「White Dolphin」でモンキーダンス@トンレサップ川〜シェムリアップ/カンボジア

【トンレサップ川を行くホワイトドルフィンの2階席】

【ボートはトンレサップ川から、いよいよトンレサップ湖へ入る】
プノンペンの船着場を午前8時に出発した豪華ボート「ホワイトドルフィン」は、快適な旅を続ける。
午前11時ごろにトンレサップ川からトンレサップ湖へと入った。
トンレサップ湖は茶色ににごっていて、波もある。
湖岸も全く見えないので、景色は良くない。

ボートは、急にスピードを上げて波しぶきを上げながら進む。
ボートのエンジンの音も変化する。

これで、波を切って突進すればいいのだが、何か変だ。
というのはボートがスピードを上げると、船先が持ち上がり、それが落ちる。
その衝撃が船体全体に響くんだ。
僕は、世界各地でいろんな船に乗ったことがある。

でも、スピードを上げたら話が出来ないくらいに揺れる船は初めてだ。
これはボートとしては根本的な設計ミスだよ。

京都大学工学部卒業の世界旅行者みどりのくつした(みどくつ/みど先生)は、ピンと来たね。

だから、こんな格好のいい、居心地のいいボートなのに客が少ないんだ(笑)。
湖に出たあと、船賃に含まれているランチが配られた。

ボートのスチワーデスがお盆に載せたランチボックスを配って歩く。
これには、ドリンクが1本無料で付いている。

僕はもちろん、ビールを頼んだけどね。
ボートの席は飛行機と一緒なので、前の背もたれから小さなテーブルが出てくる。

ところが、ランチをテーブルに置くと、ランチが飛び上がるんだよ。
だって、船がガクンガクンと揺れているんだから。

もらった缶ビールをテーブルに置いたら、倒れてしまうので、僕は手で持っていた。
食べ物も、フォークで口へ運ぶことが出来ない。

船のスチワーデスは、この大きな揺れの中をランチや飲み物を持って通路を歩く。
その姿は、腰を落として右へ左へ揺れる身体を、倒れないように努力している。

その姿は、まるでボートの通路で「モンキーダンス」を踊っているように見えたね。
乗客はランチにほとんど手を付けず(口まで食べ物を運べない)、船の揺れで気分が悪くなる。

客が少ないので、飛行機のシートのように席の間の肘掛をあげて、身体を横にする。
横になって寝ると、少し気分が良くなる。

スチワーデスの女の子は、親切に毛布をもってきて渡してくれる。
そうそう、もちろんこの船室の中は寒いくらいにクーラーが効いているわけなんだ。

【シェムリアップの船着場付近の水上家屋】
午後1時半過ぎにボートの速度が少し落ちた。
ボートの速度が落ちれば、快適なんだけどね。

13時52分に2階席へあがると、シェムリアップの水上家屋が見える。
その横をスーッとボートは進んだ。

結局、出発してから6時間後、午後2時に、ボートはシェムリアップの桟橋に着いた。
僕らが降りると、そこには、出迎えのタクシーが待っている。

運転手はキャピタルの提携ホテル(多分、ハローゲストハウス)へと僕たちを誘う。
ただ、僕は1994年に来たとき泊まった「チェンラ」を見てみたいキモチもある。

そこで、運転手をなだめて、まずチェンラへ行った。
チェンラへ行ったら、見違えるような立派なホテルになっていたよ。

僕が1994年に来たときは、ホテルは平屋建てで、部屋も8つくらいしかなかったんじゃないかな。
僕が泊まった部屋は、隣の部屋とトイレが共有だったしね。

一緒に来た日本人の若者2人と、チェンラの部屋を見る。
エアコン付き、ホットシャワー付き、ツインベッドのきれいな部屋が15ドル。

ファンだけの小さな部屋が6ドル。
まだ時間はあるので、チェンラのフロントにバックパックを預かってもらって、僕たち3人はオールドマーケット方面のホテルをチェックしに出かけました。

-----------------------------------------------------------------------
このお話は2002年の出来事です。

2005年にシェムリアップへ行った時、このホワイトドルフィン号は運行をやめたと噂を聞きました。
僕は当然だと思いますが、確実な情報があれば教えてください。

今は、シェムリアップとプノンペンの間は舗装されていて、大型バスでゆったりと移動できます。
もちろんバスのほうが料金も安いです。

でも、トンレサップ湖、トンレサップ川をボートから見るという経験はすばらしいです。
お金に余裕のある人は、僕は船での旅を勧めます。

【写真】トンレサップ川とトンレサップ湖の交わるところ/シェムリアップの水上集落

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index

xxx