カンボジアの旅(陸路国境が開いていなかった1994年、ベトナムからタイへ抜けた2002年、カンボジア一周の2005年)


【アンコールワットにて(2002)】

【アンコールワットまとめ】海外旅行が好きならば、なるべく早くアンコール遺跡群を見たほうがいい

1994

プノンペン空港でビザを取り、入国手続きをすませ、タクシーに乗って「キャピタルホテル」へ(1994)

キャピタルホテルへチェックインしたあと、バイタクに乗ってベトナム大使館へ突入!

カンプチア航空の事務所で、プノンペンからシェムリアップへの往復航空券を購入する

プノンペンの町をバイクで、王宮、王宮前広場、国立博物館、セントラルマーケットと、見てまわりました

キャピタルホテルのレストランに行く前に、トイレへ行って準備をする

キャピタルレストランで日本人旅行者を論じる/中山美穂がプノンペンにいるという情報がはいる

なぜ僕が京大出身だとわかるのか、ベトナムの超特急ビザは存在するのか?2つの謎が示される(8月26日)

プノンペンのある日、出会う人みんなが世界旅行者を京大卒だと当てたことには、驚くべき理由があった

プノンペンのセントラルマーケットへ行き、中央郵便局で絵葉書を出し、ワットプノムで祈り、鉄道駅に寄って、そして空港へ
プノンペンからシェムリアップへ飛行機から景色を見て、「260(チェンラ)」へチェックインし、夕刻のアンコールワットを見る
神に呼ばれた世界旅行者は、アンコール遺跡群で次々と神に祈り、対話する(8月27日)
シェムリアップからプノンペンへ戻り、ベトナムのビザと航空券を無事に入手する(8月28日)
雨季のプノンペンで、国立博物館、王宮、シルバーパゴダで雨に降り込められて、ずぶ濡れになってキャピタルホテルへ戻る
タンソンニャット(タンソニュット)空港で知り合った日本人で協力して、一緒のタクシーをシェアしてサイゴンの町へ(8月29日)

2002
ホーチミンシティからプノンペンへの国境越え 【ホーチミンシティからプノンペンへ、陸路で国境越えをする詳細レポート】
キャピタルホテルは、キャピトルホテルか? 【CAPITOLの発音について、英語ペラペラの世界旅行者がウンチクを傾ける】
キャピタルホテルのレストラン 【キャピタルホテルのレストラン、ここがバックパッカーが集まり話すバックパッカーパラダイスだ】
つうちゃん食堂の怪しい中年男集団 【キャピタルホテルのすぐ近くに、怪しい中年男集団が集う変な食堂があった】
プノンペン中央郵便局の恐ろしい秘密 【実はプノンペン郵便局の1994年の恐ろしいヒミツは、2002年も続いていた】
豪華ボート 【プノンペンからシェムリアプへ、日本製のボートに乗った世界旅行者は、このボートはすぐにダメになると予言した】
「White Dolphin」@プノンペン〜トンレサップ川〜シェムリアップ/カンボジア
「White Dolphin」でモンキーダンス@トンレサップ川〜シェムリアップ/カンボジア
チェンラホテルを正面から見る 【シェムリアプの日本人宿といえば、チェンラ。世界旅行者は1994年にも泊まったことがある】
タケオゲストハウスの内部のホール 【シェムリアプの有名な日本人宿タケオ、ここはとても居心地がよかったが、新築した?】
旅先で本を読む@カオサン通り/タイ & タケオ/シェムリアップ/カンボジア
アンコールワット(1)アンコールワット前で 【アンコールワット、この世界遺産は世界旅行者もオススメです】
アンコールワット(2)旅先で友達を作る 【カンボジア国境、キャピタルレストランで知り合った人と一緒にアンコールワットへ♪】
アンコールワットの想い出 【世界旅行者は1994年にアンコールワットを訪れて、バイヨンである少年と出会った】
【アンコールワットまとめ】海外旅行が好きならば、なるべく早くアンコール遺跡群を見たほうがいい
チェンラで会った女の子 【旅をしただけでは本当の旅ではない。旅に心を開かなければ。世界旅行者はそれを教える】
シェムリアプからポイペトへ 【シェムリアプからバンコクへのツーリストバスの遅さは信じられなかったが、理由があったんだ】

2005
バンコクからシェムリアップへの長い道(2005)
バンコクからシェムリアップへ行くためにまず考えること
ざっくばらんに言うと、「シェムリアップへは飛行機で行くのが楽だ」(飛行機ルートの紹介)
カンボジアのビザは空港でも陸路でも、国境で簡単に取れる(もちろん日本でも取れる)
アランヤプラテートまで鉄道やバスで行って、個人で国境を越えることを考える。
結局、450バーツでシェムリアップ行きのツーリストバスに、カオサンの日系旅行会社で申し込みました。
朝にシェムリアップへのバスのピックアップを1時間待つ@カオサン
カオサンを出発したドラエモンバスが1時間走って着いたところは、なんと(笑)!
旅人は、胡桃沢耕史先生の本を読む。
タイ〜カンボジア国境の地図@アランヤプラテート
国境手前の食堂でカンボジアビザを取って、タイを出国する@ポイペト/カンボジア
日本人旅行者をバッタバンに誘い、白人旅行者からビザの相談を受ける@ポイペト/カンボジア
世界旅行者は、今までの膨大な国境越え経験を反芻して、旅行哲学する@ポイペト/カンボジア
ポイペト国境で、自分でシェムリアップへの交通手段を選ぶこと自体が危険だと思う@ポイペト/カンボジア
世界旅行者は、シェムリアップへのバスを待つとき、まゆみちゃんとの結婚を発表する@ポイペト/カンボジア
ポイペトからシェムリアップへのマイクロバスでまゆみちゃんに日本人旅行者の実態を教える@ポイペトからシェムリアップ/カンボジア
ピチピチヤングギャルと肌をスリスリしながら、午前1時にシェムリアップの宿に到着@シェムリアップ/カンボジア
深夜到着した宿で、日本人旅行者について旅行哲学する@シェムリアップ/カンボジア
シェムリアップは韓国人だらけ@シェムリアップ/カンボジア
「ヤマトゲストハウス」@シェムリアプ/カンボジア
「タケオゲストハウス」@シェムリアップ/カンボジア
旅先で本を読む@カオサン通り/タイ & タケオ/シェムリアップ/カンボジア
「チェンラゲストハウス」@シェムリアップ/カンボジア
「タ・ソムゲストハウス」@シェムリアップ/カンボジア
「アキラの博物館」(1)@シェムリアップ/カンボジア
アキラの博物館(The Landmines Museum)@シェムリアップ
地雷博物館からアンコールワットへ@シェムリアップ
ホテル加宝仲間とチェンラ前で出会う+伝説の3大日本人宿について@チェンラ/シェムリアップ
とらバス@国道6号線/シェムリアップ
『ベンメリアに行きたくて、タケオのツアーに参加したら、3つの遺跡を回るものでした』@シェムリアップ/カンボジア
ハンモックで休む@クバール・スピアン/シェムリアップ
運転手さんやカンボジア少年少女と親しくなる@バンテアイ・スレイ
バンテアイ・スレイで東洋のモナリザを抱き上げる
ベンメリア遺跡でトレーニングをする
ベンメリアを見て歩く世界旅行者の写真@ベンメリア/シェムリアップ/カンボジア
ベンメリア遺跡写真集@シェムリアップ/カンボジア
旅行者にアドバイスする@タケオ/シェムリアップ
就職の決まった学生をインド旅行へ行くように、説教する@シェムリアップ/カンボジア
シェムリアップでも、ドルキャッシュとドルのトラベラーズチェックがいい!
シェムリアップの滞在は6号線沿いで全く問題はない。コンビニ(スターマート)もあるし@シェムリアップ/カンボジア
北朝鮮レストラン「平壌冷麺」@プノンペン/カンボジア
北朝鮮レストラン「平壌冷麺」を旅行哲学する@シェムリアップ
チェンラ向かいの金ピカ寺院へ潜入@6号線/シェムリアップ
日本女性は口説かれやすく、強姦されても許すもの(涙)。
シェムリアップからホーチミンへのバス
シェムリアップからプノンペンへのバス6時間@カンボジア
CAPITOL HOTELのレストランでアンコールビールを飲む
マレーシアに老後海外移住して失敗した日本人夫婦の話を聞いて、日本人のあり方を哲学する
キャピタルツアーのバスで、プノンペンからシアヌークビルへ4時間@カンボジア
ミリチェンダのお迎えバス@シアヌークビル/カンボジア
シアヌークビル(Sihanoukville/Kompong som)風景/メリチェンダと、ビクトリービーチ、オーチティルビーチ
カンボジアの幼女買春問題@シアヌークビル/カンボジア
シアヌークビル(コンポンソム)からココン国境へ7時間半(1)@カンボジア
カンボジアの政治家が国境への道を整備しない理由@カンボジア
コッコンからトラート経由でバンコクへ@タイ
トラートからバスに乗り、エマカイへ到着して、スカイトレインで国立競技場ホテル地帯(ソイ・カセムサン)へ