『アンマン(ヨルダン)からダマスカス(シリア)へ行き、10軒当って宿を見つけ、日本人旅行者とビールを飲む』@ダマスカス/シリア
1988年8月22日に、エルサレムからヨルダンへ、アレンビーブリッジ(キングフセインブリッジ)の国境を越える。
アンマンへ着いて、すぐにダマスカス行きのサービスタクシーに乗って、シリアとの国境へ突入した。
1988年のシリアは、入国にビザが必要だった。
僕はそれを、アンマン(ヨルダン)の日本大使館でレターをもらい、シリア大使館でビザを取った
しかし、これは1988年のことで、(これを書いている)2010年は、こんな面倒なことをしなくていいです。
大体は、シリアの国境でビザを出すという話です(しかし、国境の状況はよく変わりますから、旅をする前に確認ください)。
2016年ではシリアは危険すぎて、日本の外務省は「退避勧告」を出しています。
でも、「アラブの春」以前は、シリアは旅が楽なところでした。
一気に情勢が変化したわけですね。
このように、海外旅行の状況は常に変化していますから、注意してください。
1988年のヨルダンの出国では、出国税を3JD(1JDを360円と考えて、1080円)支払って、出国スタンプをもらう。
シリアの入国審査の時に、100米ドルの「強制両替」があった。
これは、100ドルを「公定レートで」両替しなければならないということ。
強制両替自体は、国境にある銀行で、ドルをシリアポンドに替えて、その両替証明書を出せば大丈夫。
公定レートでは、100米ドルは、1120シリアポンドになる。
この時期の米ドルは1ドルが125円と考えていいので、1シリアポンドは11円程度(ただし公定レート)だね。
実は、あとで知ったんだけれど、シリア入国にはもう一つ「外貨申告書」が必要だった。
でも僕は、何しろ中東のガイドブックも持ってなかった。
サービスタクシーに一緒に乗ってきた乗客は、一緒に移動することになる。
本当は、こういう国境越えのときは、サービスタクシーの運転手が乗客の国境通過に間違いがないように案内するものなんだけどね。
僕は、両替の証明書とビザを見せて、入国スタンプをもらう。
入国スタンプを押す時に、外貨申告書を提出しないので、申告書の控えがない。
普通は、外貨申告書は、手持ちの外貨を申告して、それにスタンプが押されて、控えを渡されるものなんだ。
僕は、別の国でも何度も、外貨申告書を書いたことがある。
国によって、本当に厳しく調べるところもあるが、普通は形だけなんだけどね。
でもまあ、僕が1988年8月22日にヨルダンからシリアの国境を越えた時は、外貨申告書を出し忘れていた。
このあと、シリアからトルコへの国境を越える時に問題になるので、楽しみに待っててください(涙)。
サービスタクシーは乗客を乗せて、道をすっ飛ばし、ダマスカスのバスターミナルに到着する。
まだ明るい時間なので、僕は別に急いでいない。
それよりも、ある町へ着いたら、その町からの脱出手段を考えた方がいい。
僕は、シリアからトルコへ陸路で抜けるつもりなので、バスターミナルでバスの情報を集めようとした。
ただ、よくわからないので(笑)、とにかくホテルにバックパックを置いて、ゆっくりと考えることに決める。
ダマスカスの中心部の方向へ、歩き出す。
すると、日本人のカップルに出合った。
旅先で、日本人のバックパッカーと出会えば、話をするのが原則。
互いに、情報を交換できるからね。
特に彼らはダマスカスにいて、僕はたったいま、ヨルダンから国境を越えて、シリアへ入ったばかり。
それを言うと、「えーっ、日本人はいまヨルダンに入国できないはずですよ!」と言う。
でも僕は堂々と、アカバからヨルダンへ入って、ペトラ遺跡を見たし、イスラエルへも行ってきた。
何しろ今朝、目が覚めたのはエルサレムのホテルの部屋だったんだから(笑)。
昼にはアンマンのタクシー乗り場にいたんだから。
タクシーでヨルダンとシリアの国境を越えて、ダマスカスに着いたばかりなんだ。
僕は、「いろいろ話をしたいから、今晩一緒にメシ食おうよ」と、話を決める。
彼らは、「でもいまは、ダマスカスはホテルが見つからないですよ」と言う。
このカップルのバックパッカーは、全体的に旅慣れてない雰囲気がしていた。
だから僕は、「そんなことはなかだっぺ(笑)」と、ホテルに飛び込んでいった。
ところが、本当に部屋が見つからない。
次々に断られる。
でも僕は、アドレナリンが出て、闘争本能が盛り上がっている状態(これを「トラベリングハイ」という)なので、くじけない。
「ほっほー。宿がないとしても、一つもないなんてことはない。僕は必ず見つける!」と、ニヤニヤ笑いが浮かぶ精神状態だ。
宿を探していたら、途中でアラブ人の少年がくっついてきた。
彼は「安いホテルを見つけてあげるよ」と英語で話して、次々とホテルへ入っていく。
少年と一緒にホテルを当って回り、さすがに僕のアドレナリンも切れそうになったころ、やっと部屋が一つ見つかった。
1泊14ドルもするが、選択肢がないので仕方ない。
僕としては、ホテルを案内してくれた少年は案内料を請求するだろうと、部屋を決めたあと、すぐにホテルの受付に降りた。
でも少年は、どこかへいなくなっていた。
多分ホテルから手数料をもらった、と思うんだけどね。
少年は、ホテルを見つけるのに慣れていて、次々に当ってくれた。
英語も流暢だったし、宿探しのプロだと感じたよ。
彼のことは、これから後、ホテルを捜して回る時に、必ず思い出すんだ。
例えば、僕がこの後、中米旅行をしていて、ベリーズからグアテマラの国境を越えた。
その時も、少年が宿を見つけてくれた
ただグアテマラの少年は、チップをねだってきたが(笑)。
その時に、当然、ダマスカスの少年のことを思い出すよね。
ホテルを見つけるのが確かに難しかった。
としても、自分の部屋が見つかれば、それは過去の話だ。

身軽になって、ダマスカスの町を歩き出す。
ガイドブックも地図もないが、新しい街についたら、とにかく歩き回るのが、海外個人旅行の基本。
歩いていると、ダマスカスの路上で、いかにも育ちのよさそうな日本人学生さんに出会う。
話をすると、彼は日本の筑波大学の学生で、イスタンブールに留学しているという。
僕のノートでは「レストラン・アリババ」を捜したことになっている。
多分、さっきのカップルと、レストランアリババで食事をすると、約束していたのではないかな。
筑波の学生さんの話も聞きたかったので、一緒にレストランへ行った。
「男3人でメシ」と、ぼくのノートに書いてある理由は、カップルの男が、女性を連れてこなかったということだろうね。
女の子を僕に盗られると心配したのかもしれないね。
でも、女の子がいてもいなくても、旅先での出会いは楽しいもの。
女の子がいないほうが、シモネタを気楽に飛ばせるので楽しい(笑)。
アムステルビール(AMSTEL BEER)の缶ビールは、25シリアポンド。
国境で両替した公定レート(1シリアポンド=11円)で考えれば、275円だ。
缶ビール一個が275円だなんて、日本以上じゃないか。
しかし、実勢レートで考えるとだね…(笑)。
おっとっと、その話は、次回のお楽しみ。
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx