シリア(レバノン)で、入国拒否にならないためには、イスラエルへ入国した証拠が見つかるとまずいわけだが、それほど本気ではなかった話。@アカバ〜アンマン

1988年8月12日、今日はアカバからアンマンへ移動する。
バスの切符は、昨日バス会社へ行って、すでに購入してる。
ヌウェイバから助け合い、一緒にヨルダンの入国審査を受けたフランス人の美女は、次はペトラ遺跡へ行くつもり。
僕も誘われたが、断った。
僕にはヨルダンで、やらなければならないことが、いろいろあるからね。
そのためには、ヨルダンの首都アンマンで、調べることがある。
僕の旅行ルートは、ヨルダンからまず、イスラエルへ行く。
そのためには、ヨルダンで「西岸パミット」を取らなければならない。
1988年の時点では、イスラエルに入国した人は、シリアへの入国が拒否される。
僕は、ヨルダンからイスラエルへ行って、またヨルダンへ戻り、ヨルダンからシリアの国境を越える予定。
パスポートにイスラエルへ入国した形跡が残っていれば、シリアへは入れない。
逆に言うと、パスポートにイスラエルに入国した跡がないようにすれば、シリアへ入国できる。
さてどうするのか。
イスラエルは、旅行者がイスラエルへの入国を残したくない場合、そのように手配してくれる。

イスラエルへの国境を越えるときに、入国スタンプを押さないで欲しいと申し出れば、イスラエルは別の紙に入国スタンプを押す。
また、イスラエルから出国するときも、そう言えば、イスラエルの出国スタンプは押されない。
だから、パスポートには、イスラエルの入国スタンプも出国スタンプも残らない。
そのパスポートを使って、(イスラエルに入国した人が入国拒否される)シリア入国が問題なく出来る。
ところが、イスラエルの陸路国境で、入国出国のスタンプが押されないだけでは、イスラエルに入国したことはバレバレになる。
例えば、エジプトからイスラエルへ入る場合を考えてみよう。
僕がエジプトのターバーからイスラエルのエイラットへ国境を通った場合、イスラエルでは入国スタンプを別紙に押したとする。
しかし、ターバーではエジプトの出国スタンプを押す。
エジプトのターバーでの出国スタンプがあれば、イスラエルが入国スタンプをパスポートに押さなかったとしても、イスラエルのエイラットへ入国したことがわかる。
だから、僕はターバーからイスラエル入国をしなかったわけだ。
ターバーからイスラエルに入国したら、シリアへ行けないからね。
(イスラエル入国者でもヨルダン入国はできるので)イスラエルからヨルダンへは問題なく行けるわけだけど。
この北上ルートは、だから面倒くさい。
南下ルートの場合、シリアへ入国したあとで、ヨルダンやイスラエルへ入国するので、シリア入国の問題はない。
この地域では、シリアの入国が問題(レバノンもかもしれない)なので、南下ルートでは、旅行ルートはどうとってもいい。
イスラエルから、エジプトへ直接入っても全く問題ない。
イスラエルの入国がわかると、入国拒否される国は他にもある(ネットで調べればわかります)ので、注意が必要でしょう。
こういう問題は、常に変化してますから、最新情報をチェックすることが大切です。
さて、1988年の状況では、もう一つ面白いことがあった。
ヨルダンからイスラエルに入国するとき、ヨルダンは当然国境で入国審査、出国審査を行う。
前にも述べたように、イスラエルのスタンプは頼めば押さない。
しかし、ヨルダンの国境でスタンプを押されれば、イスラエル入国の証拠が残る。
ところが、ヨルダンでも、出国スタンプや入国スタンプを押さない場所があった。
それが「アレンビー橋(キングフセインブリッジ)国境」だ。

現在イスラエル領になっている「ヨルダン川西岸地域」は、以前はヨルダン領だった。
イスラエルに占領されている西岸地域をヨルダンは認めていない(厳密に言うといろいろ難しい。興味のある人は自分で調べてください)。
ヨルダン側はアレンビー橋が国境だとは認めていない。
という意味は、アレンビー橋を渡るときには、ヨルダンの出国審査がない。
アレンビー橋をヨルダン側から越えたら、ヨルダンの出国スタンプは押されない。
アレンビー橋はイスラエルでは国境と考えるのだが、頼めば入国スタンプは押さない。
つまり、アレンビー橋で国境を越えれば、ヨルダンの出国スタンプも、イスラエルの入国スタンプも押されない。
逆も真なりで、アレンビー橋をイスラエル側から越えると、イスラエルに頼めば出国スタンプを押さず、ヨルダンの入国スタンプも押さない。
だから、アレンビー橋の国境を通って、ヨルダンからイスラエルへの往復をすれば、イスラエル入国の証拠を残さずに、イスラエル旅行が出来る。
つまり、イスラエルを旅したあとで、シリア旅行が出来る。
さらに、シリアを通って、トルコ旅行が出来る、というわけだ。
ただし、ヨルダンから西岸地域に行くには、その許可証「西岸パミット」が必要だ。
これは、ヨルダン政府の内務省が発行していたと思う。
難しそうな話だが、観光客が使うルートなので、西岸パミットは申請書さえ書けば、簡単にもらえるはずだ。
ただ、西岸パミットは1988年には必要だったが、そのあとは必要なくなった。
とにかくこの時期の僕には必要だったわけだ。
旅の情報をあれこれ調べずに、現地で聞いて回ればそれがいい、という「世界旅行主義」からは、ずいぶん調べているじゃないかと思う人もいるだろうね。
ただ、いままで読んでいる人はわかっていると思うが、僕はシリア旅行をした人と、旅先でたくさん出会っている。
シリア旅行をしたばかりの人から、じっくりと話を聞いているので、シリア旅行の問題点やなんかは、頭に入っているわけだ。
旅先で、実際にシリア旅行をしたばかりの旅行者から、直接話を聞いているので、ある程度の知識があるのは自然なことなんだね。
とにかく、ヨルダンからイスラエルへ無事に入国して、シリアに入ること(そしてトルコへ抜けること)が一番大切だ。
それには、とにかく、ヨルダン内務省へ行って、西岸パミットを入手すること。
まあ、正直、ヨルダンとイスラエルは、出来レースで、この政策を採っているのだろう。
だって、イスラエルに来た人は、ヨルダンへも行きたいだろうしね。
ヨルダンへ観光に来た人は、イスラエルへ行きたいのはもちろんだ。
だから、本気でイスラエルへ行ったかどうかなんて調べているわけではない。
世の中によくある「タテマエ」なんだよ。
だって、この時期、もう一つその国に入国すれば、別の国で拒否をされる国があった。
それが、まだアパルトヘイトが存在した「南アフリカ共和国」だった。
南アにいた証拠があったら、例えば、ザンビアには入国できなかった。
だから、ジンバブエに移動して、ジンバブエでパスポートを紛失したことにして、再発行をしてもらう人がいたわけだ。
しかし、パスポートに南アのスタンプがないとしたら、その理由は、南アにいたことをごまかすために決まっている。
そこで、その時代のザンビアでは、パスポートの再発行を受けた旅行者を隅々まで調べたとか。
だって、南部アフリカでパスポートを紛失、盗難にあって、再発行だなんてミエミエだからね(笑)。
同じように、イスラエルに入国したかどうかは、ヨルダンの滞在日数が、変に長ければ、すぐに(イスラエルへ行ったと)わかる。
それで身体検査をすれば、イスラエルに行ったかどうか、証拠は見つけられるだろう。
だからシリアも、イスラエルに入国した、旅行者を本気で入国拒否しているわけでもない。
ちょっとした海外旅行でのスパイスだね(笑)。
長々と書いてしまった。
本当は、イスラエルの入国問題の他に、シリアビザの取り方、ペトラへの行き方、ドルの現金とトラベラーズチェックの入手方法などを書くつもりだった。
ただ、長くなりすぎたので、ここら辺で、イスラエルの入国問題(つまりシリアの入国問題)は、一応終わりにしておきます。
なお、この話、状況は1988年のことですから、注意してください。
ヨルダン旅行記
エジプト旅行記 / / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx