『ダマスカスからパルミラへ着いて、バックパックをバスに置き忘れて、ゼノビアホテルに泊まる』@パルミラ/シリア
1988年8月25日、今日は、パルミラへ行く。
ダマスカスからパルミラへ日帰りしようか、それともパルミラへ行って泊まって、シリア北部へ進むのか、決めかねている。
ホテルをチェックアウトするか迷ったが、戻ってこれるかどうかわからないので、チェックアウトする。
バックパックを背負って、バスターミナルへ歩く。
パルミラ遺跡行きのカルナックバスは、午前7時、ダマスカスのバスターミナルを出発した。
カルナックパス(KARNAK BUS)は、まずホムスへ向かう。
2時間20分後の午前9時20分に、分岐点ホムスのバスターミナルに到着。
ホムスからさらに北上すれば、アレッポへ行くし、東に曲がれば、パルミラに到着する。
ホムスで、バスの乗り降りがあって、バスは東へ進む。
パルミラに着いたのが、午前11時半だった。
ダマスカスからホムスまで、2時間半弱、ホムスからパルミラまで2時間。
ダマスカスからパルミラまで、パルミラまで4時間半と考えられる。
砂漠をずーっと走っていて、あまりに変化がないのでうつらうつらするころ、突然左側にパルミラの遺跡が出現する。
パルミラの町は、遺跡を過ぎたところの、狭い地域に密集している。
パルミラの遺跡が巨大なので、パルミラの町が、さらにみすぼらしい感じがする。
しかし、やっとパルミラに到着したわけだ♪
バスは、町のバスオフィスの前で停車する。
僕はバスの窓からすごい遺跡を見て興奮してしまった。
つまり目の前に巨大なローマ時代の遺跡が見えて、しかも通ってきた道のすぐ横。
また、人影が全く見えない状態。
例えると、人影のない、きれいな長ーいビーチに着いたばかりのような感じ。
とにかくビーチへ行って、足あとをつけまくりたいという本能が爆発したってわけね。
僕は、この時代吉田かばんの「ラゲッジレーベル(LUGAGGE LABEL)」のショルダーを持って旅を続けていた。
このバッグは、トルコのパムッカレで、マイクロバスに置き忘れて、大騒ぎしたことがある。
その経験があるので、ショルダーバッグはちゃんと確保していた。
ところが、バックパックをバスに置いたまま、カルナックバスのオフィスに入ってしまったんだ。
バス会社のオフィスに入ったのは、当然、パルミラ遺跡から脱出するためのバスを確保するため。
世界旅行主義では、「どんな遺跡も2時間あれば見られる」という原則がある。
だから僕としては、昼間に3時間もあれば、パルミラ遺跡も見終えられると考える。
とすれば、夕方にでも、またダマスカスへ戻ってもいいわけだ。
ダマスカスへ戻れば、土地勘もあるし、今朝出てきたホテルに泊まれるだろう。
北部シリアのアレッポへは、ダマスカスからのバスで、一気に移動した方がスッキリする。
それで、バスのオフィスに入って、その日のダマスカス行きのバスを調べて、予約しようと考えたわけだ。
ところが、その日のバスはナイと言われる。
バックパックを取りに、オフィスの表に止まっているはずのバスへ戻る。
バスは、僕のバックパックを載せたまま、どこかへ行ってしまってました(涙)。
オフィスで聞くと、「昼食を取りにいったんでしょう。それが終わったら戻ってきます」と言う。
バックパックが無くなったら、動きが取れない。
だから僕は、バスのオフィスで、バスが戻ってくるまで、本を読みながら、ひたすら待ち続けました。
バスはゆっくりとお昼ごはんを済ませて、戻ってきたのは、午後2時半…。
僕は、午前11時半から午後2時半まで、3時間もバス会社のオフィスで待ってたわけね。
でもまあ、バックパックが戻れば問題はない。
バックパックを手にしたのが午後2時過ぎとなれば、それから遺跡を見てダマスカスへ戻る時間はない。
つまり、パルミラで泊まるしかない。
逆に、スッキリしたよ。
一泊するのならば、パルミラから一気にアレッポへ行ってしまえばいいだけ。
ところで、泊まるホテルだが、それは目立つホテルがありました。
遺跡の中に建つ「ゼノビアホテル(ZENOBIA HOTEL)」。
ゼノビアホテルは、パルミラの伝説の女王「ゼノビア」からその名前を取っているらしい。
でも僕が行った1988年は、「昔はいいホテルだったのかもしれないが、いまはかなりくたびれた宿」という印象しかなかった。
僕が訪ねていっても、他に客もほとんどいなかったし。
部屋を見せてもらったが、広いだけで、内装もたいしたことはない。
確か平屋建てだったんじゃないかな(それとも2階建て?)。
ま、僕は部屋を見せてもらって、11号室に決める。
この料金が16ドル。
ただ、何か部屋に問題があって、交渉したら14ドルになった。
手許にある「地球の歩き方 ヨルダン・シリア・レバノン '07〜'08」を見ると、昔ボロボロだった「ゼノビアホテル」は、ずいぶんいいホテルになっているようだ。
「ゼノビア・シャーム・ホテル(ZENOBIA CHAM HOTEL)」と名前も変わって、料金もシングル最低料金が「85米ドル」だって。
こういう情報を知ると、1988年に僕がゼノビアホテルにシングルで14ドルで泊まったのは、これは自慢できるよねー(笑)。
しかも、ほとんど客がいなかったんだから。
でもまあ、バスからバックパックを取り戻して、ゼノビアホテルに部屋を確保して、今は午後3時ごろ。
だったら、とにかく、とっととパルミラ遺跡見学に行きましょうか。
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx