『アヤソフィアに入って、東ローマ帝国時代の金ピカの壁画を見る』@イスタンブール/トルコ

【アヤソフィア】
僕は1988年の春と秋に、イスタンブールでごろごろしていた。
ちなみに、1988年の夏は、僕はエジプトからケニアに行ってたんだけどね。
イスタンブールには長くいたが、アヤソフィアについては、外から見ただけで、中には入ってなかった。
アヤソフィアは外から見ただけで十分に感動的。
別にアヤソフィアの中に入ろうとは思わなかった。
また、入場料がかかったんだよね。
1996年に2回目の世界一周の途中で、イスタンブールへ来た。
そのとき、「イスタンブールで見逃しているところは、とにかく見終わってしまおう!」と思った。
ブルーモスク(スルタンアフメットジャーミィ)には、何度も入ってたんだけどね。
その理由はというと、ブルーモスクは入場無料だったからかな(笑)。
ブルーモスクは、実際に祈る人が入っているし、人通りも多いわけだ。
だから、なんとなく、中に入ってしまえる。
建物も、迫力があるしね。
ところが、アヤソフィアは博物館ということで、入場料が必要だった。
1996年のアヤソフィアの入場料が「38万トルコリラ」と記録している。
この時期、1万リラが12円の計算。
38万トルコリラは、456円。
しかし世界旅行者の僕は、当然国際学生証(ISIC)を持っている。
入場料に学割を効かせると、17万トルコリラ(204円)になる。
204円ならば迷うことはない。
だから、僕は、1996年10月19日(土曜日)、アヤソフィアへ入った。
いま図書館から借りてきた「地球の歩き方 イスタンブールとトルコの大地('09-'10)」を見ると、2009年の1月時点で、入場料は20トルコリラ。
2009年1月のレートが、1トルコリラが56円という話。
すると、2009年1月時点で、1120円となる。
千円を超す入場料というのは、バックパッカーだと、ちょっと躊躇する。
でも僕が行ったのは1996年で、学割ならば2百円だった。
2百円ならば、抵抗感なく気楽に入場できる(笑)。
アヤソフィアは、東ローマ帝国時代に、キリスト教の大聖堂(聖ソフィア大聖堂)として建てられた。
東ローマ帝国のキリスト教は「ギリシア正教」だ。
ギリシア正教は、ロシアでも採用された。
その理由は、いかにも豪華で、荘厳で、ご利益がありそうだったからだとか。
だから、ギリシア正教の教会、大聖堂は、内装がキンキラキンなのが特徴ね。
聖ソフィア大聖堂も、金ぴかだったろう。
そのあと、コンスタンチノープルが1453年に陥落して、モスクに改装された。

【アヤソフィアの壁には、キリスト教の金ピカの壁画が隠されていた】
もともとキリスト教関連の金ピカの壁画があったが、それを塗りつぶして隠してしまった。
第一次世界大戦後、アヤソフィアは博物館となる。
その時に、壁の漆喰を剥がしたので、昔のキリスト教の壁画が一部出てきたりしている。
さすが、ギリシア正教らしく、金色に光ってます。
そこを写真に撮りました。

【アヤソフィア内部から見るステンドグラス】
1996に入った時、アヤソフィアの内部はがらんとしていて、巨大な空間があったことが印象的だった。
観光客も少なくて、がらんとした階段を登って、2階へ行ったが、ここもそれほど見るものはない。
アヤソフィアの内部に入って、巨大な空間を感じて、壁の金ピカのキリスト教壁画を見れば、それだけで十分。
外からの風景の方がもちろんステキだ。
一度は内部を見るのもいいでしょう。
二度見る必要はないかもね。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)