2002年のチェンラゲストハウス@シェムリアップ/カンボジア

【チェンラゲストハウス】
アンコールワット観光の基地、カンボジア、シェムリアプには、有名な日本人宿がある。
それが、「チェンラ」だ。
僕が最初にシェムリアプへ行った1994年は、まだ小さな平屋建てで、中央にテーブルがあってその両側に部屋が8個くらいあっただけだ。
そのころは、名前もはっきりしなくて、みんな住所の「260」と呼んでたりしたものだよ(笑)。
そのあと観光客が増えて儲かったのか、三階建ての豪華ゲストハウスへと変貌した。
ただ、昔のように、泊り客が自然と顔をあわせるスペースがなくなってしまった。
それと、客が増えたので、泊り客同士の間柄は、よそよそしくなった。
隣の「タケオ」が人気なのは、タケオは小さいので、泊り客同士が、仲良くなれる雰囲気があるってことかな。
2002年には、ホーチミンシティからプノンペンへバスで移動した。
1994年は飛行機で行ったので、2002年は豪華ボートに乗って、シェムリアップへ。
シェムリアップへ行った時は、特にチェンラへ泊まるつもりはなくて、オールドマーケットのホテルも何軒かチェックした。
ただ、設備と値段を、部屋のきれいさを考えると、やはりチェンラになる。
だから、僕は301号室ツインの部屋(テレビ、冷蔵庫、温水シャワー、エアコン付き)を、シングルユースにする(15ドル)。
T君も僕と同じタイプの部屋に泊まった。
Iくんは、奥にある小さな部屋(ファンのみ)に6ドルで宿泊することに決める。
このあと3人で、夕刻のアンコールワットを見に行く。
というのは、夕方は、無料で入場できるからね。
この話はまた。
【写真】チェンラの正面からの写真。
【旅行哲学】日本人宿はやはり、くたーっと時間を潰す場所がないと、みんなが親しくなれない。
タケオゲストハウス 

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 

インド / 中央アジア

world index

xxx