「バリビーチホテルの想い出」@サヌール/バリ/インドネシア
僕が最初にバリへ行ったのが、1980年前後だったと思う。
そのころ持っていたクレジットカード会社のキャンペーンのツアーだった。

ガルーダインドネシア航空のバリ便が就航したのを利用して、会員向けのツアーが組まれた。
そのせいか、そのクレジットカード会社の若手社員が、世話係を兼ねて参加していたよ。

このころ僕はまだ結婚していたし、日焼けするのが趣味でもあった。
バリビーチホテルの中庭のプールサイドで本を読みながら、寝そべっていたりした。

同じツアーに、まあまあいい身体をしていた若い女の子がいた。
その女の子に、クレジットカード会社の社員と一緒に「オイルを塗ってあげるよ♪」と、彼女の体中を撫で回したりした(笑)。
女の子も喜んでた。
ただ、彼女は日焼けするのが大好きになって、丸一日プールサイドにいたようだ。
日に焼きすぎて、ツアーの終わりごろには、火ぶくれやけどで医者にかかった。
帰りの飛行機に乗るときには、体中に軟膏を塗ってたけどね。

僕は若いときから朝が早い。
夜が明けるころ、まだ誰も起きださない早い時間に、ホテルのプールに飛び込んで1人で泳ぐのが好きだった。

バリビーチホテルのプールはいくつもあったが、僕たちの部屋から見えるプールは水深が3メートルほどあった。
僕はジャックナイフ形のダイブをして、スーッとプールのそこまで潜る。
プールの底に足をつけて、水面が太陽の光できらきらしているところへ向けて、ゆっくりと昇っていく。
これが気持ちよかった。

夕方ごろ、ドイツ人の大学教授夫妻と出合って、水泳の競争をしたこともあったね。
相手がドイツ人だから、「今度はイタリア抜きにやろう!」なんて、定番のジョークを言ったりした。

タートルアイランドにホテル前ビーチのボートで行った。
最初に料金の交渉をしてなかったので、料金を吹っかけられて、嫁さんとケンカになった。
まだまだ「観光客はぼったくられるもの」という旅行定理を知らなかったころだ。
ホテルでは、みんな優しくて、ボッタクリなどを考えたりもしなかったし。

嫁さんと一緒にバリビーチホテルを歩いて、外に出た。
近くの小さなレストランで、タートルステーキ(亀の肉のステーキ)を食べたこともあった。

バリビーチホテルに出入りしていた旅行会社から、100cc程度のバイクを借りた(確か1日10ドルだったと思う)。
それに乗って、嫁さんを後ろに乗せて、バリビーチホテルのあったサヌールビーチから、バックパッカーの多いクタビーチへとぶっ飛ばした。

そのころのクタビーチには、日本人はほとんどいなかったよ。
日本人のサーファーみたいなのが数人いたが、ビーチの片隅に固まって、おどおどしていた。

クタビーチにはトップレスの白人女性がたくさんいた。
フランス人のカップルに話しかけて、女性二人が手をつないでビーチに立つ写真を撮ったりした。

サヌールのバリビーチホテルは伝統のある一流ホテルだった。
敷地も広くて、プールも何個もあったし、レストランもホテルのショップの店員も、とても感じがよかった。

でも僕は、クタビーチで、安いTシャツ屋、お土産屋なんかを見て、オーストラリア人の若者の旅行者と話をした。
そのとき、「僕はサヌールビーチの高級ホテルに泊まる人間ではないな。クタのごたごたした安宿にいるべき人間なんだろうな…」と思った。

ま、それが僕が嫁さんに逃げられた、根本的な理由。
一人で世界一周をしたのもそのせい。
そして、世界一周の途中で、バリ島に立ち寄ったときは、念願どおり、クタビーチの安宿に泊まったよ。
その話は、また別の機会にね。


【旅行哲学】昔は日焼けを積極的にしてたけれど、いまはそういう人はいないよね。