煌近くになると、ところどころで人を降ろしていくので時間がかかる。

結局、敦煌のバスターミナルに着いたのが、午後7時20分。
出発してから、12時間弱かかったわけだ。

敦煌のバスターミナルは鳴山路というにぎやかな通りに面している。
バスターミナルを出てまず向かうのが、バスターミナルの向かいにある飛天賓館(Feitian Hotel)だ。

飛天賓館はそのころ日本人バックパッカーの巣と言われていたからね。
ただ僕はシングルルームを取りたい。

ホテルのフロントで聞くと、クーラー付きの部屋が280元(4千2百円)、クーラーなしが200元(3千円)。
これはちょっと高すぎです。

次にこれも有名な西域賓館(Western Region Hotel)を当たってみる。
これはちょっと安くなって、クーラーつきが200元、クーラーなしが120元(千8百円)。

これもまだまだ世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)の懐からすれば高い。
次に当たったのが、五輪賓館(Five Circles Hotel)。

ここは、ホテル全体の雰囲気が、ぬるかった(笑)。
あんまりしっかりしてない感じ。

でも料金的には一番安くて、クーラーなしの205号室が80元(千2百円)。
部屋にバックパックを置いて、外へ飛び出す。

歩いていると「ニコニコ食堂」というのが見つかる。
中に入って、メニューを見ていると日本人らしい男を発見。

こういうときは出来るだけ下手に出て、敦煌の情報を聞き出したいものだ。
ただこの日本人は馬鹿だった。

「すみませーん。日本の方ですか?」と聞いたら、「コリアン」と答えたのだ(笑)。
「旅先で声をかけられて、相手が怪しいと思ったら、コリアンと答える」というのは、日本人旅行者の間では定番のテクニックだ。

でもそれは、相手をみて使わなければね。
僕は「こいつは日本人だが、愛想のないやつだなー。絶対に仲良くならない」と決意した。

するとすぐに別の日本人が、ニコニコ食堂に入ってきた。
その男に話しかけて、旅の話ですぐに盛り上げる。

正直、旅先で僕に話しかけられて、盛り上がらないことはない。
だって、「旅先では人と知り合うことは利益になる」からね。

日本でどうでもいい雑談をしているのとは大違いだ。
旅先では、旅人と話をすれば、必ず役に立つ情報が得られるんだから。

僕はそういう時はものすごく聞き上手になれる。
僕が話しかけたのは、中国へ留学に来て4ヶ月目の大学生さんだった。

こういうときは、僕はビールをおごることにしている。
西涼啤酒の大瓶が1本3元(45円)だから、気楽に飲めるね。

日本の十分の一だし。
貧乏な世界旅行者先生も、これならばおごってあげられるよ。

2人の話があまりに盛り上がって、ビールを追加追加していたら。
さっき「コリアン」と言った若者も、僕らに参加したそうな雰囲気になった。

だって、僕はかなり馬鹿馬鹿しい、突っ込みやすい話を、大声でしゃべってるのだから。
普通の旅行者ならば、口を挟みたくて仕方がなくなるに決まっている。

でもさっき「コリアン」と変な返事をしたので、僕は彼の接近を拒否するバリアーを張っていた。
話は結構盛り上がったが、正直、この「ニコニコ食堂」の飯は、かなりまずかったね。

オリンピックホテルに戻って、レストランでビールを一本買って、部屋でさらに飲んだ。
ベッドに横になる。
とにかく今日は、昼間のバスに12時間乗って、ゴルムドから敦煌へ着いた。
下痢もしなかったし、途中では雄大な砂丘も見ることができた。

それがなくってもとにかく、敦煌へ着いただけでいいじゃないか。
最初の予定では西安から鉄道で来るつもりだったのに、なぜか、チベット経由にしてしまったのだから。

敦煌へ来たら、とにかく莫高窟(Mogao Caves)へいけばいい。
明日朝一番で、莫高窟へ行って、あとははしょってしまえばいい。

だって僕は、シルクロードをじっくり見ているのではない。
超高速アジア横断旅行をしているんだから(笑)。

【旅行哲学】日本人のくせに「コリアン」という時は、相手をよく見ること。
参照: 超特急アジア横断旅行(1999)『五輪賓館(Five Circles Hotel)にチェックイン@敦煌(Donhuang)/甘粛』