バックウォーターボートにて@ケララ州/南インド

北インドから、鉄道でアーメダバードへ。
そのあと、ボンベイ(ムンバイ)からゴアへ行って、しばらく過ごした。
次に、ゴアから、マンガロール、カリカット、コーチンと移動する。
さらに南へ下って、アレッピーからクイロンへ、バックウォーターという水路を小さな船で通りました。
これは、南インド、ケララ州観光の目玉かな。
乗客は、ほとんどが外国人観光客だった。
外国人観光客向けのボートなのでしょう。
ボートの屋根にのぼると、自転車が置いてあったりして、白人旅行者に写真を取ってもらう♪
クイロンでは船着場のすぐ近くの安宿に泊まったけれど、窓にの網が破れてて、蚊の死骸がたくさんあったのは怖かったなー。
このときはマラリアの薬なんか飲んでなかったしね。
クイロンからは、トリバンドラムへ列車で移動。
トリバンドラムまで来ると、いくら冬だとはいっても、暑くて耐えられない。
そこで、クーラーのガンガン効いたホテルに泊まった。
一泊して、とっととコバラムビーチへ行って、しばらくノンビリ過ごしましたとさ。
コバラムビーチでは、日本人の学生さん、スウェーデンに住んでる日本人、スリランカからやってきた日本人の女の子なんかと知り合った。
あとは、ビーチでごろごろしてました。
この小さなバックウォーターボートでも、日本人の若者と女の子がいた。
女の子は白人男性とくっついていて、わざと僕を無視していた。
僕はひたすらJohn Tolandの「The Rising Sun: The Decline and Fall of the Japanese Empire」のペーバーバックを読んでいた。
日本人の若者は、「何を読んでるんですかー」と、話しかけてきたんだったよなー。
そこでもちろん、ペーパーバックの表紙を見せて、タイトルを指で示した。
「戦争の本!」と教えてあげたが、そのあとは話が続かなかった。

僕も彼と話をしたかったんだが、無理だった。
ボートのエンジンの音がやかましすぎて、身振り手振りしかできなかったからね。
もうたっぷり30年以上前のことだ。

【写真】バックウォーターボートの屋根の上に座る
【旅行哲学】日本人旅行者はどこにでもいるね。