月牙泉@敦煌/シルクロード/中国
ゴルムドから、昼間のバスで敦煌に着いたあと、飛天賓館、西域賓館と部屋を探して回った。
最後に五輪賓館(Five Circles Hotel)の冷房なしファンだけのシングルルームを80元で取る。
翌朝、敦煌からの脱出法を捜してうろうろしたが、旅行代理店がまだ開いていない。
時間潰しに、1人で敦煌市博物館へ歩いて行った。
ここもがらがらで、ガイドさんが1人で一生懸命に説明してくれた。
そのあと、なんとなく入って行った西域賓館の旅行代理店で柳園からトルファンへの切符を頼む。
敦煌からの脱出手段を確保したあとで、やっと敦煌の観光を考える(これがあとあとトラブルんだけどさ)。
「脱出手段を確保したあとでゆっくりと観光をする」、これが高速で個人旅行をする基本テクニックなんだけどね。
さて次は、バックパッカーに有名な飛天賓館で、敦煌の一日ツアーの切符を買う。
一日ツアーが午前と午後に別れていて、午後2時からの午後の部に参加する。
ツアーのマイクロバスは、飛天賓館の前に停まっていた。
午後のコースは敦煌故城、白馬塔、月牙泉(げつがせん)、鳴沙山(めいさざん)。
翌日は、午前中に莫高窟を見るだけ。
一日で全部まわると疲れるので、僕がやったように、2日に分けると楽だと思う。
1999年夏で、この一日券はたった30元だ。
各観光地の入場料などはそれぞれ別に払うけどね。
敦煌の近くには、他に、漢詩で有名な、玉門関や陽関がある。
が、ここは、別にタクシーでもチャーターしていかないと難しいようだ。
【写真】月牙泉を背後にした世界旅行者
【旅行哲学】ある場所に着いたら、まず脱出法を考えて、観光する。
鳴沙山(Mingshashan)へ@敦煌/甘粛省/中国
僕が鳴沙山(Mingshashan)に登った理由@敦煌/甘粛省/中国