china
注意:中国の旅行記は、ここ以外にもたくさんありますから、別の目次などで、自分で探してください。

world index


【「Lonely Plane China」を読む世界旅行者@遼寧賓館(Liaoning Hotel)349号室】
香港
重慶マンション 【香港の中心に建つ重慶マンション、安宿と旅行代理店、両替所があって、旅行者にはとっても便利だけれど】

「チョンキンロッジ」に泊まる 【重慶大厦で、インド人の若者に声をかけられて、Chungking Lodgeへ宿泊しました】
重慶大厦(チョンキンマンション)1階で 【チョンキンマンションの一回で写真を撮った】
ラッキーハウス@上海道/九龍/香港 【香港の有名な日本人宿ラッキーハウスへ潜入しました】
「ゴダイゴゲストハウス」@彌敦道(ネイザンロード)/九龍/香港 【ラッキーとゴダイゴは伝説の日本人宿だそうだが…】
「Park Guest House」@重慶大厦/尖沙咀/香港
日本の輸出品はエッチコミック 【ネイザンロードで見つけた翻訳コミックを読んで、日本のコミックの人気を考える】


【スターフェリー乗り場にて@香港】
「Regal Airport Hotel」@Hongkong International Airport/ Hongkong
みど先生は言った「旅人にはベッドと食事の他に、ビールが必要だ」と
マカオ 
マカオ旅行記 【香港のフェリーターミナル、フランスと日本の美女2人を引き連れて、マカオで豪遊する予定だったがなぜか1人に
広州
白天鵝賓館 【香港から鉄道で広州に入った僕は、2006年1月金正日総書記が泊まった白天鵝賓館の中を歩いたことがある】
香港国際空港から広州駅へ(1) 【香港国際空港から広州の中国大酒店行きのバスに乗る】
香港国際空港から広州駅へ(2) 【バスは香港から中国の入国審査を済ませて、広州へ。そこで思いがけないトラブルが…】
中国南方航空に救われる@広州/広東省/中国
食は広州にあり@KFC/広州駅前 【広州のケンタッキーフライドチキンはおいしいという話】


天津

『燕京号は、神戸港を出て、2泊3日の旅を終えて、天津港へ入る』@天津/中国

『天津から北京へのバスの中で、いろんな旅行者の旅行計画を聞いて、ラサへ行こうと考える』@天津〜北京/中国

北京

『国際飯店で泊まろうというチェコ美人の誘いに決断できないまま、タクシーで京華飯店へと向かう』@北京/中国

京華飯店を探検し、両替の本質を論じ、庭のレストランで燕京号仲間でチンタオビールを飲んで、大いに盛り上がる  

京華飯店で両替をして、バスで北京西駅へ向かう(中国の両替についてのウンチク)

京華飯店で両替をして、バスで北京西駅へ向かうと、中国人のおばさんがタクシーに乗せてくれた

北京西駅で切符が買えず、チェコ美人とも会えず、渋滞に巻き込まれ、北京の人の多さにウンザリする

天安門広場 【北京へ来たら天安門広場。これが定番。でも夏休みのせいか、中国人観光客も多かったなー】  

天安門広場を歩き、故宮の切符売り場まで進んで、バスで京華飯店へ戻り、旅行社に切符を頼む

前門から、天安門広場を通り、午門から入って、故宮をずるーっと見て、神武門から出る

故宮の神武門から王府井、北京飯店、天安門広場、前門、前門大街、天壇路、天壇公園と歩き、圜丘で写真を撮ってもらう

天壇公園の圜丘 【町を歩くのが個人旅行の基本。世界旅行者は故宮から北京を南北に歩いて天壇公園を通り抜けて京華飯店へ】

天壇公園の南門を出て、途中で景泰賓館をチェックして、旅に出る前の情報収集を哲学して、京華飯店へ

京華飯店403号室を1人で占拠して、北京1か月滞在男と話して、司馬台長城ツアーに申し込んで、あとはみんなで酒を飲む

司馬台長城 【京華飯店に泊まったら、司馬台長城へのツアーがあったので、日本人旅行者を誘って参加しました】

京華飯店からの「司馬台長城ツアー」に参加@北京/中国

司馬台長城から戻って、成都への切符を手にして、旅行会社、日本女性の海外進出について旅行哲学する

世界旅行者は天安門広場の毛主席紀念堂で、毛沢東の保存遺体に造花を捧げる

景山公園から故宮を見て、神武門から南へ歩き、遭難した外見純子嬢を救助する

天安門へ上り、北京の地下鉄に乗る。京華飯店へ戻って、旅仲間と話をする

T7次列車に乗る用意をして、京華飯店の不当な要求を撃退し、日本人の強さを示す

成都

成都駅にて 【美人女子大生外見純子嬢と2泊3日の列車に乗って、北京西駅から成都駅に到着しました】

麻雀をするお姉さんたち 【成都の交通飯店で翌日のラサ行きのツアーに申し込んで成都を歩くと、道端でお姉さんが麻雀をしていた】 

チベット


成都からポタラ宮へ 【成都の交通飯店でラサへのツアーに参加して、ラサに到着して宿を決めるまでの詳細なレポート】

高山病にかかったが、キレーホテル(吉日旅館/Kirey Hotel)で寝て回復する@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

ラサ市内ツアーに参加して、ポタラ宮殿(Potala Palace)へ@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

ポタラ宮殿(Potala Palace)からポタラ宮広場(Potala Square)を見下ろしてチベットの漢族支配を考える@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

ポタラ宮の内部 【ポタラ宮の中はとにかく人が多くて、階段を登るのにも押し合いへし合い。いまは入場制限があるとか】

ポタラ宮の前で、外見純子さんに撮ってもらった写真を「大人の海外個人旅行」のオビに使った話

ポタラ宮からラサ(Lhasa)バスターミナルへ歩いて、ゴルムド行きのバスを調べる@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

デブン寺(Drepung Monastery)でお坊さんの台所風景を見る@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

大昭(ジョカン)寺(Jokhang Temple)で五体投地を見る@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)

バカ旅行雑誌に騙された若者たちのポスター 【ラサの安宿の掲示版には旅行中に行方不明になった若者のポスターが貼ってあった】 

セラ寺 【世界旅行者は1人で河口慧海が修行を下というセラ寺に行って、バターを灯明に入れて祈る】 

チベット高原にて 【ラサからゴルムドへ、悪名高い寝台バスに乗ると、チベット高原ですぐにトラブル】

ラサから青蔵高原を走って、唐古拉(タングラ)峠(海抜5,231m)を越えて、30時間以上かかって、ゴルムドへ到着


ゴルムド

ゴルムド(Golmud)市人民政府招待所にチェックイン@ゴルムド/青海省/中国

男が1人でホテルに泊まってると、夜にドアがノックされたりする@ゴルムド市人民政府招待所/ゴルムド

おいしい中華料理を頼みすぎて、食べきられずに苦しむ@格爾木(ゴルムド)市/青海省

ゴルムドから敦煌へ12時間のバス旅(上)@青海省〜甘粛省(海外旅行に適した体質と体型について)

ゴルムドから敦煌へ12時間のバス旅(中)@青海省〜甘粛省(タクシー運転手が10元札を突き返した理由は…)

ゴルムドから敦煌へ12時間のバス旅(下)@青海省〜甘粛省(敦煌の夕方、なかなか暗くならない秘密を教えます)

敦煌 

五輪賓館(Five Circles Hotel)にチェックイン@敦煌(Donhuang)/甘粛

敦煌故城で兵士のコスプレをする@敦煌/甘粛省/中国
白馬塔(White Horse Dagoba)@敦煌/甘粛省/中国
鳴沙山(Mingshashan)へ@敦煌/甘粛省/中国
世界旅行者が鳴沙山(Mingshashan)に登った理由@敦煌/甘粛省/中国
月牙泉 【日本人留学生の女の子のお尻を見上げながら鳴砂山に登って、月牙泉へ降りる】 
莫高窟 【莫高窟の日本語ツアーに参加すると、特別窟に案内されて、ボッタクリ料金を払わないと追い出される】

柳園駅で当日夜の「205次旅遊特快列車」軟臥切符をゲット@甘粛省/中国

トルファン 

高昌賓館(Gaochang Hotel)に泊まって昼寝する@トルファン/中国

【トルファン1日ツアー】蘇公塔/Emin Minaret@トルファン/中国

ベゼクリク千仏洞(Bezeklik Thousand Buddha Caves)@トルファン/中国

高昌故城@トルファン/中国

アスターナ古墳群 【あまりにセコイので金を返せと怒るイタリア男。世界旅行者はミイラの写真を取ったのでどちらがオトクかな?】 

火焔山 【トルファンの一日ツアーに参加すると、一直線の道路の脇に火焔山の撮影ポイントがあった】 

交河故城 【川が交わる絶壁の大地の上にある交河故城に入ると、砂嵐が吹いて、ひとりぼっちになる】  

ウルムチ

紅山賓館 【ウルムチの近くにはアジア中心モニュメントがあるって知ってた?】 

カシュガル

ウルムチから、新疆航空XO9903便で、カシュガルへ飛び、エイティガール寺院でゴロゴロする@カシュガル/新疆ウィグル自治区/中国

カラコルムハイウェー 【カシュガルからまずタシュクルガンへ。バスをカラクリ湖で降りる人もいたっけ】

道路が寸断されて 【カシュガルから、クンジュラブ峠をこえてパキスタンのスストへ、これが大変だ】

1999年8月11日、カラコルムハイウェーで日食の地域を通り過ぎた話

クンジュラブ峠にて 【クンジュラブ峠に来たら、どのバスも一応は停車して、記念碑前で写真だよ】


上海
(新鑑真号にて)日本人旅行者分類、タイプT−3 カメラマン 【新鑑真号で日本人旅行者と出会い、タイプ別に旅行哲学する】
新鑑真号デッキから上海テレビ塔 【大阪から上海への新鑑真号で上海へ到着し、デッキで上海テレビ塔をバックに写真を取る】 
浦江飯店 【バックパッカーが上海へ着けば、浦江飯店に泊まるのが定番だった。】
浦江飯店 【改装してバックパッカー用のドミが消滅したが、歴史的なホテルなので安いツィンに泊まるのもいいかもよ】
船長青年酒店 【浦江飯店のドミがなくなれば、このホテルのドミが人気になるだろうが、キャパが足りないかも。予約がオススメ】
バンド/上海 【上海のバンドには、古いビルが立ち並んでいて、川向こうの近代的ビル群との対照が面白い】 
バンドを歩く 【上海駅から雲南省昆明への列車に乗るために、地下鉄を利用するが、地下鉄駅まで歩く】 
アダルトショップ 【上海の南京東路にアダルトショップを発見して、その日本語表示を哲学する】
雲南省
雲南高速バス 【雲南省昆明から、大理、麗江へと長距離バスに乗ったが、このバスはとてもちゃんとしてたよ】 
ペー族のガイドさん 【ペー族の女性は働き者。大理の公園で日本からのツアーの案内をしていた】 
下関長距離バスターミナル 【大理の長距離バスターミナルは下関にあって、隣にはホテルもある】 
中国東北地方(旧満州) 
大連賓館 【2003年9月1日、中国の短期滞在ビザが不要になった。するとその日に大連賓館へ泊まる世界旅行者。さすがだね】 
大連賓館414号室  【大連賓館の部屋はなかなかよかった。建物は昔のまま満州国時代の「大和ホテル」だ】 
龍門大廈 【ハルビンの大和ホテルは伊藤博文が安重根に暗殺されたハルビン駅のどまん前にあるが】 
ハルビン中央大街 【昔のハルビンはシベリア鉄道でヨーロッパへとアジアをつなぐ国際都市だったという話】 
春諠賓館 【満州国の首都「新京」現在の長春で「長春偽満皇宮博物院」つまり、満州国皇帝溥儀の家へ行こうとするが…】 
長春駅遠景 【昔の「新京」の大和ホテル、春誼賓館に泊まると、部屋の名前にも昔が偲ばれる】
遼寧賓館 【昔の奉天、現在の瀋陽の中山広場のロータリーに面して立つのが、これも大和ホテルの遼寧賓館】 
「9・18歴史博物館」 【奉天郊外の柳条湖の満鉄線を関東軍が爆破し、満州事変を起したその9月18日を記念した博物館を見る】
『瀋陽故宮博物院』@瀋陽/遼寧省/中国
『老辺餃子館で餃子を食べて、瀋陽北駅に行くと、吉野屋を発見』@瀋陽/遼寧省/中国
東鶏冠山保塁 【日露戦争の旅順攻略戦、日本軍はロシアの要塞に対しての無謀な白兵突撃で、膨大な死者を出したその跡】  
『203高地の「爾霊山」の塔を見て、旅順港を望む』@旅順/遼寧省/中国
水師営会見所 【水師営会見所の向かいのお土産屋さんには、バイアグラ、中国製バイアグラが並んで売られていた】
大連港埠頭 【大連港の埠頭は、昔はいろんな日本人が通ったことだろう。今は中国への船が出るだけだ】
旅順ツアーのあと、「終結者3」を見て、大連港湾局ビルの屋上へ@大連/遼寧省/中国
桂林、陽朔
海外から絵葉書を送る@陽朔/中国 【世界旅行者が2006年に桂林、陽朔の旅に出た理由は絵葉書を出すためだった】
桂林後街国際青年旅館(Guilin Backstreet Youth Hostel) 【桂林の川沿いのシェラトンホテル横にユースを発見】
正陽歩行街を歩く@正陽路(Zhengyang Lu)/桂林
桂林の夜、各種日本語使いの人々との出会い 【桂林の歩行者天国を夜歩くと、日本語でいろいろと話しかけられた】
鑫魚鳥酒店(King Fisher Hotel) 【客引きに連れて行かれた陽朔のホテルで3泊を理由に値切る】
日本人旅行者と@リサカフェ(Lisa’s Cafe)/西街/陽朔 【リサカフェで日本人旅行者を見つけて、旅の情報を交換した】
「桂林陽朔西街国際青年旅館」でバスの切符を買う 【香港からの帰国便に間に合うためには夜行バスに乗らなければならなかった】
中国銀行は外国人に意地悪して楽しむ 【陽朔の中国銀行で、パスポートのコピーを自分でとってくるようにと要求された】
世界旅行者が鵜飼いになる@リ(シ離)江河岸にて/陽朔
サイクリングでうろうろ@陽朔 【陽朔はサイクリングで回るのがいい。日本人旅行者の計画にコバンザメ式旅行法をつかう】
月亮山@陽朔(1)

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD