プノンペンからシェムリアプへの豪華ボート

プノンペンからシェムリアプへは、飛行機で行くこともできるし、高速ボートで行くこともできる。
最近はバスも運行し始めたが、カンボジアの道路は特に雨季は最悪で、まだまだ時間がかかるし疲れるようだ。

僕は1994年には飛行機で往復飛んだ。
この時期は、ボートもあったが、乗っていると陸から銃撃されるという話があったころ。
アンコールワットの遺跡を訪ねても、普通の観光客はほとんどいなかったものだ…。

2002年には、バスも運行し始めていたが、ボートで行こうと考えた。
ところが、ボートも普通のボートと豪華ボートがあるという。
豪華ボートの話は聞いたことがなく、どのガイドブックにも書いてなかったので、乗ってみた。

席は飛行機のような指定席、アッパーデッキからの見晴らしもいい。
昼食も飲み物も付いていて、美人客室係が世話をしてくれる。
寝たい人には、毛布も配ってくれる。
席の数に比べて、客がすくなく、ガラガラなので、肘掛を倒して、横になって休むことができる。
素晴らしいボートだった。
ただ一つの、非常に大きな問題を除いては…。
to be continued
【写真】豪華ボートの出発前の写真。世界旅行者の背後に白いボートと2人のスチワーデスの姿が見える。

【旅行哲学】人が少ないにはなにか理由がある。そのためか現在はこのボートは運行していないようだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index

xxx