旅順ツアーのあと、「終結者3」を見て、大連港湾局ビルの屋上へ@大連/遼寧省/中国
中国東北地方(旧満州)旅行記(2003)]より

【大連港湾局ビル屋上で、日本語ガイドさんに撮ってもらった】

【大連港の角ばった新しい埠頭ビル】
2003年、中国短期旅行にビザが不要になった9月1日、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、中国東北地方(旧満州)に旅をした。
成田から中国南方航空で大連へ飛び、夜行寝台列車(軟臥)でハルビンへ。

ハルビンから南へ、昼の列車で、長春(新京)、瀋陽(奉天)と移動した。
また鉄道で大連へ戻って、大連賓館へ宿泊。

旧満州国では、それぞれの町の「大和ホテル」に宿泊して旅をした。
それはやはり、中国のこの地域では、歴史を感じることが目的だからね。

さてそうなると、旅の最後は、どうしても旅順要塞、203高地を見たいものだ。

203高地は、日露戦争で乃木将軍の第三軍が突撃を繰り返して、莫大な被害を出した後、旅順要塞攻略のきっかけとなった戦跡。
さて、すべてに独自の発想をする世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)が日露戦争を考えてみよう。

みど先生の理論によると、日露戦争の勝利が日本軍に間違った戦争観を植えつけたってこと。

日露戦争での白兵突撃もあって、ロシア軍が戦略的撤退を繰り返した。
そこで、日本陸軍の得意は、夜襲の白兵突撃になっる。

ガダルカナルでも、結局、夜襲突撃ばかりやっていた。
仙台の第二師団は、日露戦争での遼陽会戦で夜襲に成功して、ガダルカナルでも夜襲をやったくらいだ(もちろん失敗したが)。

また、日本海海戦で艦隊決戦に大勝利したことが、日本海軍から戦略思考を奪ってしまった。
「大艦隊同士の最終決戦で戦争の勝敗を決める」という日本海海戦の呪縛から逃れられず、艦隊保全主義、ロジスティックス(兵站)軽視に陥ってしまった。

まあすべて、軍事も、国家も、一個人も、「成功体験によって裏切られる」ってことなんだよね。

大連賓館の部屋から大連の旅行会社に電話をかけて、ツアーの予約を取った。
日本人高年齢者と一緒に行く予定だったが、直前になってわけのわからない理由でキャンセルされてしまった。

この興味深い話は、「世界冷や汗一人旅」に書いてあるので、是非ご購入の上読んでください。
結局1人で旅順ツアーに参加した。
ツアーでは、東鶏冠山保塁、二百三高地、水師営会見所を見てまわる。

そして、昼過ぎにはツアーは終わった。
僕も見るところだけ見てしまえば、それでいい。

でも、普通の人には冬場のオフシーズンの、メチャクチャ安い大連ツアーをオススメする。
だって、ツアーには旅順ツアーが含まれてるからね。

旅順ツアーは個人で行くと、ボッタクリなんだよなー(涙)。
でも、大連へ行って、203高地を見ないわけには行かないし…。

ツアーは半日で終わり、大連賓館のある中山広場で、バスを降ろしてもらった。
そのあとなんと、僕は「終結者3」を見に行った。

【終結者3/Terminator3の切符】
もちろん「終結者3」とは「ターミネーター3(Terminator3)」のことだけど。
この映画は、中国語の吹き替えだったが、別に言葉がわからなくても、理解できたよ。

その後まだ時間があったので、中山広場から人民路を歩いて、大連港へ行った。
大連港湾局のビルに入る。

【大連港湾局ビルの正面には、「大連港集団」とあった】
入場料が6元(90円)。
閉館時間が午後5時らしいが、閉まるぎりぎりになった。

港湾局のビルの屋上へ、エレベーターで昇る。
ぎりぎりに入ったので、観光客は誰もいなかった。

日本語を勉強中のガイド見習いという感じの弱々しい若者がいて、日本語で会話する。
屋上で、僕の写真を撮ってもらいました。

このビルには、土産物屋も入っている。
「紫の真珠」という怪しげなもの(ひょっとしたらホンモノ?)を見せられる。

「紫の真珠は紫外線を防ぎますから、奥さんや恋人へのプレゼントにいいです」と、日本語で勧められる。
でも、奥さんも恋人もいない、さびしい世界旅行者には関係ないね(涙)。

夕暮れの大連の町を、バスに乗って帰る。
708番バスに乗る(料金は1元)。

バスは、五五路を走り、三八広場を通って、南山路、開放街と回って、中山広場へ到着。
中山広場から勝利橋(旧日本橋)方向へ伸びる上海路にあるスーパーマーケットへ歩いた。

スーパーマーケットで鶏の唐揚と鶏を焼いたものを買う。
あとはワインを一本ゲットして、大連賓館の自分の部屋で夕食にしました。

【旅行哲学】旅先の一日って、本当に充実しているよね。

参考:大連港湾局ビル屋上から大連港の埠頭を見る。@大連/遼寧省/中国
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20080402