クエッタ(パキスタン)からイラン国境へのバス@パキスタン

【パキスタンからイラン国境への夜行バスが国境手前で休息(国境が開くのを待つ)】
パキスタンのクエッタから、バスに乗ってイランとの国境へ向かい。
午前6時、国境前で休息を取る。
バスはクエッタを午後5時に出発して、途中で人を載せたり降ろしたりしながら、午前7時に国境へ到着した。
ここでハンガリー人の旅行者2人と知り合う。
TAFTAN、MIRJAVEの国境が開いたのが、午前8時半で、一緒に入国審査を受ける。
ビザをコンピューターでチェックしていたが、税関の荷物検査で、ニューズウィークの中のごく普通の記事の中の水着写真部分をバリバリッと破り取られてしまいました。
このあと、ハンガリー人旅行者と3人でタクシーをシェアして、ザヒダンへ。
その日のうちに、バスに乗って、バムへと進みました。
感想は、もう二度と乗りたくないね…。
【写真】午前6時、パキスタンで休息するバス
【旅行哲学】夜行バスというのは、ホント疲れる。