『ネブシヒールからユルギュップへ移動して、床屋へ行ったら、みんなの相談で、香港映画のカンフーのヘアスタイルになる』@ユルギュップ/カッパドキア/トルコ

1988年5月2日に、カッパドキア「地下都市」を、タクシーチャーターして観光した(チップ込みで1万リラ/千円)。
5月3日には、日本人旅行者とタクシーをチャーターして、一日かけて、カッパドキアの主な名所を見た(一日チャーターで3万リラ:一人で1万5千リラ/千五百円)。
これで僕としては、カッパドキア観光は終了した。
ただ、2日もタクシーチャーターで回ると、自分で旅をしてるという感覚が得られなかった。
もっとゆったりと、のんびりと、カッパドキアの中にいる自分を感じたい。
今まで泊まっていたのが、カッパドキアの西の入り口に当たる中心の町「ネブシヒール(NEVSEHIR)」だった。
昨日カッパドキア観光の途中で、ギョレメ(GOREME)の町には立ち寄ったので、もう一つのカッパドキアの町ユルギュップ(URGUP)へ行って一泊することにした。
5月4日の朝、ネブシヒールをローカルバスで出て、ユルギュップへ(250リラ/25円)。
ローカルバスを降りて、ユルギュップの通りを歩くと、かなり立派な観光案内所を発見する。
バックパックを背負ったまま中に入ると、カウンターには、30歳くらいの美女がいた。
ところが英語で話しかけると、「すみません、ドイツ語しか話せません」という英語の返事だ。
これはかなり驚いたが、ユルギュップのパンフレットと地図をもらって満足。
というか、「1988年5月4日のユルギュップの観光案内所には、ドイツ語しか話さない美女がいた」という、良質の「旅ネタ」を入手してうれしかった。
これは本当の話なので、これを元にして、ドイツとトルコとの関係、日本との関係をわかった風に語ることができるからね。
そうそう、1999年にアジア横断をしたとき、ガジアンテプの町で出会ったチキン屋のおじさんも、片言のドイツ語を話したしね。
トルコと日本、この親しい関係は、ドイツを間に入れることによって、より明確になるのではないかな。
適当に歩いて、なかなかしっかりしたホテルを発見。
これが「ホテルヒッタイト」だったが、ヒッタイトは「HITTITE」ではなくて、「HITIT」と書かれていた(これがたぶんトルコ語表記)。
ホテルヒッタイトは、部屋も大きく、スタッフもきちんとしていて、日本の良質のビジネスホテルのような感じ。
ツインのシングルユースで12000リラ、つまり千二百円だ。
さすがに田舎に来ると、トルコのホテルもイスタンブールよりグーーーンと安いね♪
ホテルの部屋にはちゃんと荷物置きの台があるので、そこにバックパックを「ワイアーロック」で結んで、盗まれないように(盗まれにくいように)する。
郵便局へ行って、日本とロンドンの友人へ絵葉書を送った。
あとちょっと気になっているのが、髪が長くなりすぎているかも…。
町を歩いていると、床屋を見つけたので、入ってみる。
言葉はまったく通じないが、客もいなかったので、あいさつして、床屋の椅子に座る。
ニコニコしながら、「シュワイ、シュワイ」と言う。
この言葉は、僕が湾岸諸国で仕事をしていたときに覚えたアラビア語で、確か意味は「短くor少し」だったと思う。
つまり、僕は、床屋の椅子に座って、「少し短くしてくれ」と言ったつもりだった。
今の髪型を見れば、それを全体に短くすればいいと思うはず。
ところが、床屋のおじさんは、店にいた子供に、近所の人を呼びにやらせた。
ニコニコして待っていると、髭を生やした恰幅のいいおじさんがやってきて、床屋のおじさんと相談をはじめる。
しばらくしたら、床屋のおじさんが、僕の髪に取り掛かった。
僕はもともとそんなにヘアスタイルにこだわりがない。
今日も、ただ、ある程度短くしたほうが面倒ではない、と思っただけ。
ある意味、暇つぶしみたいなところもあった。
だからどうなろうと、ほとんど気にならないのだが、出来上がった髪型は、香港のカンフー映画の下っ端みたいになってたよ(涙)。
おかっぱみたいなやつだけどね。
僕は、ニコニコとして「テシュックリデリム」と、トルコ語で「ありがとう」と言って、出てきた。
まあ、僕も長年の海外個人旅行で、言葉の通じない床屋へ行ったことは何度もある。
でも、念入りにカンフー頭にされたのは、これがはじめてだったね(笑)。
近くにあった岩山に上って、そこからカッパドキアの風景を眺める。
カッパドキアの大地に吹く風を身体で感じる。
カッパドキアの大空の下にいる自分を確認する。
今は、カッパドキアは、ただの観光地でしかない。
でも、この土地には、迫害を逃れてやってきた、信仰心厚い人たちが暮らしていた。
その人たちの、悩みや、苦しみ、そして、喜び、心の平安を僕は感じたような気がした。
すべての遺跡、寺院、教会、モスク、神殿で、僕が聞いてきた(これからも聞くことになる)言葉が僕の心に響く。
「生きていた人たちは、すべて、過ぎ去ってしまった」
「彼らがどんな人たちだったか、誰もおぼえてはいない」
僕はそれに自分の言葉を、付け加える。
「そうして、僕もまた過ぎ去って、忘れ去られるのだ」と。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx