CAN(ジャン)レストラン@スルタンアフメット地区/イスタンブール/トルコ

【スルタンアフメット地区の電車通りに面してCAN(ジャン)レストランがある】
イスタンブールのスルタンアフメット地区、ま、ここはイスタンブールの旧市街のど真ん中で、アヤソフィアやブルーモスクなどの歴史的建造物があるところ。
もちろん世界遺産になっていると思う。
この電車通りに面して「CAN(ジャン)レストラン」がある(あった)。
ほかにもレストランはあるのだが、ちょっとほんのわずが高級だったり、長居できにくい雰囲気だったりだった。
ジャンレストラン(CAN RESTAURANT)は、高級でもないので、いくらでも長居できた。
居心地がいいので、このレストランで僕は毎日、本を読みながら一人で夕食を取た。
すると、ちらほらと日本人旅行者がいる。
海外で日本人旅行者を見れば、僕は必ず声をかけることにしている。
一応は旅行情報を得るためという建前はあるが、日本人旅行者は旅行情報そのものは、大して期待できない。
だって、日本人旅行者は同じ本を読んで、同じインターネットのサイトで情報を入手して、同じルートで旅をしているだけなのだからね。
僕は旅行予定を立てない。
だから、旅先で誰かに出会って、その人が「どこどこから来ました」と言ったら、それを神のお告げとみなして、その場所へいくことにしている。
イスタンブールにいる旅行者は、アジア横断してきた旅行者、エジプトから中東を上ってきた人、東欧を下ってきた旅人も多い。
もちろん直接イスタンブールへ飛んできて、これからどこへ行こうか迷っている人もいる。
だから、互いに情報を持っているし、旅のネタには困らない。
こういうところで粘っていると、なかなか興味深い人に出会える。
(これはこの店の中ではないんだけれども)この店を出たばかりのちょっとした広場で、ボーっとしていたことがある。
すると、日本人の若い女の子に声をかけられて、「ベリーダンスをいっしょに見に行かない?」と誘われた。
イスタンブールで声をかけてくる人間は、もちろん絨毯屋の手先か、詐欺師に決まっている。
その女の子に適当に話をあわせて、ホテル(このときはエリットホテルに泊まってたけどね)を教えた。
夕方に、本当に、わざわざほかの日本人をつれて誘いにやってきた。
あるユースホステルでベリーダンスをやっているのだそうだ。
これは、イスタンブールでは珍しく本当の話だったので、ちょっとびっくりした。
その子が泊まっていたのが、日本人旅行者に人気だった「アヤソフィア」だった。
僕はアヤソフィアへ入り浸って、いろんな人と話を盛り上げていたこともあったな。
アヤソフィアで知り合った人たちとも、ジャンレストランで夕食を取って盛り上がる。
他の日本人旅行者がやってくる。
次々と声をかけて、人数を増やしていって、ジャンレストランを乗っ取ったみたいな形になったこともあった。
日本人の多い旅先では、ある特定のところに、約束をしてないのに、人が集まるってことがよくある。
すると、とても居心地がいい状況ができる。
それはしばらくたつと、消え去ってしまうものだけどね。
その不安定な状況で出会うと、恋が生まれたりすることもある。
旅の出会いというものは、不安定さの中にあるから、楽しいわけだ。
日本のインターネットで旅先で出会う人を見つけて、約束して、海外で出会ってもちっともドキドキしない。
出会いというものは、偶然に起きるから刺激的なんだよ。
その出会いを信じられないならば、旅なんてちっとも面白くないんだけどね。
そうそう、アヤソフィアに古い「トーマスクック時刻表」があった。
僕はそれをいただいて、イタリアからフランスまでの旅行に使ったものだ。
ま、イスタンブールには、いろんな旅行者、僕の初恋、などの思い出があるんで、それはまた別の機会にね。
【写真】旅人が集まっていたジャンレストラン
【旅行哲学】うそだらけのイスタンブールにも、たまには本当の話がある。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)