イスタンブールの話(その1)  ホテルエマ(HOTEL EMA)とエリットホテル(ELIT HOTEL)@イスタンブール/トルコ

【HOTEL EMA/向こうにELIT HOTELが見える】
1996年10月17日、ブルガリアの首都ソフィアからイスタンブールへの夜行寝台列車に乗る。
イスタンブールへ到着予定は午前8時40分だが、実際の到着は午前10時ごろになった。

新しい町に到着したて、まず考えるのは、宿を見つけること。
一般的には、宿は正午がチェックアウト時間なので、昼過ぎにホテルへ飛び込めば、すぐに部屋は取れる。
僕が前回イスタンブールにいたのは、1988年の春と秋だ。
だから昔のイスタンブールを知っていて、土地勘がある。

また、イスタンブールはさらに人気の観光地になっているので、宿は腐るほどあるのを知っている。
ただ、新しいところへ泊まるのもいいかなという気持ちもある。

特に、ボスポラス海峡の見える宿に泊まってベランダから海峡を見る、というのは格好よくないかな。
そこで、ブルーモスクから鉄道線路の間に宿を考えていた。

シルケジ駅に到着して、列車を降りる。
僕はそのまま駅の観光案内所へ向かった。

特に情報が欲しいわけでもなかったが、観光案内所というのは、あれば一応顔を出すものだからね。
観光案内所で、まず、イスタンブールの観光地図をもらう(無料)。

僕がそこにいたおじさんと適当に世間話をする。
「僕は1988年にイスタンブールにいたんですよ。日本人観光客が増えたでしょ(笑)」なんてね(英語です)。
すると、「宿は決まってるか」と聞かれる。
海峡を見下ろす地域のホテルを考えている、と答える。

すると、一軒のホテルを強力に推薦してくれた。
住所を書いてくれたうえに、「電話して予約してあげようか」とまで言ってくれた。

ここで、「イスタンブールの観光案内所のおじさんは親切だなー♪」と思うのは素人。
僕は、このおじさんはリベートもらってるか、それとも家族親戚か友達のホテルだな、と考える。

だから、こんな風に勧められたホテルへ行くことはない。
愛想よく感謝の言葉を述べたあと、バックパックを背負ったまま、スルタンアフメット地区へ歩いた。

心の中では、1988年に泊まっていた「エリットホテル(ELIT HOTEL) 」へ行くつもり。
ところが、場所をはっきり覚えていなかった。

電車通りを歩いていると、ちょっと旅慣れた風の30歳代の日本人男性を見つけた。
声をかけて、ホテルの場所を聞いて、一緒に歩いていく。
「僕はこれからホテルを決めるから、それから昼飯でもどうだい♪」てなかんじ。
エリットホテルはすぐに見つかったが、隣に「ホテルエマ」というのがある。
そこで、エマへ入ってみた。
その理由は、現在のホテルの値段の見当を付けたかったから。
ところがホテルエマの受付のトルコ人が、完全に思いあがっていた。
その詳しい話は、「イスタンブールのトルコ人がどれだけ日本人を馬鹿にしているか」という項目で、別に語ろうと思う。
楽しみにしていてください(笑)。

【ELIT HOTEL/1階がバーになっていることに注意】
結局、エリットホテルへ行った。
フロントで、昔よく知っていた「フリエ嬢」(とはいっても、8年たってるのだけれど)との思い出話などをする。

それで、3階の9号室(シャワートイレつき個室)の25ドルを、21ドルにした。
早い話値切ったというわけだが、根切はバックパッカーの常識。
ホテルに定価で泊まるのは旅の素人だから、イスタンブールのように競争が激しい町では値切るのが常識です。。
部屋にバックパックを置いて、知り合ったばかりの日本人旅行者と昼飯を取りに行く。

通りの両替屋で50ドル両替すると、レートは1ドルが94200トルコリラ。
つまり、わかりやすく1万リラ単位で考えると、1万リラは12円程度ね。

2人で昼食を取って、一人頭75万リラ(900円)(←イヤに高いね。ただノートに書いてあるんで…)。
彼に案内してもらって、ちょっと歩いた趣のあるコーヒーハウスへ行く。
中には、水タバコを吸うトルコ人がいた。
ここでいろんな旅の話をしたが、コーヒー一杯が4万リラ(48円)。
彼はインドからやってきていて、僕は北欧から東欧を縦断してイスタンブールにいる。
2人とも若くはないので、旅の話は尽きることがないかったが、ちょっとインドにこだわりがありすぎると、話は面白くなかったね。
コーヒーの後は郵便局へ行く彼と別れて、一人で歩いていると、絨緞屋の前を通りかかる。
絨緞屋の店先にいた日本人女性が声をかけてきた。

僕の雰囲気から絨緞を買うような人間(金持ち)ではないと、向こうも見抜いたようだ。
僕は出会った人を持ち上げるのは得意なので、絨緞を売りつける話を聞きだした。

学生でもカードを持っているので、20万円や30万円の絨緞は買えるとのこと。
僕も、「トルコ絨緞は一生の買い物ですからねー。学生さんも買ったらいいですよねー」と、心にもないことをしゃべった。

次に、ブルーモスクとアヤソフィアの中間の広場まで行って、ぼんやりする。
するとすぐに、日本語ペラペラのトルコ人から声をかけられる。

相手にしたくないのだが、とにかく無駄にしつこいのが困るね。
日本語の練習台に使われているのかもしれない。

またホテルに戻ってきたら、日本人の二十歳代の若者と出会う。
彼は、大学を卒業して自転車旅行をしているMくん。

面白いので、ピザ屋に行って話をする。
ピザは18万リラ(216円)で、TUBORGビール(6万リラ/72円)は酒屋から買って持込みだ。

Mくんは、自転車旅行者で、これからイスタンブールを出て、イラン方面へ行くとか。
僕も日本では自転車に乗りまくっていたサイクリストだ。

大学を卒業して、会社勤めをしても、夏休みには糸魚川から浜松までフォッサマグナを走ったことがある。
そこで、自転車についての話が弾む。

というか、僕は相手に興味を持ちさえすれば、どんな話でも盛り上げることが出来るんだよ。
「自転車旅行者は、今日はこれだけ距離を稼いだと自己満足するもの」という合意が出来た。

Mくんは、6年間世界を走っている外人を知っている。
つまり、どんな業界にも、その業界の話題というものがあるわけだね。

住所を教えてくれといわれたので、海外旅行用の名前とメルアドだけのカードを渡した。
次に適当な旅行会社に入ってみた。

イスタンブールからどう脱出するかを考えなければならないからね。
僕はヘルシンキから東欧を下って、イスタンブールへ着いた。

さてこれからどう移動するか?
僕はすでに、ヨーロッパはほとんどの国に旅行している。

しかし行き残したところもあるわけだ。
地中海でいえば、キプロス、それからマルタ。

ヨーロッパには、僕がまだ行ってない小さな国がある。
それが、サンマリノ、リヒテンシュタイン、そしてアンドラ。

さらには、旧ユーゴスラビア諸国がある。
こういう細かい国を念入りに一つ一つ旅していかないと、旅行国の数は増えないんだよ。

逆に言うと、こんなことをやって旅行した国の数を増やしても、実質的な意味はないわけだ。
オタク的な領域に入ってしまう。

世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、旅行オタクではなく、ウソツキでもない。
ただ、オタクにもウソツキにも勝利しなければならない使命があるってわけだよ(笑)。

旅行会社で、イスタンブールからの航空運賃をチェックする。

ローマまで片道で225ドル(30歳未満)
パリへの片道が160ドル(チャーター便)
アテネへの片道が185ドル(トルコ航空のノーマル運賃)
ミュンヘンへの片道が160ドル(チャーター便)


チャーター便は数も限られているし、席があるかどうかもわからない。
1996年10月のイスタンブールからの運賃の例として、参考にしてください。

夕方になって、エフェスビール(EFES BEER)500mlの缶(6万リラ/72円)を3本買う。
ビール屋の前に人だかりがしていたが、それは、フランスとトルコのサッカー試合があったから。

ビール屋のテレビを見ている人が多かったわけだ。
この日の国際試合は、なんとトルコが4対2でフランスを破って、大騒ぎになった。

エリットホテルの自分の部屋で、ビールを飲んで、日記をつけて、ベッドに入る。
安らかに眠ろうとしたが、エリットホテルの一階のディスコの音楽がものすごい音で鳴っている。

午前3時まで音が止まない。
これは、長居出来ないね。

でもそれは、神が僕に別の宿へ行けとのお告げだったのだろう。
そう思わないとやっていけません。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)