『日本人旅行者2人と、シリアの強制両替、外貨申告書、ヨルダンの日本人入国拒否について語り合う』@ダマスカス/シリア
1988年8月22日に、アンマンへからサービスタクシーでダマスカスへ。
ダマスカスに入ると、次々と日本人旅行者に出会う。
最初は日本人カップル、次はイスタンブールの日本人留学生。
僕は旅先で日本人に会えば、よほど気が合わないのでないかぎり、一緒に食事をして、旅の話をする。
日本人は基本的にさびしがりやさんだから、旅先で声をかければ、話するのは簡単だ。
初めて会って、ちょっと食事をするくらいは当然のこと。

この時期の中東では、旅行者同士が情報交換をするのは意味があった。
日本語のガイドブックは出ていたが、いつもの通り、信用できないという評判だったからね。
僕は、エルサレム(イスラエル)を出て、アンマン(ヨルダン)でタクシーに乗って、ダマスカスに着いた。
その日の夜には、別々に旅行していた日本人旅行者2人をつかまえて、3人でレストランにいる。
これが、本物の旅行者というものなんだよ。
今の日本人旅行者は、一人で旅をする場合も、日本を出る前にすべて予約する。
旅先で出会う人まで予約しようとする。
旅の一番の喜び「旅での思いがけない出会い」を予約するなんて不可能だよ。
もともと無理なことをしようとするから、彼らの旅は全く面白くないわけだ。
面白くない人間は、旅になんか出ないで、こつこつとサラリーマンをやって、老後のために貯蓄したほうがいいだろう。
こつこつと貯蓄していても、高級老人ホームに入るしか、使い道はないだろうが。
でも、それも人生だから、それはそれでいいと思うよ。
このときも、偶然出会った、別々に旅をしている日本人の若者2人に声をかけて、一緒に食事をした。
ダマスカス中心部の「アリババレストラン」だ。
僕はエジプトからヨルダン、イスラエル、シリアと北上している。
日本人旅行者はトルコから陸路で、シリアへやってきている。

だから、互いに、相手の情報を欲しがっている。
もともと旅行者というものは、自分の経験を語りたくて仕方ないもの。「
僕は、もともとユースホステルでミーティングを仕切ったりしていたベテランユースホステラー。
話を振り分けるのは上手だから、場はどんどん盛り上がる。
まず、この時代のシリア旅行者定番の、不平不満を語り合う。
シリアへ入国する時は100ドルの強制両替があって、それについての不満があるわけだ。
ホテル代がドル払いなので、100ドルものシリア通貨(1120シリアポンド)は、使いきれないってことだけどね。
公定レートは、国境で両替したとおり「1ドル=11.2シリアポンド」だ。
しかし、どうやら実勢レートは「1ドル=30シリアポンド」程度だという。
実勢レートで両替すれば、約3倍のシリアポンドを手にすることが出来る。
実勢レートで考えれば、缶ビールの一個の料金(25シリアポンド/275円)は、90円程度だ。
これならば、ナットクできる値段だけどね。
でも、普通の旅行者はシリアに長期滞在しない(ビザの滞在期限が2週間だし)。
ホテル代がドル払いなので、食べ物と交通費だけでは使い切れない。
結局、実勢レートで両替しても、使えないってことだけどね(涙)。
その流れの中でわかったことが、(僕にとっては)とんでもない話だった。
(この時代の)シリア旅行者は、強制両替の他に、「外貨申告書」を持っていなければならないんだと(驚)!
僕はヨルダンからシリアへ国境越えをしたときに、外貨を申告をしてないので、当然外貨申告書も持ってない。
彼らの話では、「外貨申告をしてないと、出国の時に、持っているお金を全部没収される」という。
これは困った(^ω^;)(;^ω^)…。
でも、いまさら考えても仕方がないか。
外貨申告は、結局シリア国内で公定レート以外で両替をするのを防ぐための制度だ。
100ドルも強制両替をしていて、一週間程度しかシリアに滞在しないのに、普通の旅行者がさらに両替をする意味がない。
ただ、出国の時に係官に嫌われたら、イジメられる可能性はあるけどね。
いまさら考えても仕方ないことだから、考えないことにしよう。
「その場になった時に考えよう」と、日本人らしく、現実から目をそらすことにする。
次の話題は、日本人のヨルダン入国問題だった。
イスタンブールの日本人旅行者の間では、「日本人はヨルダン国境で追い返される」という話になっているとか。
そういえば、エルサレム(イスラエル)のヤッフォ門で出会った日本人旅行者も、そう言ってたっけ。
僕は実際エジプトのヌエイバから、アカバ湾をフェリーで渡って、アカバからヨルダンへ入国した。
その時は、特に厳しいとは思わなかったがが…。
でも、イスタンブールでは「日本人はヨルダンに入国できない」という話は有名なようだった。
エジプトまで陸路で旅をしようとして、イスタンブールを出た旅行者がいた。
彼が、シリアとヨルダンの国境で入国拒否をされたのだとか。
実際にそういう旅行者がいたのは、確かかもしれないね。
ただ、旅行者の話というものは、話半分に聞いたほうがいい。
ある人が入国できなかったとしても、それは入国拒否された本人の資質が問題とされている可能性も大きい。
同じ時期にロサンゼルスからグアテマラへ行った3人の旅行者の内、1人だけ米国ビザを拒否されたことがある。
ビザ発行を拒否された旅行者は、ホテル加宝でも、「ちょっとおかしい」といわれていた人だった。
意味もなく、廊下のゴミ箱を蹴ったりしてたし…。
僕は、この「日本人はヨルダン国境で追い返される」という話は眉唾物だと思った。
というのは、もともとヨルダンに入るためには、ビザが必要だ。
ビザを持っているのに国境で追い返されるというのは、よほどの特別な理由がなければならない。
僕はカイロでヨルダンのビザを取ったが、朝申請して昼過ぎにはビザをもらえた。
ある国の人に対して、ビザが発行されないということ、またビザを取る条件厳しいということは、これは時々ある。
でも、ビザを発行しているのに、国境で入国拒否をするのは、旅行者の個人的な問題だと考えられる。
旅先では、悪い噂というものは、すぐに広まるものなんだよ。
そうして、話は、どんどん大きくなっていく。
旅行者1人が、なにか個人的な理由で国境で追い返されて、その話を広める。
すると、「日本人は、どこの国境は通れない」とか「日本人は、ある国のビザは取れない」とか、一般化されてしまう。
旅行者の中には、そういう、何かが難しいという話を調べすぎて、最初からダメだと諦める人たちもいる。
これを書いている2010年だと、インターネットで情報を集めすぎて、身動きが取れなくなっている人もいるみたいだ。
でもね、実際に自分で、ビザを取ったり、国境へ行ってみれば、案外とスンナリ片付くものなんだよ。
だから逆に、変な情報は知らない方がいいんだ。
さて、男性3人で旅の話をしたら、それでオシマイ。
ビールが高くて思い切り飲めなかったしね。
というわけで、僕は、とっとと部屋に戻って、ベッドに入った。
とにかく今日は、エルサレムを出て、アンマンへ戻り、そのままダマスカスへ来たのだから。
1日で、イスラエル、ヨルダン、シリアの3か国を旅すれば、いいさ。
誰だって、今日一日を、意味がなかったとは呼べないだろう。
注:この、強制両替、外貨申告書、日本人入国拒否の話は、1988年のことです。
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx