『ネブシヒールの安宿で昼まで寝て、タクシーを借り切って、2時間程度で軽く地下都市へ行く』@ネブシヒール/カッパドキア/トルコ

1988年5月2日の、おそらく午前5時か6時ごろに、僕はイスタンブールからの夜行バスで、ネブシヒールへ到着した(乗車時間11〜12時間)。
ただ、寝不足で頭がボーッとしていたので、到着した正確な時間は記録してない。
ネブシヒールというのは、カッパドキア観光の中心の町らしい。
イスタンブールからのバスはネブシヒールへ到着して、そこでカッパドキアのそれぞれの町へと、乗り換えるようだ。
僕の場合は、トルコに特に興味があって、旅しているのではない。
アテネのシンタグマ広場横の食堂で話をした日本人旅行者の話に乗って、イスタンブールを軽く見に来ただけ。
イスタンブールをまず、全部見てしまったので、(サントリーウィスキーのコマーシャルで有名だった)カッパドキアの奇岩群は押さえておきたいだけ。
ちょっと見たら、すぐに、イスタンブールへ戻って、また日本人旅行者の皆さんと、ワイワイやりたいだけ。
とにかく形だけでいいから、とっととカッパドキアを見てしまうことが大事ね。
この時はまだ確立していなかったが、僕の「世界旅行主義」では、「どんな遺跡も2時間で見られる」というものがある。
このあと、日本人に有名なペルーの「マチュピチュ遺跡」も、僕は実質的に2時間で見終わってしまった。
あの広大なグアテマラの、マヤ遺跡「ティカル遺跡」も、二度目に見たときは、実質2時間で十分だったよ。
だいたいカッパドキアの奇岩群というものも、アナトリアの高原を感じて、あのキノコ型の岩をちょっと見ればそれで終わりだ。
ま、それが、僕の考え方だった。
だいたい、映画でも普通は2時間で見終わるもの。
それ以上に長い映画は、よほどの名作でなければ、集中してみることはできない。
例えば、「アラビアのロレンス」は、上映時間4時間近い映画だが、途中で休息が入る。
こんなすばらしい映画でも、2時間でいったん休息を入れないと、疲れてしまう。
だから、普通の遺跡ならば、実質2時間あれば見終わることができるものだ。
しかし、1988年5月2日は、まだそこまでの旅行哲学を完成してはいなかった。
一応人気のある観光地は、軽く見て、とっととイスタンブールへ戻って、だらだら過ごしたい。
ネブシヒールに早朝到着して、安宿のベッドに転がり込んで、寝なおした。
起きたのが、お昼過ぎだ。
一応眠気は取れたが、今からカッパドキアの奇岩群を見に行く時間ではないね。
通りを歩いて、適当な旅行会社を見つけたので、世間話でもしに入っていった(カッパドキアの地図も入手したかったし…)。
すると、午後の半日で、「地下都市見学」が可能だという話。
地下都市というのがどういうものかわからなかったが、軽く行けるならば、時間潰しにはちょうどいい。
通りに停まっていたタクシーと交渉して、地下都市へ行ってもらうことにした。
このときの地下都市の場所や名前、正確な時間も、地下都市の場所も、まったく控えてない。
でもタクシーに乗った時間は控えてあって、それが午後3時。
午後3時に出発して、僕が一人でタクシーを借り切ったのだから、2時間以上見るはずはない。
おそらく実際に地下都市に入ったのは、30分くらいで、あとは行き帰りの時間だったのではないかな。
この地下都市と言うものも、(いま調べてみると)カッパドキアにはたくさんあるらしい。
僕が行ったところは、穴があって、ちょっと広い部屋があって、穴をふさぐ扉を見ただけ。
運転手さんがガイドになってくれたが、「ジスイズドアー」「ジスイズワインセラー」「ジスイズビッグルーム」という繰り返しだった。
だからとっとと戻ってきたはず。
でも、まったく期待してなかった「地下都市」を、到着した午後に軽く見れたのは、ラッキーだった。
この時の、タクシー(とガイド)代が9000リラ(900円)だったが、チップを1000リラ付けて、合計1万リラ(千円)払いました。
前日の夕方に夜行バスでイスタンブールを出て、座席が悪いので、眠れないままにカッパドキア入り口の町「ネブシヒール」へ到着した。
安宿で昼過ぎまで寝て、身体を休め、午後3時から軽く、タクシーを借り切って、地下都市へ。
これで1988年5月2日は、なかなか充実してたといえるのでは。
もちろん充実した一日は、ビール(800リラ/80円)を2本飲んで、終わる。
この日ビールを飲んだ店が高級だったのか、ノートには、チップ(ビール一本800リラに200リラのチップで合計千リラ)を払ったと書いてある。
よほどホッとしたんだろうね。
実際、イスタンブールからカッパドキア(ネブシヒール)の夜行バスが、一番ハードだった。
だから僕は、この最初のトルコ旅行では、残りのトルコのバスは全部昼移動にしました
さて、明日は当然、「カッパドキアの奇岩群」を見ることになる。
今日の調子では、タクシーは簡単にチャーターできるし、簡単に見て回れるだろう。
問題は、僕は一人でタクシーに乗るのが嫌なんだよなー。
僕は、気が小さいので、タクシーを一人で借り切ると、タクシーの運ちゃんに気を使いすぎてしまうんだ。
こういうときは、誰か別の旅行者をつかまえて、一緒にタクシーチャーターをすればいい。
できるならば、日本人旅行者がいいが。
まあ、明日になれば、誰か見つけられるでしょう。
なぜそう言えるかというとだね、明日は5月3日、今は、日本のゴールデンウィークど真ん中だから。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx