バーミヤン石窟に関連して、「危険な国へ無理に旅をしてはいけない」という常識を再確認する@アフガニスタン
世界旅行者はアフガニスタンへ行ったことがない。
しかし、アフガニスタンには詳しい。

実は、海外旅行の知識が豊富な人は、絶対にアフガニスタンを知っている。
というのは、アフガニスタンに共産政権が成立(そしてソ連が侵攻する)する前は、アフガニスタンを通過するのが、アジア横断のメインルートだったからね。

そのころインドからトルコまで、「アジアハイウェイ」が通っていた。
アジアハイウェイのメインルート1号線は、パキスタンのペシャワールから、カイバル峠を越えて、カブール、カンダハル、ヘラート、イランへ入って、マシュハド、テヘラン、タブリーズと続いていた。

昔のバックパッカーは、このルートを通ってたわけだ。
僕がアジア横断したときは、パキスタンのクエッタからタフタン国境を通って、ミールジャーべ、ザヒダン、ケルマンとイランへ入った。
これは、実は、アジアハイウェイ2号線になる。
本当のメインのアジア横断ルートではないんだ。
そのころカブールは、全世界からのバックパッカー、ヒッピーが集まる、とても興味深いところだったらしいね。
ちなみに世界遺産のバーミヤンの石窟は、カブールから車で12〜13時間程度の所にある。
2005年夏、広島県の中学校教諭男女2人が、パキスタンのクエッタからカンダハルへと入り、行方不明になった。

世界旅行者はイラクで殺害された香田証生くんの旅を、日本でただ1人擁護する立場だ。
世界旅行者の最新刊「世界冷や汗ひとり旅」の後書きにはっきりと書いてある。

しかし、この男女2人のアフガニスタン旅行は擁護しない。
というのは、「2人だから」だね。
つまり、どちらかが(おそらくは男性が)もう1人をアフガニスタンへ連れて行ったわけだ。
男性が、何らかの理由で、単なる好奇心でも、危険だといわれている国に1人で突入することは、有り得る。
でも、1人でならば絶対にアフガニスタンへ行かなかっただろう女性を連れて、結果、2人とも殺害されたことは、絶対に言い訳ができない。
ここでも世界旅行者の主張「海外個人旅行」、つまり「海外旅行は個人で行け」という考え方が示されたわけだ。

世の中には、「海外個人旅行者の見栄張り勝負」といわれるものが存在する。
海外個人旅行者が出会うと、「どちらの立場が上か」と勝負をする。

世界旅行者なんかになると、旅行経験も豊富だし、ネタも山ほど持ってるし、そのネタも奥深いので、一度も負けたことがない。
百戦百勝の常勝旅行者、それが世界旅行者先生様なんだよ。

「世界旅行者が誰にも負けない日本で一番の世界旅行者である」こと、が大問題なんだけどね。
それが、旅行経験が少ないが、旅行については語りたい、旅行オタク諸君から、僕が嫌われている理由なんだけどね。

もともと、たいした旅行経験もないのに見栄張り勝負に勝ちたいと考える旅行初心者がたくさんいる。
その中には、「人の行かない危険なところへ行って自慢したい」と考えちゃう人たちがいるんだよ(涙)。

正直、世間で一般に言われているほど、世の中は危険ではない。
だって内戦の国でも、テロが頻発している国でも、そこには普通の人の普通の生活があるんだから。

また、問題がある地域は限られているのが普通だからね。
だから、一般に危険だと言われている国へ旅をしても、ほとんどは無事に帰ってくる。
そして「実際は危険じゃないんだよ」という話になる。
でも、それは違うんだよ。
危険な国は確かに危険なんだ。
そこをどう見分けるか、それが問題だ。
しかし、世界旅行者は言う。
「危険だといわれている国は本当に危険な可能性が多いから行かない方がいい」ってね。
参考:
ところで、パキスタンとアフガニスタン国教のトライバルテリトリー(部族支配地域)は、国家権力も及ばない地域だ。
もともと気が荒くて、古代から隊商を襲って、通行料を取って生活していた。
またほとんどが小銃で武装していて、兵器を自作している。
胡桃沢耕史の小説集「旅人よ」のなかの、「父ちゃんバイク」でも、「カイバル峠をバイクで通るときに、子供たちが石を投げるの危険だ」という表現があります。
参照: 【アフガンで行方不明の男女中学教師の遺体発見】2005年9月2日