『タクシーをチャーターして、カッパドキアの奇岩(fairy chimneys)を見ていると、イランから来た日本女性に会う』@ネブシヒール/カッパドキア/トルコ

1988年5月2日の早朝に、イスタンブールからの夜行バスが、ネブシヒールへ到着
ほとんど眠れなかったので、そのまま安宿のベッドに転がり込んだ。
午後になって動き出し、午後3時ころから、カッパドキア「地下都市」を、タクシーチャーターして観光した(チップ込みで1万リラ/千円)。
5月3日になれば、体力も完全に回復した。
今日は、カッパドキア観光のメイン、みんなが知っているあのキノコ型の岩(fairy chimneys)を見る。
これさえ見てしまえば、カッパドキア観光は終了だ。
問題なのは、僕は、一人でタクシーチャーターするのが苦手なこと。
これは実は、昔、ビルマ(現ミャンマー)に旅したときの体験がトラウマとして残っているから。
確か、1982年ごろだったと思うが、僕は確か6月の雨季のど真ん中に東南アジア周遊旅行をした。
その時に、ラングーン一日ツアーに参加したら、お客は僕一人で、ビルマ人ガイドの練習に使われてしまった
なぜかそれ以来、ガイドさん付きのツアーに参加すると、ガイドさんのご機嫌を取るようになってしまった。
例えば、タクシーに乗ると、タクシー運転手を褒め上げたりしてしまうんだ。
昨日、一人でタクシーを借り切って、地下都市へ行ったときもそうだった。
ガイド兼タクシーの運転手はほとんど英語がしゃべれなかったし、案内もいい加減だった。
それよりも何よりも、肝心の「地下都市」自体が、あんまりたいしたものではなかった。
でも僕は、運転手のご機嫌を取って、「すばらしいですねー」と言い続けていたよ。
だからとっても疲れた。
これが、他の日本人が数人いれば、運転手との会話も任せて、説明も聞かずに、適当に一人でうろうろできて、キモチイイんだけどね。
だから、今日、カッパドキアの奇岩群を見に行くための一番重要なポイントは、誰か他の旅行者と一緒になるってこと。
それはそんなに難しくないはず。
というのは、今日は1988年5月3日、日本のゴールデンウィークど真ん中。
しかも、日本のバブルが絶頂に近く、まだまだ日本にはバラ色の未来が続いていくと、(僕以外の)みんなが信じていた。
だから、アテネからイスタンブールの飛行機には、新婚旅行だらけのツアーが乗っていた。
また、イスタンブールにも、日本人学生旅行者がたくさんいた
ゴールデンウィークのカッパドキアには、普通の社会人の日本人旅行者がたくさんいるだろう。
と考えて、まずネブシヒールの通りに大きな店を開いている「チューリップツアー」の事務所へ。
旅行会社のオフィスで待っていれば、カッパドキアツアーに参加したい旅行者がやってくると、聞いていたしね。
すると案の定、日本人旅行者が現れたので、声をかけて、2人で一緒にタクシーを借り切ることにする。
旅行会社がタクシーと運転手を手配した。
この時代はまだ、今のように、カッパドキアには日本語ぺらぺらのトルコ人は存在しなかった。
結構みんなのんびりした、ガツガツしてない、いいところだったよ。
日本人旅行者と僕の2人で、一日カッパドキアの観光をして、運転手が英語で案内する。
この料金が、2人で3千円で、一人当たり1万5千リラ、つまり千5百円。
やはり2人で割り勘にすると安くなるね♪
ただ昼ごはん代と、遺跡の入場料は含んでいない。
正直この意味は、運転手と一緒に食事をするならば、運転手さんの食事代も払うってこと。
運転手さんは35歳くらいのトルコ人で、英語は普通に話せる。
早速3人でカッパドキア観光に出発した。
途中の道では、歩いている欧米人旅行者も見かけた。
一緒に観光することになった日本人は、日本の一流企業勤務の20歳代の若者だった。
彼は、なかなか優秀なので、英語はもちろん話せる。
運転手の説明を聞く役を、運転手の隣に座らせた彼に任せて、僕は後ろの席で、ボーッとしている。
僕の「世界旅行主義」によると、「遺跡や観光地を見るのに、ガイドは必要ない」ということになっている。
まあ、難しいことを耳で聞くよりも、自分でその地を踏んで、歩いて、目で観察し、風や空気を感じることが大切だ。
何か知りたいことがあれば、帰国後にきっちりした本を読めば、わかることがたくさんあるからね。
現地にいるときには、ただ感じることが大切なんだよ。
というわけなので、どこに行ったということは覚えてないし、詳しく記録してない。
ただ、僕の旅行ノートには、「ウチサール(岩城)、ギョレメ、アバノス(陶器)などを回る」とあるだけだ。
いま検索して調べてみると、「ウチサール」とは、「ウチヒサール」のことで、ここには岩をくりぬいた城砦があるようだ。
ただ僕は、ほとんど記憶にないが(笑)。
もちろん、ギョレメ周辺のキノコ型の岩やなんかはたくさん見たが、すぐに飽きた。
たぶん、アバノスの陶器村で、昼食を取ったのだと思う。
運転手の「ジャスミンさん」と、一緒に食事をして、彼の分は、2人で払うことにした。
ジャスミンさんは、英語もできるが、フランス語やドイツ語の会話本も車の中に置いてある。
ガイドやドライバーとしての面白話がないかを聞いてみた。
すると、「ドイツ人女性は、ガイドをした後で誘うと、すぐにエッチできるよ」とのこと。
彼には、ドイツ女性の恋人が何人もいるそうだ。
この時代は、まだ日本女性はカッパドキアまでは、そんなには来てなかったようだね。
いまのカッパドキアは、日本女性に対しての、セクハラ、強姦、恋愛詐欺が盛んだという話をたくさん聞く。
これから類推すると、別に日本女性だけが対称なのではなくて、いろいろあるんじゃないでしょうか。
ただ日本女性だけが、あとで騙されたと文句を言うのでは?
ドイツ人女性は、主体性を持っているので、旅先の恋愛は恋愛として、自分の中で処理していて、あとで泣き言をいわないのではないか。
とまあ、僕はそう思っている。
自分をしっかり持っていて、はっきりとした態度を示せれば、そうして、それなりの注意を払えば、セクハラも、強姦も受けないものだと思うんだが。
僕の体験でも、イスラム諸国では、口先で騙されたりすることはある。
ただ、暴力行為は、そんなにはないと思うんだけどね。
日本人会社員さんともいろいろ話をして、彼の恋愛話などを聞いてあげました。
今でも覚えてますが、それを書くと、すぐにわかるような話なので、僕は沈黙を守ります。
タクシーで、岩の教会へ行ったのは記憶している。
内部には壁画が残っていた。
この教会を見ているときに、日本人の女の子3人に会った。
一人は僕がイスタンブールで会った女の子だった。
あとの2人は、アジア横断をして、陸路でイランからトルコへ入ってきた。
服装もイスラム風で、薄いベールをかぶっている。
会社員君と2人で、話しかけて、軽く冗談を言ったりしたが、反応がない。
僕もこれだけ無愛想な女の子に会ったのは、今までに経験がない。
旅人同士なのだから、適当に話をしたらいいのにね。
例えば、旅行自慢だってしてくれれば、僕は、驚いたり、感心したりしてあげるのに。
また、旅先で旅行者同士が出会えば、夕食くらい一緒にするものだが。
旅の話は互いに持ってるものだし。
旅人が出会って話をすれば、互いに盛り上げるのが、旅人の役割なんだよね。
不思議だったよ。
だから、彼女らと別れた後、会社員くんと2人で、この女性たちの悪口を言ってすごした。
一応これで、地下都市と、カッパドキアの奇岩群は見た。
明日は、カッパドキアの奇岩群の中の町、ユルギュップ(URGUP)に行って、そこでゆっくりしたい。
そのあとは、どうしようか。
それは、明日になって、ユルギュップで考えたらいいでしょう。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx