『ボスポラス海峡を、ヨーロッパ側(エミノミュ/EMINOMU)からアジア側(ウスキュダル/USKUDAR)へ往復して、サバサンドを食べる』

【エミノミュから出発したボート上からイスタンブール旧市街、ガラタ橋を振り返る】
1996年10月17日に、ブルガリアの首都ソフィアからイスタンブールへの夜行寝台列車でイスタンブールへ到着する。
僕は最初の世界一周旅行の1988年のイスタンブールを知っている。
1996年になると、イヤに日本人旅行者が増えて、がさつになったと感じる。
昔有名だった「エリットホテル(ELIT HOTEL)」へ行ってみた。
しかし、午前3時まで地下のディスコがうるさくて、とても泊まれるところではない。
そこで、「ホテルモーラ(HOTEL MOLA)」へ移動した。
町で話をした日本人旅行者が泊まっていた「ホテルアヤソフィア(HOTEL AYASOFIA)」に行く。
この時期は、アヤソフィアに日本人が集まっていて、ワイワイやってたんだ。

イスタンブールは、いろんな旅人が集まるところ(これはまた、別に書きます)。
だから、興味深い旅行者が集まると、とても面白い状況が出来ることがある。

ま、その状況を作るには、旅行者を集める「核」になる人間が必要だ。
もちろん、1996年10月のイスタンブールでは、僕がその核だったんだよ(笑)。

だから、出会った旅行者諸君から、いろんな情報を得る。
1人の日本人がチャナッカレからトロイ遺跡を見学して、イスタンブールへ来たという。

そういう話が出てくれば、僕はトロイ遺跡を見に行く
だって、旅先で話をした旅行者のルートは、神による啓示だからね。

毎晩、イスタンブールに集まった旅行者諸君と5人から10人くらい集まって、飲んで盛り上がっていた。
でも昼間は暇だ。

というわけで、1996年10月20日。
昼間に、ボスポラス海峡をボートで渡ってみることにした。

僕は1998年に、ボルポラス海峡クルーズもしたことがある。
一度アジア側へ渡って、そこからドルマバッチェ宮殿にも船で行ったことがある。

今回は、イスタンブールのヨーロッパ側からボスポラス海峡を渡って、アジア側へ往復してみようという程度。

【ボート上からヨーロッパ側のイスタンブールを見る】
ガラタ橋手前の「エミノミュ(EMINOMU)」から、「ウスキュダル(USKUDAR)」への船に乗る。
とはいっても、昔のガラタ橋は燃えてしまったので、いまのガラタ橋は鉄製だけどね。

ところで、ここで「ウスキュダル」とは、いまグーグルで調べたところ一番多い名前だ。
日本のガイドブック「地球の歩き方」は、これを「ユスキュダル」と呼んでいる。

日本では昔は、「ウシクダラ」というのが通名だった。
よく知られた歌に、「ウシクダラ〜♪」という歌詞があったからだ。

いま調べたら、江利チエミが歌っていたという。
まあ、ある程度以上の年齢になると、この歌をよく知っているので、「ウシクダラ」と呼ぶだろうね。

イスタンブールの歴史地区、安宿街のスルタンアフメットから下り坂を歩いて、ガラタ橋の手前へ。
船がいろいろあるので、ウスキュダルへの船を確かめる。

ジュトンを3万トルコリラで買って、スロットへ入れて、船に乗り込む。
ジュトンとは、早い話、コインみたいな形のものです。

1996年のトルコリラは、1万トルコリラが12円のレートだった。
だから、3万リラは36円程度。

ガラタ橋手前のエミノミュからウスキュダルへのボート料金が、片道で36円なら安いんじゃないかな。
なにしろ、有名なボスポラス海峡を渡って、ヨーロッパからアジアへ船で渡れるのだから。

【ボート上から、ボスポラス海峡の北を見るとボスポラス大橋が見える/右がアジア、左がヨーロッパ】
ボートに乗って、アジア側を見る。
僕は1988年に来た時、ボスポラス海峡の船に乗って、あちこちへ行ったものだ。

ただその時はまだ、詳しくノートにメモする習慣がなかった。
だから、どこからどこへ行っていくらだったみたいな細かい話が書けないんだよなー。
1996年の、僕の2回目の世界一周のときは、カメラを持ち、細かいメモを取っていた。
というのが、この時代僕はスーパーニューズマガジン「GON!」に海外旅行コラムを書いていた。

それが大評判になって、本の出版話も出てくる。
僕はまだその時期百カ国を旅してなかったので、「本を出す前に百カ国旅行が必要だ」と2回目の世界一周旅行に出たわけだ。

だから、1996年以降は、僕の旅には一応写真があるんだよね。
また、ある程度細かい情報をメモってもいる。

【ウスキュダルの船着場を出たボートからアジア側を見る】
いま長期の海外旅行に出る人も多くて、旅先からインターネットでブログを書こうと考える人も多い。
僕は言い続けているのだが、海外からその日の出来事をただ書いたブログなんて全く面白くない。

海外旅行というものは、ただのレポートではない。
ただのレポートなんか、誰も興味を持たない。

ただのレポートならば、だれでも書ける。
しかも、今日レポートしたこと(例えば物価)は、明日には時代遅れになる。

人が興味を持つのは、旅の中で起きたことを、旅人がどう解釈するかということだ。
旅で起きたことをただ並べるのでは、小学生の日記だよ。

特に自分の考えを入れなくてもいい。
起きたことの中から何を選んで書くのか、ということ自体に思想が現れる。

そのためには、旅の経験を、人生の中で熟成させる期間が必要だと思うよ。
例えば、イスタンブールで親切なトルコ人と友達になった場合。

その日は、ただ「親切なトルコ人に会ったなー」としか思わないかもしれない。
でも、そのあとでいろんな旅をしていると、自分の体験について、いろいろと考えることがある。

「あのトルコ人は、ボッタクリの店に連れて行くつもりだったが、僕が(私が)金がないとわかって離れていったのかな?」とかね。

出版されたガイドブックや旅行記、旅行エッセイにも、「旅先で『すごい旅のベテラン』さんたちとたくさん会いました♪」と書いてあったりする。
でもそれは、筆者の旅行経験が少なく、また人生経験も乏しいからだね(涙)。

【トプカプ宮殿の庭から、ボスポラス海峡、ボスポラス大橋を見る/右がアジア、左がヨーロッパ】
エミノミュからウスキュダルへボートで渡ったこの日は、写真でもわかるように、天気がよくなかった。
でも、その前日はスカッと晴れたいい天気だった。

トプカプ宮殿の庭から、ボスポラス海峡を撮った写真です。
左がヨーロッパ、右がアジア、奥に遠くボスポラス大橋が見えます。

【ガラタ橋手前のサバサンド屋さん】
この写真はオマケ。
イスタンブールの名物といえば「サバサンド」。

パンにサバのフライを挟んだだけの食べ物です。
まあ、熱々で食べないと、おいしくないんですけどね。

正直言うと僕は一度で沢山。
「名物にうまいものなし」という格言は、イスタンブールでも有効でした。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)