『日本人旅行者からもらったイスタンブールのスケッチだけを頼りに、ガイドブックも情報もなしに、イスタンブールへ突入する』@イスタンブール/トルコ

【アテネで出会った日本人旅行者に書いてもらったイスタンブール地図】
1988年4月22日に、ロンドンからアテネへ片道切符で飛んだ。
ロンドンでは、エジプトのビザとケニアのビザを取っていた。
ただ、ケニアまで行くのは、それほど本気で考えていたわけではない。
ロンドンにしばらくいて、特に観光をするわけでもなく、学校に行っているのでもないので、時間潰しと話のネタで、ビザを取っただけだ。
アテネで安い切符が買えるという噂があったので、アテネからエジプトまでは飛ぼうと思っていた。
ケニアまで行くかどうかは、切符の値段しだい(無理なら無理でかまわない)、というお気楽な考えだ。
ギリシアでは、島へ出るわけでもなく、アテネ市内を歩いて観光をしていた。
夕方は、シンタグマ広場の安食堂で通りを見ながら、食事をする。
通りに面したカウンター席から、通行人がよく見える。
日本人を見かけたら、すぐに声をかけて、強引に話し相手にしていた。
「おーい、日本人。こっちこっち♪」と声をかければ、だいたいは興味を持ってやってくる。
1988年は、日本は本当にバブルの真っ只中で、気の利いた、おもしろそうな日本人はみんな海外旅行に出ていたものだよ。
このシンタグマ広場横の食堂で出会った日本人については、興味深い話がたくさんある。
いつか、それを詳しく書くことがあるかもしれないので、お楽しみにお待ちください。
そこで出会った中の一人、イスタンブールからやってきた日本人旅行者の話だ。
旅先でであったら、定番の話は「どこを旅してきた」「これからどこへ行く」が、メインだ。
旅先で出会った人との話が面白いのは、必ず情報が詰まっていること。
アテネで出会った日本人は、ヨーロッパからギリシアへやってきたというものが普通だ。
ところが、彼は、「イスタンブールからバスで24時間かけて、アテネへ着いた」という話。
僕は、この日本人旅行者と会うまで、トルコへ行こうなどとは、まったく考えていなかった。
この時代の日本人の旅行は、やはり、ヨーロッパが中心だったね。
学生の卒業旅行も、せいぜい1か月だったので、イギリス、フランス、スイス、イタリアの主要都市を回る程度が普通だ。
スペインに行くのでさえも、ある程度ディープな旅だった。
さらに、ジブラルタル海峡をフェリーで越えてモロッコまで行けば、大冒険。
それがヨーロッパの西側の旅だとすれば、ヨーロッパの東ではギリシアまで行くのは珍しかった。
ギリシアはユーレイルパスが使えたので、まだ普通の学生旅行者も多かったかな。
ただ、学生は、イタリアから船でギリシアへ来るものなので、さらにトルコまで旅をする時間がなかった。
この時代は飛行機を使うのは、お金がかかるものだったんだね。
そういう時代だから、アテネまではともかく、イスタンブールまで旅をしようと考える日本人はめったにいなかった。
ものすごく興味を持って、イスタンブール帰りのこの日本人旅行者の話を聞く。
自分で行こうとまでは、最初は思わなかった。
だって、アテネからイスタンブールへは、「バスでも鉄道でも24時間乗り続け」というんだから(今でも変化ないようです)。
僕はこの時代、できるだけ「無理しない旅」をモットーにしていた。
できるだけ昼間の移動で、それも長くても6時間程度で計画している。
まあ、もちろん、イスタンブールとアテネの間を、短く切って旅をすればいいんだけどね。
実際、1996年には、僕は、イスタンブールを出て、アレキサンドロポリステッサロニキアテネと移動したよ。
ただ1990年以前の「昭和時代の日本人旅行者」は、とにかく、バスか鉄道で24時間乗り続けで、移動してたもの。
ヨーロッパ西部では、僕はスペインからモロッコへ旅している。
だとしたら、ヨーロッパ東部でも、ギリシアからイスタンブールへ行けば、格好いいんだけどねー(笑)。
トルコなんて、イスタンブールへ行きさえすれば、それで十二分に意味があるし(他に見るものがあるかどうか知らなかったし)。
僕はだから、エジプトへの航空券の値段のついでに、シンタグマ広場付近の旅行代理店で、アテネからイスタンブールへの料金も調べてみた。
アテネからイスタンブールの片道切符が、19100ドラクマ、14500ドラクマ、13000ドラクマと見つかる。
この時代、1ドラクマは、0.9円の計算。
面倒なので、1ドラクマを1円と考える。
すると、1万3千円でイスタンブールへ行けるわけだ。
往復の場合が、もちろん割安だったが、片道切符にした。
それは、ひょっとして、シリア、ヨルダンと、陸路でエジプトへ抜けるかもしれなかったこと。
また、トルコからエーゲ海を通って島伝いでアテネへ戻る可能性もあったから。
実はこの13000ドラクマの切符は、午前8時半に出るフライトだけの早朝特別料金だった。
お金にも余裕があったので、飛行機を使うことにして、一番安いイスタンブールへの片道切符を購入(13000ドラクマ)。
1988年4月27日、午前6時に起床。
午前6時半に空港行きのバス乗り場到着し、30分に一本のバスを待ち、午前6時50分のバスに乗る。
空港に到着して、スムーズにチェックイン。
思いがけなくイスタンブールへ行くことになって、気分がハイになり、「ルンルン気分」です(この話は昭和時代ですから)。
アテネの空港で、イスタンブールへの8時半のフライトを待つ待合室へ入ると、日本人のカップルを発見(笑)♪
世間話でもしようと話しかけたが、変によそよそしい。
一般的に、旅先で、個人旅行のカップルに出会った場合、話しかけたら、愛想よく返事をするものだが。
二人旅の男女カップルは、ある程度、二人きりでいることに疲れているものだしね…。
ちょっとおかしい…。
ところが、待合室を見回したら、他にも日本人カップルがいたよ。
アレッと、じっくりと観察したら、日本人カップルは、10組くらいいた。
僕はピンと来たね。
個人旅行のカップルが、アテネからイスタンブールへのフライトに、こんなに乗るはずがない。
つまり彼らは、ツアーに参加した、新婚旅行カップルだったわけだ。
新婚旅行のカップル専門のツアーなんて存在しないだろうが、待合室には、ツアーに一人参加という雰囲気の日本人はいなかった。
ただ、日本人の女性の友達同士、それから高年齢の夫婦も一組いたかな。
新婚旅行カップルが、二人だけの世界に閉じこもって、あちこちに座っていた。
僕はこの経験から、「新婚旅行カップルがほとんどのツアーというのもキツイね」という「世界旅行法則」を思いついたんだ。
例えば、20人くらいの普通のツアーに、新婚カップルが一組だったら、ベストだろうね。
みんなから話しかけられて持ち上げられて、冷やかされて、楽しいだろうね。
人生の先輩からは、結婚生活の秘訣を教わったりできるし。
でも、ツアー参加者のほとんどが新婚旅行客だと、これは大変だよ。
ツアーというのは、どういう参加者がいるか、わからないのが問題なんだよね。
変な人が一人参加しているだけで、ツアー全体がいやな雰囲気になることもある。
特に最近は、高年齢者で精神的に問題のある人も、簡単に海外旅行に出るからね。
ツアー会社では、トラブルを起こしたツアー参加者のブラックリストが出回っているらしいが…。
この時代、アテネの空港の乗客をターミナルへ運ぶバスは、乗客を乗せた車をトレーラーで引くようなスタイルだった。
飛行機は、だいたい時間通りに離陸し、1時間ちょっとのフライトで、午前10時ごろにイスタンブールへ到着。
入国手続きは問題なく、空港からバスに乗って、新市街のほうにあった「シティエアバスターミナル」へ到着。
このバス料金が、700トルコリラ。
1トルコリラは0.1円と考えるので、70円。
いやに安い気もするが、ノートにそう書いてあるので正しいと思う。
空港からのバスの中で、オーストラリア人の女の子2人と話をしていた。
彼女たちは、(いま思えば)旧市街のグランバザールの手前付近で、バスを降りた。
僕はガイドブックなしにイスタンブールへ到着した。
アテネで会った日本人旅行者の、イスタンブールの簡単な地図以外ないのだから、市街地を通っていると、まったくどこにいるかわからない。
だから、旧市街を通り過ぎて、新市街まで、バスの終点まで乗っていた。
まだ朝だし、焦ることはない。
ガラタ橋を渡るときに、位置関係ははっきりと理解できた。
モスクの塔の林立しているのが旧市街、ガラタ橋を渡って、新市街へ入ると、そこは新しく発展しているビジネス街。
右手にボスボラス海峡が見えて、その向こうはアジアだ。
僕は、アジアとヨーロッパの出会う伝説の町イスタンブールへやってきたんだ!、
バスの終点は、新市街のガラタ塔近くにあった。
トルコ航空オフィスだったと思う。
僕の頭の中で、イスタンブールの位置関係が明確になった。
バスを降りて、バックパックを背負い、歩き出す。
ガラタ橋を越え、シルケジ駅前を通って、スルタンアフメットの歴史地区へ。
景色を見ながらゆっくりと歩いていったので、1時間くらいかかった。
この時代、アヤソフィアの前に、観光案内所のブースがあって、英語を話す女の子がいた。
ホテルの相談をすると、「オプティミストゲストハウス(OPTIMIST GUEST HOUSE)」を紹介してくれる。
この宿の場所は、スルタンアフメット地区のヒッポドロームのすぐ近くで、とても便利なところ。
ただ、僕の部屋は、二段ベッドが2つ入った4人部屋を一人で使って、1万4千リラ(つまり千4百円)。
部屋を一人で使うといっても、机も椅子もないので、居心地が悪い。
トイレに行くと、「トイレットペーパーを流さないで、ゴミ箱に入れてください」との注意書き。
宿のおばさんも、ちっとも「オプティミスト(お気楽)」な感じがない。
これは失敗したなと、今日中に、別のホテルを見つける覚悟を決める。
でもとにかく、バックパックを部屋において、外へ飛び出す。
だって僕は、いま、あの伝説の都、イスタンブールにいるんだから(笑)。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx