ホアランポーン駅からアユタヤへ鉄道で日帰り@アユタヤ/タイ

これは、2000年にラオスへ行ったあとのこと。
ホアランポーン駅前の「バンコクセンターホテル」(1泊2600円)に泊まって、バンコクでノンビリ過ごしていた時の話です。
「これが正しい海外個人旅行」に書いた文章にちょっと手を入れました。
【アユタヤへ列車で往復して、自転車で見てまわる】
駅の近くに泊っていると、列車を使うのが楽でいい。
世界遺産の古都アユタヤへ行こうと考えていて、のんびりしすぎて午前10時になった。
この時間では、1日で往復するのはちょっと無理かと思ったが、ホアランポーン駅へ行ってみた。
すると、11時5分発の「EX71」という列車があった。
エアコン付きリクライニングシートのキモチイイ指定席で125Bだ。
アユタヤには12時34分に到着(つまり1時間半)。
駅前の貸自転車屋で自転車が夕方6時まで1日30B(簡単なアユタヤの地図付き)。
ここではパスポートもデポジットもあずからない。
川を渡る船が自転車ごと2B。
あちこち見てまわったが、自転車に乗るのは観光客だけ(笑)。
地元の人はバイクを使っている。
アユタヤを自転車で回るのはかなり疲れる。
特に町の外れにある日本人町跡へ行くのは大変だ。
行っても、記念碑と観光客向けの土産物屋があるだけ。
ただ、海外旅行では「行ったけどつまらなかった」というのが重要な話のネタです。
時間があるならば、やはり行っておいた方がいいだろう。
適当にアユタヤ見物を切り上げて、16時5分アユタヤ発の「RAPID136」に乗る。
料金は三等の自由席だとたった20B。
キモチヨク旅をするために奮発して二等指定席を取ると、これが75Bだった。
この列車はかなり遅くて、ホアランポーン駅に着くのに2時間近くかかった。
注)この時期、1B(バーツ)は3円弱でした。
【アユタヤで像に乗る】
アユタヤでは象ものれます。「象乗り体験は30分600B」との情報あり。
【ホアランポーン駅2階の旅行代理店に注意】
ホアランポーン駅からアユタヤへの列車はたくさんありますから、心配することはありません。
切符は駅の窓口で買えばいいだけで、 予約の必要もありません。
駅には、英語の通じる鉄道案内所もあります。
僕はここで、アユタヤへの列車のリストをコピーしたものをもらいました。
以前から噂になっていることですが、駅に行くと、 「駅2階の旅行代理店(日本人?)につかまって、 説得されて、タクシーのアユタヤツアーを組まされてしまう 」という話があります。

自分で鉄道で行くのはとても簡単ですから、 声をかけられても無視したほうがいいです。
【列車の出来るだけ前方に乗る】
ホアランポーン駅から、アユタヤへの列車に乗るヒントを一つ。
なるべく列車の前方に乗ってください。

列車の後ろに乗っていると、車内放送がないので、 アユタヤ駅に着いたとき確認が出来ません(駅の標識が見えない)。
列車の前方に乗っていると、ホームを通り過ぎて端っこで停まるので、それまでにホームのアユタヤの名前が確認できて安心です。
【写真】アユタヤのスリーピングブッダ
【旅行哲学】旅では「行ったけどつまらなかった」話が重要。