『ベイルートへ行かず、パルミラへの切符を買って、ウマイヤドモスクで昼寝して、翌日は映画を見る』@ダマスカス/シリア
1988年8月23日、この日は、ダマスカスの町を歩いて、ダマスカス観光をすることにした。
しかしその前に、北部の遺跡パルミラへの行き方を、バスターミナルで調べる。
わかったのは、パルミラまで35シリアポンド(385円)。
異常に安いね。
これは、書き間違いではなくて、僕のノートにも「安い」と書いてあるから本当だ。
ただ、パスポートがないとバスの切符が購入できなかったので、値段を聞くだけにする。
ところで僕は、アンマンからダマスカスへ、サービスタクシーでやってきた。
サービスタクシーというのは、大型のアメ車に運転手以外に5人乗る、乗り合いタクシーだ。
これが、結構快適だったし、バスの値段がメチャ安い。
ということは、ダマスカスからパルミラ遺跡までも、サービスタクシーが走ってるんじゃないか、と考える。
バスターミナルの管理事務所のような建物に入って、そこにいた20歳代の若者に聞いてみる。
彼は、いろいろ当ってくれたが、ダマスカスからのサービスタクシーは2ルートしかないという。
それは、僕が乗ってきた、アンマンからダマスカスのルート。
もうひとつあって、それがダマスカスからベイルート(レバノン)のルート。
つまり、サービスタクシーは国境越えのルートだけのようだ。
でも、ダマスカスからレバノンへ、サービスタクシーで行けるの(驚)!
だってレバノンといえば、「レバノン内戦」が、ダラダラと続いている時期だったのでは。
レバノンには、いろんな武装勢力があって、互いに攻撃しあっていたはず。
それなのに、サービスタクシー(乗り合いタクシー)が、オキラクに国境を越えているなんて…。
でも、レバノンへ行けるのならば、ちょっと覗いてみてもいいかも。
実はこのとき、一瞬、「ベイルートへ行ってしまおう!」と思った。
ちょっとレバノンへ入国して、また戻ってくれば、いい話のネタになるだろう。
ところが、国境越えの手続きがわからない。
しかも、おそらくビザが必要だろうと予想される。
1988年の中東では、ヨルダンも、シリアもビザが必要だった。
イスラエルはビザは不要だったが、パスポートに入国スタンプを押さないように、頼んだりした。
まず、レバノンのビザが必要なのかがわからない。
うまくレバノンへ入国できても、またシリアへ戻る時にビザが必要ではないか、とも考えられる。
ま、正直言って、僕が本物の「男」ならば、ここで躊躇はしなかっただろうね。
国境へ行って追い返されたって、別にかまわないんだし。
レバノンへ入って、シリアへ戻れなくても、どこかへ脱出できるはず。
例えば、イスタンブールへ飛んでしまったって、全く問題なかった。
すでにトルコは旅してるし、どうせシリアからトルコの陸路国境を越えても、あとはイスタンブールへ一直線に行くつもりだったんだから。
しかし、僕はダマスカスからサービスタクシーでレバノンへ行く、という挑戦から逃げたんだ(涙)。
中東でポツンとレバノンだけ、旅をし残した国が残ってしまった。
1999年にアジア横断旅行をしたときに、イランからトルコに入った後、シリア、レバノンと旅をした。
その理由は、わざわざレバノンへ行くためだったんだ。
だから、チャンスがあったら、行けるところは行って置いたほうがいい、ってことね。
さて、バスターミナルで、僕と話をした若者は、きれいな英語も話したし、いかにも教育がありそうだった。
そこで僕は、「キミは、いい大学を出てると思うけど」とダイレクトに聞いた。
海外では、あいまいな言い方は好まれないし、とにかく相手のいいところを見つけて褒め上げるのがいい。
世界中のどこでも、褒められて怒る人間はいない。
彼は、やはり、シリア一のエリート大学「ダマスカス大学」の卒業生だそうだ。
僕はすぐにわかったが、全体の雰囲気からも、彼はいいところのお坊ちゃま。
おそらく、ダマスカス大学を出て、シリア政府に入った官僚だろう。
彼の研修先がシリアのバスターミナルだが、実際の仕事は下級公務員がやっている。
だから、とにかく暇みたいだった。
面白そうな話し相手を求めているってことね。
僕は旅先で、いろんな人と出会い、話をしてきた。
これから後、世界一周旅行の終わりごろに、オーストラリアからインドネシアのチモール島クパンへ飛んだ。
このときの、クパン空港の入国審査官が、これもまた、一流大学を出たばかりのエリートだった。
彼も、暇つぶしに僕と話をしたがったものだ。
ダマスカスの若者は、僕がパルミラ遺跡へ行くと知ると、なにしろ仕事を休んで、着いてこようとしたからね(笑)。
どの国でも、エリートの支配階級というものは、融通が利くものなんだよ。
さて僕が、次にパルミラ遺跡へ行くことは決まっている。
だからホテルに戻って、パスポートを持ち、またバスターミナルへ戻ってくる。
2日後、8月25日午前7時発、カルナックバス(KARNAK BUS)の予約をした。
それまでは、ダマスカスを歩いて、あちこち見て回ればいいだけだ。
歩いていたら、昨日話をした筑波大学の学生と、またばったり出会う。
それで、「サマルカンド横のレストランSL150」とノートにある。
SL150とは、150シリアポンド、つまり1650円!
信じられない金額だが、ビールを何本も飲んだのかもしれない。
でももちろんこれは、実勢レートとは大きく違う、公定レートです。
実勢レートが本当に3分の一ならば、500円程度だからね。
それと、この時は、シリアの通貨シリアポンドをシリア内で使い果たさなければいけない、という気持ちもあったんだと思う。
だって、もともと公定レートで両替したシリアポンドを国外で両替なんかしてくれないと思っていたし…。
日本人学生さんと別れて、一人で、またウマイヤドモスク(OMAYYAD MOSQUE)へ。
ウマイヤドモスクの中で、ちょっと寝てしまったのは、多分ビールを飲んで酔っ払ってたからだろう。
帰りにバナナを一房買ったら、40ポンド(440円)!
とっても高いが、これは全部、公定レートで計算しているからね。
翌日の8月24日は、考えてみると何もすることが無かった。
が、まず、とにかく国立博物館(NATIONAL MUSEUM)へ。
この入場料が1シリアポンド(11円)。
歩いていたら映画館を見つけたので、入ってみる。
やっていたのは、インドの活劇メロドラマ一本と、アメリカのコメディ映画「THE MAN WITH BOGARD'S FACE」でした。
映画の入場料は7シリアポンド(77円)。
夕食は、ハーフチキン(35シリアポンド/385円)と、ビール2本(25シリアポンド×2/550円)。
でもこれも、公定レートです。
xxx
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx