asia
東アジア 東南アジア 南アジア 西アジア 中央アジア
日本 韓国 北朝鮮 ベトナム カンボジア タイ
インドネシア ラオス
ビルマ(ミャンマー)
シンガポール
ブルネイ マレーシア
インド(india)
パキスタン
ネパール ブータン
バングラデシュ
スリランカ モルジブ
アフガニスタン
イラン トルコ シリア
ヨルダン イスラエル
レバノン イエメン
ウズベキスタン 
タジキスタン
カザフスタン
中国 チベット シルクロード
旧満州 桂林 香港
アジア横断旅行1999
タイ・カンボジア・ベトナム駆け足旅行記(1994)
北朝鮮旅行記(1997)
アジア超特急地獄旅行(1999)
メコンを越えてラオスへ(2000)
大阪から上海、バンコクへ(2002)
タイ、インド、カンボジア旅行記(2005)
桂林、陽朔大冒険旅行記(2006)
西インド旅行記(2007)
イスタンブールからカイロ(カイロからイスタンブール)への旅
イスタンブールからカトマンドゥ(カトマンドゥからイスタンブール)への旅
韓国 
ソウル 【韓国人は日本人と見たら焼酎の値段を誤魔化しても当然と考え、反日映画に拍手する人たちだった】
明洞(Myondon) 【ソウル一番の繁華街を歩くと、すぐに韓国女性を紹介するというおじさんが声をかけてきて、しかも無駄にシツコイ】
梨泰院(Itaewon) 【梨泰院では、怪しい品物がボッタクリ値段で、客を乗せたバスの運転手はタクシー運転手を殴る】
慶州仏国寺 【韓国人の高速バス運転手は追い抜かれるのがいやだから、高速道路をぶっ飛ばしては急ブレーキを繰り返す】
石窟庵(Sokkuram) 【慶州では、日本人だと見ると昼間はぼったくられ、夜のホテルには女性からの電話がしつこく鳴って止まらない】
釜関フェリー@釜山/韓国(世界一周旅行の定義/韓国人の担ぎ屋オバちゃんと米国人英語教師と会って人種民族問題を考える)
北朝鮮 
北朝鮮旅行記 【世界旅行者は名古屋から高麗航空機で平壌へ直行して、興味深いツアーの一団と北朝鮮を観光する】
中国 
香港
重慶マンション 【香港の中心に建つ重慶マンション、安宿と旅行代理店、両替所があって、旅行者にはとっても便利だけれど】

「チョンキンロッジ」に泊まる 【重慶大厦で、インド人の若者に声をかけられて、Chungking Lodgeへ宿泊しました】
重慶大厦(チョンキンマンション)1階で 【チョンキンマンションの一回で写真を撮った】
ラッキーハウス@上海道/九龍/香港 【香港の有名な日本人宿ラッキーハウスへ潜入しました】
「ゴダイゴゲストハウス」@彌敦道(ネイザンロード)/九龍/香港 【ラッキーとゴダイゴは伝説の日本人宿だそうだが…】
「Park Guest House」@重慶大厦/尖沙咀/香港
日本の輸出品はエッチコミック 【ネイザンロードで見つけた翻訳コミックを読んで、日本のコミックの人気を考える】

「Regal Airport Hotel」@Hongkong International Airport/ Hongkong
みど先生は言った「旅人にはベッドと食事の他に、ビールが必要だ」と
広州
白天鵝賓館 【香港から鉄道で広州に入った僕は、2006年1月金正日総書記が泊まった白天鵝賓館の中を歩いたことがある】
香港国際空港から広州駅へ(1) 【香港国際空港から広州の中国大酒店行きのバスに乗る】
香港国際空港から広州駅へ(2) 【バスは香港から中国の入国審査を済ませて、広州へ。そこで思いがけないトラブルが…】
中国南方航空に救われる@広州/広東省/中国
食は広州にあり@KFC/広州駅前 【広州のケンタッキーフライドチキンはおいしいという話】

北京
燕京号に乗船 【神戸から天津への2泊3日のフェリー燕京号に乗り込むとき、船をバックに写真を取ってもらった】 
燕京号のチェックイン 【燕京号に乗ると、タスキをかけた中国人美女が部屋まで案内してくれた】  
京華飯店を探検し、両替の本質を論じ、庭のレストランで燕京号仲間でチンタオビールを飲んで、大いに盛り上がる
京華飯店で両替をして、バスで北京西駅へ向かうと、中国人のおばさんがタクシーに乗せてくれた
天安門広場 【北京へ来たら天安門広場。これが定番。でも夏休みのせいか、中国人観光客も多かったなー】  
天壇公園の圜丘 【町を歩くのが個人旅行の基本。世界旅行者は故宮から北京を南北に歩いて天壇公園を通り抜けて京華飯店へ】
司馬台長城 【京華飯店に泊まったら、司馬台長城へのツアーがあったので、日本人旅行者を誘って参加しました】 
京華飯店からの「司馬台長城ツアー」に参加@北京/中国
成都駅にて 【美人女子大生外見純子嬢と2泊3日の列車に乗って、北京西駅から成都駅に到着しました】
麻雀をするお姉さんたち 【成都の交通飯店で翌日のラサ行きのツアーに申し込んで成都を歩くと、道端でお姉さんが麻雀をしていた】 
チベット
成都からポタラ宮へ 【成都の交通飯店でラサへのツアーに参加して、ラサに到着して宿を決めるまでの詳細なレポート】
高山病にかかったが、キレーホテル(吉日旅館/Kirey Hotel)で寝て回復する@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)
ラサ市内ツアーに参加して、ポタラ宮殿(Potala Palace)へ@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)
ポタラ宮殿(Potala Palace)からポタラ宮広場(Potala Square)を見下ろしてチベットの漢族支配を考える@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)
ポタラ宮の内部 【ポタラ宮の中はとにかく人が多くて、階段を登るのにも押し合いへし合い。いまは入場制限があるとか】 
ポタラ宮の前で、外見純子さんに撮ってもらった写真を「大人の海外個人旅行」のオビに使った話
ポタラ宮からラサ(Lhasa)バスターミナルへ歩いて、ゴルムド行きのバスを調べる@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)
デブン寺(Drepung Monastery)でお坊さんの台所風景を見る@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)
大昭(ジョカン)寺(Jokhang Temple)で五体投地を見る@ラサ(Lhasa)/チベット(Tibet)
バカ旅行雑誌に騙された若者たちのポスター 【ラサの安宿の掲示版には旅行中に行方不明になった若者のポスターが貼ってあった】 
セラ寺 【世界旅行者は1人で河口慧海が修行を下というセラ寺に行って、バターを灯明に入れて祈る 
チベット高原にて 【ラサからゴルムドへ、悪名高い寝台バスに乗ると、チベット高原ですぐにトラブル】
ゴルムド
ゴルムド(Golmud)市人民政府招待所にチェックイン@ゴルムド/青海省/中国
男が1人でホテルに泊まってると、夜にドアがノックされたりする@ゴルムド市人民政府招待所/ゴルムド
おいしい中華料理を頼みすぎて、食べきられずに苦しむ@格爾木(ゴルムド)市/青海省
ゴルムドから敦煌へ12時間のバス旅(上)@青海省〜甘粛省(海外旅行に適した体質と体型について)
ゴルムドから敦煌へ12時間のバス旅(中)@青海省〜甘粛省(タクシー運転手が10元札を突き返した理由は…)
ゴルムドから敦煌へ12時間のバス旅(下)@青海省〜甘粛省(敦煌の夕方、なかなか暗くならない秘密を教えます)
敦煌 
五輪賓館(Five Circles Hotel)にチェックイン@敦煌(Donhuang)/甘粛
敦煌故城で兵士のコスプレをする@敦煌/甘粛省/中国
白馬塔(White Horse Dagoba)@敦煌/甘粛省/中国
鳴沙山(Mingshashan)へ@敦煌/甘粛省/中国
世界旅行者が鳴沙山(Mingshashan)に登った理由@敦煌/甘粛省/中国
月牙泉 【日本人留学生の女の子のお尻を見上げながら鳴砂山に登って、月牙泉へ降りる】 
莫高窟 【莫高窟の日本語ツアーに参加すると、特別窟に案内されて、ボッタクリ料金を払わないと追い出される】 
柳園駅で当日夜の軟臥切符をゲット@甘粛省/中国
トルファン 
高昌賓館(Gaochang Hotel)に泊まって昼寝する@トルファン/中国
【トルファン1日ツアー】蘇公塔/Emin Minaret@トルファン/中国
ベゼクリク千仏洞(Bezeklik Thousand Buddha Caves)@トルファン/中国
高昌故城@トルファン/中国
アスターナ古墳群 【あまりにセコイので金を返せと怒るイタリア男。世界旅行者はミイラの写真を取ったのでどちらがオトクかな?】 
火焔山 【トルファンの一日ツアーに参加すると、一直線の道路の脇に火焔山の撮影ポイントがあった】 
交河故城 【川が交わる絶壁の大地の上にある交河故城に入ると、砂嵐が吹いて、ひとりぼっちになる】  
紅山賓館 【ウルムチの近くにはアジア中心モニュメントがあるって知ってた?】 
カシュガル
ウルムチから、新疆航空XO9903便で、カシュガルへ飛び、エイティガール寺院でゴロゴロする@カシュガル/新疆ウィグル自治区/中国
カラコルムハイウェー 【カシュガルからまずタシュクルガンへ。バスをカラクリ湖で降りる人もいたっけ】 
道路が寸断されて 【カシュガルから、クンジュラブ峠をこえてパキスタンのスストへ、これが大変だ】  
クンジュラブ峠にて 【クンジュラブ峠に来たら、どのバスも一応は停車して、記念碑前で写真だよ】
上海
(新鑑真号にて)日本人旅行者分類、タイプT−3 カメラマン 【新鑑真号で日本人旅行者と出会い、タイプ別に旅行哲学する】
新鑑真号デッキから上海テレビ塔 【大阪から上海への新鑑真号で上海へ到着し、デッキで上海テレビ塔をバックに写真を取る】 
浦江飯店 【バックパッカーが上海へ着けば、浦江飯店に泊まるのが定番だった。】
浦江飯店 【改装してバックパッカー用のドミが消滅したが、歴史的なホテルなので安いツィンに泊まるのもいいかもよ】
船長青年酒店 【浦江飯店のドミがなくなれば、このホテルのドミが人気になるだろうが、キャパが足りないかも。予約がオススメ】
バンド/上海 【上海のバンドには、古いビルが立ち並んでいて、川向こうの近代的ビル群との対照が面白い】 
バンドを歩く 【上海駅から雲南省昆明への列車に乗るために、地下鉄を利用するが、地下鉄駅まで歩く】 
アダルトショップ 【上海の南京東路にアダルトショップを発見して、その日本語表示を哲学する】
雲南省
雲南高速バス 【雲南省昆明から、大理、麗江へと長距離バスに乗ったが、このバスはとてもちゃんとしてたよ】 
ペー族のガイドさん 【ペー族の女性は働き者。大理の公園で日本からのツアーの案内をしていた】 
下関長距離バスターミナル 【大理の長距離バスターミナルは下関にあって、隣にはホテルもある】 
中国東北地方(旧満州) 
大連賓館 【2003年9月1日、中国の短期滞在ビザが不要になった。するとその日に大連賓館へ泊まる世界旅行者。さすがだね】 
大連賓館414号室  【大連賓館の部屋はなかなかよかった。建物は昔のまま満州国時代の「大和ホテル」だ】 
龍門大廈 【ハルビンの大和ホテルは伊藤博文が安重根に暗殺されたハルビン駅のどまん前にあるが】 
ハルビン中央大街 【昔のハルビンはシベリア鉄道でヨーロッパへとアジアをつなぐ国際都市だったという話】 
春諠賓館 【満州国の首都「新京」現在の長春で「長春偽満皇宮博物院」つまり、満州国皇帝溥儀の家へ行こうとするが…】 
長春駅遠景 【昔の「新京」の大和ホテル、春誼賓館に泊まると、部屋の名前にも昔が偲ばれる】
遼寧賓館 【昔の奉天、現在の瀋陽の中山広場のロータリーに面して立つのが、これも大和ホテルの遼寧賓館】 
「9・18歴史博物館」 【奉天郊外の柳条湖の満鉄線を関東軍が爆破し、満州事変を起したその9月18日を記念した博物館を見る】
『瀋陽故宮博物院』@瀋陽/遼寧省/中国
『老辺餃子館で餃子を食べて、瀋陽北駅に行くと、吉野屋を発見』@瀋陽/遼寧省/中国
東鶏冠山保塁 【日露戦争の旅順攻略戦、日本軍はロシアの要塞に対しての無謀な白兵突撃で、膨大な死者を出したその跡】  
『203高地の「爾霊山」の塔を見て、旅順港を望む』@旅順/遼寧省/中国
水師営会見所 【水師営会見所の向かいのお土産屋さんには、バイアグラ、中国製バイアグラが並んで売られていた】
大連港埠頭 【大連港の埠頭は、昔はいろんな日本人が通ったことだろう。今は中国への船が出るだけだ】
旅順ツアーのあと、「終結者3」を見て、大連港湾局ビルの屋上へ@大連/遼寧省/中国
マカオ 
マカオ旅行記 【香港のフェリーターミナル、フランスと日本の美女2人を引き連れて、マカオで豪遊する予定だったがなぜか1人に
桂林、陽朔
海外から絵葉書を送る@陽朔/中国 【世界旅行者が2006年に桂林、陽朔の旅に出た理由は絵葉書を出すためだった】
桂林後街国際青年旅館(Guilin Backstreet Youth Hostel) 【桂林の川沿いのシェラトンホテル横にユースを発見】
正陽歩行街を歩く@正陽路(Zhengyang Lu)/桂林
桂林の夜、各種日本語使いの人々との出会い 【桂林の歩行者天国を夜歩くと、日本語でいろいろと話しかけられた】
鑫魚鳥酒店(King Fisher Hotel) 【客引きに連れて行かれた陽朔のホテルで3泊を理由に値切る】
日本人旅行者と@リサカフェ(Lisa’s Cafe)/西街/陽朔 【リサカフェで日本人旅行者を見つけて、旅の情報を交換した】
「桂林陽朔西街国際青年旅館」でバスの切符を買う 【香港からの帰国便に間に合うためには夜行バスに乗らなければならなかった】
中国銀行は外国人に意地悪して楽しむ 【陽朔の中国銀行で、パスポートのコピーを自分でとってくるようにと要求された】
世界旅行者が鵜飼いになる@リ(シ離)江河岸にて/陽朔
サイクリングでうろうろ@陽朔 【陽朔はサイクリングで回るのがいい。日本人旅行者の計画にコバンザメ式旅行法をつかう】
月亮山@陽朔(1)

ベトナム
ラオカイ国境にて 【中国の河口から橋を渡って、国境を越えてベトナムへ入国して、国境をバックに写真を取る】 
サパへの山道 【オランダ女性と世界旅行者は一緒のマイクロバスでラオカイからサパへの山道を走り、崖崩れで一休み】 
サパの広場 【サパはフランス人の避暑地だったらしく、高級ホテルもあるのだが、バックパッカーが向かうのはサパの広場だ】
ハノイのイケメンホテル 【サパからハノイへ到着が朝の4時、夜明けまで待って歩いていたら、イケメンホテルを発見した】 
レーニン像 【ベトナムは現在も社会主義国家だ。広場にレーニン像が立ってるし、ホーチミンは遺体を公開しているしね】 
ハノイはシンカフェだらけ 【ハノイの安宿街を歩くと、目立つのが、ネットカフェと旅行代理店。どこもシンカフェの看板を出している】 
ハロン湾ツアー 【海の桂林と呼ばれるハロン湾ツアーがハノイからの定番観光コースだ】 
ハロン湾のボートは二階席が景色がいい 【ハロン湾のボートは、二階席で見るのがいいが、案外とすぐ飽きるかもね】
「世界三大保存遺体」のひとつ、ホーチミン廟@ハノイ/ベトナム
フエのビンジャンホテル 【フエには有名な日本人宿、「ビンジャンホテル」があるが、「ビンジャン2」もあるので注意すること】
フエのシンカフェ 【フエの通りにはシンカフェがあって、ここでいろんなツアーに申し込めるが、ホテルでも大丈夫だよ】  
フエの王宮 【フエの王宮はベトナム戦争のテト攻勢でかなり破壊されたが、それよりも破壊的なのは外国人の入場料だった】
ランコービーチ 【フエからホイアンへのツーリストバスがビーチで停車したら、そこはランコービーチだった】 
フエからハイヴァン峠を越えてダナン経由でホイアンへ着き、日本橋を見る@ホイアン/ベトナム 
ホイアンには観光客向けの小さな店がたくさんありました(提灯屋とネットカフェ)@ホイアン/ベトナム
川の上のレストラン 【ホイアンの川の上にレストランがあって、そこで日本人旅行者と飲むと、雨が降り出した】 
「HAI YEN HOTEL」 【ベトナムのビーチ・ニャチャンの海岸通にちょっと古いが居心地のいいホテルがあったよ】
「LIBERTY3 HOTEL」 【ホーチミンシティのファングーラオ通りにツーリストバスが止まった横のホテルを値切った】 
サイゴン(ホーチミンシティ)を歩く 【ファングーラオから、ベンタイン市場、レックスホテル、市民劇場を通って、ドラエモン食堂へ】
ベトナム製「Lonely Planet」@ホーチミンシティ/ベトナム
「一期一会」 【ホーチミンの日本人宿として有名だった「一期一会」へ顔を出しました】 
ホーチミンシティのシンカフェ 【ベトナム旅行は本当に簡単で楽。ただシンカフェに行って相談すればいいだけだ】 
シンカフェの朝の混雑 【シンカフェからはたくさんのツアーバスが出るので、シーズンの朝はバスを待つ人で混雑します】
ホーチミンシティの中央郵便局 【ホーチミンシティの中央郵便局の建物や内装は観光名所です】 
カンボジア
カンボジア/Cambodia
ホーチミンシティからプノンペンへの国境越え 【ホーチミンシティからプノンペンへ、陸路で国境越えをする詳細レポート】
カンボジア一周旅行記(2005)【2005年に、ポイペト、シェムリアップ、プノンペン、シアヌークビル、ココンと一周した話】
キャピタルホテルは、キャピトルホテルか? 【CAPITOLの発音について、英語ペラペラの世界旅行者がウンチクを傾ける】
キャピタルホテルのレストラン 【キャピタルホテルのレストラン、ここがバックパッカーが集まり話すバックパッカーパラダイスだ】
つうちゃん食堂の怪しい中年男集団 【キャピタルホテルのすぐ近くに、怪しい中年男集団が集う変な食堂があった】
プノンペン中央郵便局の恐ろしい秘密 【実はプノンペン郵便局の1994年の恐ろしいヒミツは、2002年も続いていた】
豪華ボート 【プノンペンからシェムリアプへ、日本製のボートに乗った世界旅行者は、このボートはすぐにダメになると予言した】
「White Dolphin」@トンレサップ川〜シェムリアップ/カンボジア
「White Dolphin」でモンキーダンス@トンレサップ川〜シェムリアップ/カンボジア
チェンラホテルを正面から見る 【シェムリアプの日本人宿といえば、チェンラ。世界旅行者は1994年にも泊まったことがある】
タケオゲストハウスの内部のホール 【シェムリアプの有名な日本人宿タケオ、ここはとても居心地がよかったが、新築した?】
旅先で本を読む@カオサン通り/タイ & タケオ/シェムリアップ/カンボジア
アンコールワット(1)アンコールワット前で 【アンコールワット、この世界遺産は世界旅行者もオススメです】
アンコールワット(2)旅先で友達を作る 【カンボジア国境、キャピタルレストランで知り合った人と一緒にアンコールワットへ♪】
アンコールワットの想い出 【世界旅行者は1994年にアンコールワットを訪れて、バイヨンである少年と出会った】
【アンコールワットまとめ】海外旅行が好きならば、なるべく早くアンコール遺跡群を見たほうがいい
チェンラで会った女の子 【旅をしただけでは本当の旅ではない。旅に心を開かなければ。世界旅行者はそれを教える】
シェムリアプからポイペトへ 【シェムリアプからバンコクへのツーリストバスの遅さは信じられなかったが、理由があったんだ】
タイ 
カオサン通り(Thanon Khao San)の想ひ出(写真集)@バンコク/タイ
旅先で本を読む@カオサン通り/タイ & タケオ/シェムリアップ/カンボジア
マレーシアホテル 【最初のインド旅行の途中、機内で知り合った美男美女を誘って、マレーシアホテルに泊まった】
オリエンタルホテル 【インド帰りに、そのころ世界五大ホテルのひとつといわれていたオリエンタルホテルに宿泊した話】
パタヤ 【きれいな女性と、一流のロイヤルクリフビーチホテルに泊まっていても、心はビーチの安いバーに飛んでいた】
楽宮ホテル 【谷恒生の「バンコク楽宮ホテル」で有名になった伝説の宿に、もちろん世界旅行者は足を踏み入れていた】
バンコクセンターホテル 【ホアランポーン駅前で1泊2600円で東京のシティホテル並みの部屋で、ビュッフェの朝食付き】
黄金仏 【ホアランポーン駅近くのワットトライミットには、5.5トンの金無垢の仏様があるよ】
カオサンのホテル 【カオサンのホテルは値段の割りに高いし、部屋が狭いから、別のところへ泊まったほうがいいかもしれない】
女子大生さんたちと@カオサン 【世界旅行者はエアインディアの機内で隣になった美人女子大生さんたちとカオサンで再会した】 
カオサンで女子大生さんと 【世界旅行者はエアインディアの機内で知り合った女子大生さんにカオサンで声をかけられた】
ホアランポーン駅 【バンコクのホアランポーン駅を多くの旅人が過ぎ去っていった。そして、もう二度と戻ってこない】 
ホアランポーン駅から1等夜行寝台列車でラオス国境の町「ノンカーイ」へ
『ホアランポーン鉄道駅からバックパッカーストリートのカオサンまで歩いたら55分かかった』
てっちゃん 【ホアランポーン駅横の屋台のひとつで、てっちゃんと会って、楽しく話をしました】
ワットアルン 【タイに来たら、だいたいは最初にワットアルンを見る。だからワットアルンを見ると、若かったときのことを思い出す】 
国立競技場駅前のホテル 【マレーシアホテル周辺、中華街周辺、カオサンを経験した世界旅行者は国立競技場前のホテルを調査】 
ジュライホテル 【人はなくなったものを懐かしみ伝説が広まるが、現実はたいしたものじゃない。伝説のジュライホテル】 
国際学生証 【長期旅行者はまともな学生であるはずがない、つまり長期旅行者の学生証はニセモノだ(笑)】 
アユタヤ 【ホアランポーン駅から鉄道でアユタヤへ行き、自転車で観光した記録。日本人町へ行くかどうかが問題かも(涙)】
コサメット(サメット島) 【サメット等に行くバスと船の中で欧米人中年男性と現地女性のカップルを観察して旅行哲学する】
ノンカイの友好橋 【バンコクホアランポーン駅から夜行寝台列車でノンカイへ到着し、すぐに友好橋を渡ってアライバルビザを取る】
マレーシアのランカウイ島からタイのサトゥンへの船での国境越え@ランカウイ/マレーシア
『カオサンのMPツアーで、バンコクから成田への片道航空券を8100バーツ(24000円)で買う』@カオサン通り/バンコク/タイ
ラオス 
ビエンチャンモニュメント(アーヌ・サワリー) 【ビエンチャンを歩き出して、観光案内所で日本人の若者とあって夕食に誘ったが】
ビアラオと旅行情報ノート 【ビエンチャンの安食堂でフランスパンを食べて、ビアラオを飲んで、旅行情報ノートを読む】
プーシーホテル 【ルアンプラバンのシニアボランティアの方の家に宿泊したあと、町のど真ん中のプーシーホテルに泊まった】 
プーシーの丘 【ルアンプラバンのお寺を見て回って疲れた世界旅行者は、プーシーの丘に登ってメコン川を眺めた】
ルアンプラバンからバンコクへ飛ぶ 【ルアンプラバンからビエンチャンへ飛んで(55ドル)、そこからさらにバンコクへ(70ドル)】
シンガポール 
ラッフルズホテル 【インドネシアのバタム島から船でシンガポールに入ると日本女性の旅行者を見て服のきれいさに感動】
マレーシア
『シンガポールからマラッカへ着いて、モスク、中国寺、ヒンズー寺院で祈る』@マラッカ/マレーシア
『キリスト教会で祈り、砦、博物館へ行って、バックトゥーザフューチャー2を見て、明日のバス切符を買う』@マラッカ/マレーシア
マラッカからクアラルンプール、クアラルンプールからペナン島へ1日で移動する@クアラルンプール/マレーシア
ペナン島へのフェリー 【マレー半島縦断 シンガポールからバスを乗り継いでペナン島へ】 タイのビザを取る本は旅をする
ハジャイ 【マレー半島縦断 ペナン島からバスでハジャイ、ハジャイから夜行寝台でバンコクへ】
ニアケイブ 【マレーシア、ボルネオのミリにいたとき、ニアケイブへのツアーに参加した体験談】 
マレーシア航空ファーストクラス搭乗記 【クアラルンプールから成田へ、ファーストクラスへ乗ったときのお話】
マレーシアのランカウイ島からタイのサトゥンへの船での国境越え@ランカウイ/マレーシア
マレーシアに老後海外移住して失敗した日本人夫婦の話を聞いて、日本人のあり方を哲学する
ブルネイ 
ブルネイ国境を越える【マレーシアのミリからブルネイのスリアへ】
インドネシア
バリビーチホテル 【世界旅行者が結婚していた時、ツアーでバリに行って、バリビーチホテルへ泊まったときの想い出】
クパン 【オーストラリアへ片道切符で入国し、また片道切符でオーストラリアのダーウィンからインドネシアのクパンへ飛ぶ】 
デンバサールからクタビーチへ、欧米人旅行者とタクシーを相乗りする。
プランバナン遺跡 【空港でインドネシア音楽を勉強している女子大生とタクシーをシェアし、プランバナン遺跡を見る】
ボロブドール遺跡 【ジョグジャカルタの町から、ローカルバスを乗り継いでボロブドール遺跡へ】
ビルマ(ミャンマー)
ラングーンの雨の通り 【ビルマの雨季は本当に雨が多くて、観光客もいなかったので、1人で観光バスに乗った】
インヤレイクホテルとストランドホテル 【1980年ごろはともに20ドル程度のホテルが今や片方はボロボロ、一方は豪華ホテルに】
ブータン
ブータン情報 【ブータンについて考えてみました】
ネパール
カトマンズ 【女子大生さんを病院に入院させたあと、カトマンズゲストハウスに滞在して、貸本屋で本を借りて読んでました】
バラナシ 【ネパールのポカラからスノウリ経由で、バラナシへ到着。さっそくガンガーへ飛び込んで沐浴しました】 
イスタンブールからカトマンドゥ(カトマンドゥからイスタンブール)への旅
バングラデシュ
インドへ向かう日本人旅行者の皆さんと一緒に、ダッカで一泊する@ダッカ/バングラデシュ
インド 
インド旅行記(2005)
西インド旅行記(2007)
世界旅行者の最初のインド旅行の行程(1984)
インドビザは日本で取るのがい 【2005年春の東京九段のインド大使館でのビザゲット詳細報告】
インド大使館の一時移転(Temporary)(2007/06/04-???)
『デリー、バラナシ、アグラ、ジャイプールを日本出発から帰国日を含めて6日で旅する旅行計画』
『デリー、アグラ、ブッダガヤー、バラナシを日本出発から帰国日を含めて5日で旅する旅行計画』
『デリー、アグラ、ジャイプールを鉄道/バスで短期間に旅する計画』@インド
『僕が旅したインドの町や村』

バラナシ 【ネパールのポカラからスノウリ経由で、バラナシへ到着。さっそくガンガーへ飛び込んで沐浴しました】 
カジュラホ 【バーラナシーから鉄道とバスを乗り継いで、ミトゥナ像(男女合歓像)で有名なカジュラホへ到着】
アグラフォート 【アグラフォートで写真を取って、タージマハルへ歩くと、しつこいリキシャーマンが離れない。つい乗ったら…】
『デリーからジャイプールへのバスに乗ると、降りそこなって、トラックをヒッチハイクして、ジャイプール駅へ』ジャイプール/インド
ジャイプール 【ジャイプール駅の床で寝て、24時間制ホテルにチェックイン】
カラングートビーチ 【ゴアのカラングートビーチで泊まって、ビーチを歩いていると、砂浜にお墓がありました】 
アンジュナビーチ 【ゴアの有名なヌーディストビーチ・アンジュナビーチへ。もちろん全裸になって、写真も取りましたよ】 
バックウォーターボート 【アレッピーからクイロンへ、バックウォーターという水路を小さな船で通りました。】 
コバラムビーチの宝石屋 【南インドのトリバンドラムからバスでコバラムビーチへ行って、知り合った人たちと夕陽を見ました】 
ハンピ 【インドの南部カルナータカ州には、ハンピという世界遺産があるらしいですが、普通は行かないよね】
ポンディシェリー 【旧フランス領なのでフランスの雰囲気のある南インドの町】
ブバネシュワール駅で必死でトイレを探して、リキシャーとバスでプリーへ@オリッサ州/インド
インドでビールを飲む(No beer, No life)@インド

インドからスリランカへの船旅[Rameswaram(India)-Talaimannar(Sri Lanka) ferry]

スリランカ 
ヒッカドアビーチからゴール要塞へバイクで飛ばす@ゴール/スリランカ
ゴール 【世界旅行者は、ヒッカドアビーチでバイクを借りて、ゴールまで海岸をぶっ飛ばして往復したことがあったね】 
ヒッカドゥアビーチ 【ヒッカドゥアビーチへの列車で、駅へ着く直前に客引きに声をかけられて民宿へ行った】
ホテルニッポン 【コロンボにホテル日本という宿があった、泊まった日に、ゾウ祭りがあり、ゾウの行進を見たよ】
クイーンズホテル 【キャンディの由緒ありそうなホテルに飛び込んだら、たった12ドルですごい部屋をもらったよ♪】
インドからスリランカへの船旅[Rameswaram(India)-Talaimannar(Sri Lanka) ferry]
モルジブ
パキスタン 

クンジュラブ峠にて 【クンジュラブ峠に来たら、どのバスも一応は停車して、記念碑前で写真だよ】

ヒルトップホテル 【フンザ、カーリマバードの有名なヒルトップホテルに泊まったら、長谷川恒夫氏のポスターを見る】

『ススト(SOST)からフンザバレー(Hunza Valley)へ』(フンザの風景写真)

『カーリマバードからギルギットへ、谷間をジープでぶっ飛ばす(汗)』

ギルギットのバスターミナル 【フンザの中心都市、ギルギットからラワルピンディへの道が崖崩れで通れないとの情報】 

『カーリマバードで写真を取ってもらった、日本人金髪学生くんとギルギットで再会する』

ギルギットで香港女性カルメンが男性のまなざしに恐怖する(パキスタンの方がイランよりも、女性にとっては危険かも)

ギルギットを出たら、すぐにがけ崩れ@ラワルピンディへの山道/パキスタン

シャー・ファイサル・モスク 【フランス人会計士のチェリッシュくんと、イスラマバードで世界最大?の現代的モスクを見る】 

ペシャワールでビールを飲む 【ペシャワールの最高級ホテルパールコンチネンタルホテルのバーGULLIBARでビールを飲んだ】

『ローズホテル413号室の夜はもメチャクチャ暑かった。なぜ、部屋代を安くしてくれたのか?』

『人が生きるのは、一日の終わりにビールを飲むため』@ABBASEEN EXPRESS/ペシャワール/パキスタン

『最初の一日、なんと一等寝台なのに6人部屋で寝具もない』@ABBASEEN EXPRESS/パキスタン

『ABBASEEN EXPRESSで、警察官に鋭く追及されたが、世界旅行者は余裕でかわす』@パキスタン

『世界旅行者は、真夜中に列車を降りてモヘンジョダロへ行くかどうか、考える』@パキスタン

『ABBASEEN EXPRESSから乗客が姿を消し、コンパートメントを独り占めして、高原の風に吹かれてクエッタへ』@パキスタン

クエッタエクスプレス 【ペシャワールからクエッタへ、2泊3日のクエッタエクスプレスは、コの字型にベッドがある奇妙な客車だった】

【旅行哲学】『旅がすばらしいのは、解決するものはその場で解決するってことだ』@クエッタ/パキスタン

『クエッタで「HOTEL BLOOM STAR」に泊まって、イラン行きの情報を集める』@クエッタ

『イラン国境へのバスの切符を買い、イランリアルへの両替を済ませる』@クエッタ/パキスタン

『クエッタを出たバスに揺られ、一晩を過ごして、早朝にイラン国境手前で休息をとる』@タフタン/パキスタン

クエッタからイラン国境へのバス 【クエッタからバスに乗って、イラン国境へ。ここは部族地帯を通るので危なかったらしい】

『朝一番で、タフタン(パキスタン)からミールジャーベ(イラン)の国境を超えたが、何にもない』

アフガニスタン
バーミヤンの石窟 【昔のメインルート「アジアハイウェー1号線」、はカイバル峠、カブール、カンダハル、ヘラートを通っていた話】
イラン
『世界旅行者のイラン旅行記(1999)について』

『朝一番で、タフタン(パキスタン)からミールジャーベ(イラン)の国境を超えたが、何にもない』

1999年のイランリアル両替の実例(イラン入国前)

1999年のイランリアル両替の実例(イラン入国後)

『ミールジャーベの国境からタクシーでザヘダンのバスターミナルへ』@イラン

『ザヘダンから、テヘラン行きのバスに乗って、5時間でバムで降ろされる』@バム/パキスタン

『バムの「バムイン(BAM INN)」に落ち着いて、町を歩くがバムには何にもない(涙)』@バム/イラン

アルゲバム 【世界旅行者は、イラン大地震で崩壊する前のアルゲバムを訪れ、貴重な写真を撮っていた】
アルゲバム 【世界旅行者は1999年のアジア横断旅行のときに、アルゲバムを訪れ「死の町」を1人で歩き神の声を聞いた】
町を歩くとハロー攻撃で、冷や汗びっしょり@バム/ケルマーン州/イラン
『バムの「アルゲバム(ARGE BAM)」を大急ぎで見て、バスに乗って、とっととケルマーンへ』@イラン
『ケルマーン(KERMAN)のアハバーンホテルに宿を決め、町の中心部へ歩き出す』@ケルマーン/イラン
『ケルマーン(KERMAN)を歩いて、イラン人は結構吹っかけることを知る』@ケルマーン/イラン
『バスターミナルへ行ったが、疲れていたので、翌日のバスに乗ると決める』@ケルマーン/イラン
『ホテルの部屋で一日寝て過ごし、夕食時に日本人旅行者に会う』@ケルマーン/イラン
『ケルマーンからシーラーズへ10時間のバスで到着し宿を決め、町を歩く』@シーラーズ@イラン
『シーラーズからエスファハンへの航空券がたった千円って、こりゃ飛行機使わない方がおかしいよ(笑)♪』@シーラーズ/イラン
ペルセポリス 【世界三大ガッカリの候補のトップに入るのがペルセポリス。世界旅行者は道端で止めたタクシーで行った】
ペルセポリス(Persepolis)遺跡の全景写真と、遺跡の印象、交通費、入場料など(1999年8月)
ペルセポリス遺跡に人気がない理由は、もともと崩壊した石材自体がないから(!?)@シーラーズ/イラン
『ペルセポリスへタクシーで往復し、両替して、イラン映画を見て、部屋のエアコンに文句を付ける』@シーラーズ/イラン
『シーラーズからエスファハーン(イスファハン)へ飛行機に乗り、空港と町のタクシー料金に悩む』@イラン
『エマーム広場は、無駄に広くて、ただ疲れるだけとわかった』@エスファハーン/イラン
エマーム寺院 【エマーム広場のエマーム寺院に荷物を預けたら、きっちりと金を半分だけ抜かれた】 
『アジア横断の前半40日間で16万円使ったことを確認する』@エスファハーン/イラン
『エスファハン〜テヘラン、テヘラン〜タブリーズの切符を予約して、ジャーメモスクを見る』@エスファハーン/イラン
『テヘランの空港から乗ったタクシーと話が通じないので、歩いていくと決意して、テヘランの街角で降りる』@テヘラン/イラン
『道を聞いて、夜のテヘランを歩き、親切なアゼルバイジャン人に助けられて、日本人宿「カザールシー」へ』@テヘラン
『テヘランの日本人宿「カザールシー(ハザール・シー、バフレ・ハザル)」には、期待していた日本人旅行者がいなかった』@テヘラン/イラン
日本がサッカーでイランに勝てない理由 【テヘランには信号がない。歩行者はタクシーの流れをかわして渡るのでサッカーが上手になる】
『テヘランを歩き、両替をして、イラン考古学博物館を見て、飛行機でタブリーズへ』@イラン
『タブリーズで、宿を決めて、名所を歩き、寝ようとしたら、目覚し時計を忘れていた』@タブリーズ/イラン
アルゲタブリーズ@タブリーズ 【テヘランから飛行機でタブリーズに入ったが、何もないところだった】 
『タブリーズの宿で蚊が飛び、ダニかノミに攻撃されて一睡も出来ず』@タブリーズ/イラン
タクシーでマークーへ 【タブリーズからバスに乗るつもりだったが、タクシーを一台借り切って、トルコ国境のマークーへ】
マークーイン(MAKU INN)に一泊する@マークー/イラン

イランからトルコへの国境越え@バザルガン/イラン

イランからトルコへ陸路国境越えして、アララット山を眺め、ドグバヤズィットへ/トルコ

トルコ
【世界旅行者みどりのくつしたの4回のトルコ旅行ルート】
トルコ旅行の目次

イスタンブールからカイロ(カイロからイスタンブール)への旅
イスタンブールからカトマンドゥ(カトマンドゥからイスタンブール)への旅

『日本人旅行者からもらったイスタンブールのスケッチだけを頼りに、ガイドブックも情報もなしに、イスタンブールへ突入する』@イスタンブール/トルコ
『トプカプ宮殿(TOPKAPI PALACE)と、グランバザール(GRAND BAZAAR)を見て、絨毯屋と話をして、エリットホテルを発見する)』@イスタンブール/トルコ
『エリットホテル(ELIT HOTEL)に移動して、ブルーモスク、アヤソフィア、地下宮殿、ガラタ橋を見て、じゅうたんバイヤーと話をする』@イスタンブール/トルコ
『タクシム広場、日本総領事館、イスティクラル通り、映画館、ヨーロッパ大陸最古の地下鉄、トプカプコーチターミナル、トルコ旅行計画』@イスタンブール/トルコ
『ボスポラス海峡クルーズ(BOSPHORUS STRAIT CRUISE)も2時間で飽きて、ローカルバスで戻って、ドルマバフチェ宮殿とガラタ塔へ』@イスタンブール/トルコ
『出発を決めた後に、なぜか興味深い人と次々に出会う。でも、出会ったら別れる、その繰り返しが旅というものなんだよ』@イスタンブール/トルコ
医者の卵 【イスタンブールで医者の卵を見つけて、結婚してしまえば、一生楽に暮らせるという話】 
考古学博物館 【写真家・並河萬里氏と、1988年5月1日、イスタンブールの考古学博物館で会いました】
『イスタンブールからネブシヒールへ夜行バスで11時間。まともに眠れず、ネブシヒールで昼まで寝なおす』@ネブシヒール/カッパドキア/トルコ
『ネブシヒールの安宿で昼まで寝て、タクシーを借り切って、2時間程度で軽く地下都市へ行く』@ネブシヒール/カッパドキア/トルコ
『タクシーをチャーターして、カッパドキアの奇岩(fairy chimneys)を見ていると、イランから来た日本女性に会う』@ネブシヒール/カッパドキア/トルコ
『ネブシヒールからユルギュップへ移動して、床屋へ行ったら、みんなの相談で、香港映画のカンフーのヘアスタイルになる』@ユルギュップ/カッパドキア/トルコ
『ユルギュップからアンカラへ移動したが、ホテルに忘れ物をしたので、取りに戻ることにする(神の定めを知る)』@アンカラ/トルコ
『アンカラからユルギュップへ行って、忘れ物をゲットして、そのままカイセリへ移動』@アンカラ〜ユルギュップ〜カイセリ/トルコ
カイセリ 【カッパドキアは大きなバスターミナルがないので、一度カイセリへ出てから、コンヤヘ向かいました。】 
『スティーブンキングの「IT」を読み終わり、女子ハンドボールチームの美人マネージャーにプレゼントする』@コンヤ/トルコ
パムッカレ 【コンヤからデニズリへ8時間、そこからミニバスでパムッカレへ行ったら大事件が起きてしまいました】
エフェス遺跡 【デニズリからセルチュクへ着いて、エフェス遺跡を歩くと、売春宿を発見、旅行哲学して歩く】
マルマリス(トルコ)からロードス島(ギリシア)へフェリーで渡り、バイクでリンドスへぶっ飛ばす@ロードス島/ギリシア

『アレッポから陸路国境越えのバスに乗るが、外貨申告書がないことを摘発される。トルコでイスカンダルを発見してコンヤへ』@アレッポ/シリア〜コンヤ/トルコ
『コンヤの床屋で顔に炎を吹きかけられる。ボスポラス大橋を通るバスから、朝日にきらめくモスクのドームとミナレットを見る』@コンヤ〜イスタンブール/トルコ
『エリットホテル(ELIT HOTEL)にチェックインして、すぐにブルガリアのトランジットビザを取り、ベオグラードへのバスを予約する』@イスタンブール/トルコ
『そのころ有名だったイスタンブールの日本人宿ホテルモーラ(HOTEL MOLA)で、世界一周自動車旅行者と話をして、南米の情報を得る』@イスタンブール/トルコ
『ベオグラードへのバスの切符を買い、イスタンブールでいろんな人と出会ったが、バスに乗ると、席の数が足りなかった』@イスタンブール/トルコ
イスタンブールからブルガリアを通過して、ベオグラードへのバス旅(1988)

『ソフィアからイスタンブールへの二等寝台コンパートメント』@ブルガリア&トルコ
イスタンブールの話(その1)  ホテルエマ(HOTEL EMA)とエリットホテル(ELIT HOTEL)@イスタンブール/トルコ
『自分で歩いて、自分で見て、スタッフをチェックして、値段を交渉して決める』@ホテルモーラ/イスタンブール/トルコ
アヤソフィア 【アヤソフィアの前に立ったら、必ずトルコ人の客引きが話しかけてきて、それから逃れることは不可能です】 
『アヤソフィアに入って、東ローマ帝国時代の金ピカの壁画を見る』@イスタンブール/トルコ
ブルーモスク 【アヤソフィアの前に立ったら、必ずトルコ人の客引きが話しかけてきて、それから逃れることは不可能です】
トプカプ宮殿からボスボラス大橋を望む 【トプカプ宮殿から見ると、ボスボラス海峡を挟んだアジア側、ヨーロッパ側が写真に撮れる】
ボスポラス海峡を、ヨーロッパ側(エミノミュ/EMINOMU)からアジア側(ウスキュダル/USKUDAR)へ往復して、サバサンドを食べる
トルコの世界遺産 イスタンブール歴史地区(スルタンアフメット地区)
CAN(ジャン)レストラン 【スルタンアフメット地区には食堂はたくさんあるけれど、ジャンレストランが粘れて居やすかった】 
トロイの木馬 【イスタンブールからトロイ遺跡へ行こうと思いついて、世界旅行者はとっとと1泊2日で行きました。】
言葉が通じなくても、ジェスチャーをすれば意思は伝わるもの@イスタンブール/トルコ
『グランドバザールへ行って、気になるアクセサリーを見つけたが、交渉に疲れて買わず』@イスタンブール/トルコ
トルコからギリシアへの国境越え@アレキサンドロポリス 【トルコからギリシアへの国境を越えると思いがけない事件がおきる】

アララット山 【イランのマークーからタクシーで国境を越えた時前方に見えた山が、ノアの箱舟が漂着したというアララット山だった】 
ワン湖 【トルコ東部にあるワン(VAN)湖には、恐竜が住むという伝説があったはずだが、見つからなかった】 
チグリス(ティグリス)川(Tigris)を望む@ディヤルバクル(DIYARBAKIR)@トルコ
ガジアンテプ 【イラン以来ずーっと虫に身体を食われていたのだが、ホテルカタンで服をお湯につけて洗ってからよくなりました】
ガジアンテプ散策@ガジアンテプ/トルコ
アンタクヤからアレッポへの国境越え(1)/CNNを見て、日本のメディアを論ずる@アンタクヤ/トルコ
アンタクヤからアレッポへの国境越え(2)/次々とバスを乗り換えさせられて、怪しいバスで国境越え@トルコ
シリア 
エルサレム(イスラエル)からアンマン(ヨルダン)、そのままダマスカス(シリア)へ突入(1988)したが、大切な手続きを忘れていた
『アンマン(ヨルダン)からダマスカス(シリア)へ行き、10軒当って宿を見つけ、日本人旅行者とアムステルビールを飲む』@ダマスカス/シリア
『日本人旅行者2人と、シリアの強制両替、外貨申告書、ヨルダンの日本人入国拒否について語り合う』@ダマスカス/シリア
『静かなウマイヤドモスクの絨毯の上で、ごろごろしていて、眠ってしまった記憶』@ダマスカス/シリア
『ベイルートへ行かず、パルミラへの切符を買って、ウマイヤドモスクで昼寝して、翌日は映画を見る』@ダマスカス/シリア
『ダマスカスからパルミラへ着いて、バックパックをバスに置き忘れて、ゼノビアホテルに泊まる』@パルミラ/シリア
『パルミラ遺跡を見て、ロンドンからカトマンズへのトラックツアに出合う』@パルミラ/シリア
パルミラ遺跡で、オーバーランドツアーに会うと、そこには寂しい日本人中年男性が(涙)@パルミラ/シリア
『パルミラの町で、世界旅行者は、プリズナーNo.6(THE PRISONER)となる』@パルミラ/シリア
『パルミラから、アレッポへ移動して、町を歩いて、アレッポや国境越えの情報を得る』@パルミラ〜アレッポ/シリア
アレッポ 【アレッポへ到着して宿を決め、水を飲み、ビールを飲み、コーヒーを飲み、アイスクリームを食べると事件が起きた】
『世界旅行者は、1988年にアレッポ石鹸を発見していた』@アレッポ/シリア
『アレッポ城、スーク、モスクを見て、食事をして、両替して、バスの切符を買って、映画を見て、買い物をする』@アレッポ/シリア
『アレッポから陸路国境越えのバスに乗るが、外貨申告書がないことを摘発される。トルコでイスカンダルを発見してコンヤへ』@アレッポ/シリア〜コンヤ/トルコ

アンタクヤからアレッポへの国境越え(1)/CNNを見て、日本のメディアを論ずる@アンタクヤ/トルコ
アンタクヤからアレッポへの国境越え(2)/次々とバスを乗り換えさせられて、怪しいバスで国境越え@トルコ
アンタクヤからアレッポへの国境越え(3/3) / 新しい国でのホテルの捜し方のポイント@シリア
ダマスカス(シリア)からバールベック(レバノン)への国境越え
バールベック神殿 【シリアのダマスカスから乗り合いタクシーでレバノンのバールベック遺跡へ】

ベイルート(レバノン)からダマスカス(シリア)への国境越え
ダマスカスで、日本語の本を読み、絵はがきを出し、ウマイヤドモスクへ行って、キプロスへ行く前日をのんびり過ごす@ダマスカス/シリア
ダマスカスからサービスタクシーでベイルートの空港へ行き、夕方の飛行機で、ラルナカ(キプロス)へ@ダマスカス(シリア)ーベイルート(レバノン)ーラルナカ(キプロス)
レバノン 
ダマスカス(シリア)からバールベック(レバノン)への国境越え
バールベック神殿 【シリアのダマスカスから乗り合いタクシーでレバノンのバールベック遺跡へ】
バールベックからベイルートへ移動して、地中海を見る@コーニッシュ(Corniche)/ベイルート/レバノン
アジアを横断して地中海を見る@コーニッシュ(Corniche)/ベイルート/レバノン
パルミラホテル@バールベック
バールベックからベイルートへ移動して、地中海を見る@コーニッシュ(Corniche)/ベイルート/レバノン
ベイルート(レバノン)で日本帰国の航空券を捜して回る。@コーニッシュ(Corniche)/ベイルート/レバノン
ベイルート(レバノン)で日本帰国の航空券を捜し回って、とにかくキプロスへ飛ぶことにする。@ベイルート/レバノン
ダマスカスからサービスタクシーでベイルートの空港へ行き、夕方の飛行機で、ラルナカ(キプロス)へ@ダマスカス(シリア)ーベイルート(レバノン)ーラルナカ(キプロス)
ヨルダン 
アカバ 【エジプトからヨルダンへ、アカバ湾をフェリーで渡り、アムステルビールを飲んで頭がくらっとする話】
【カイロ〜アカバ(1/3)】 カイロでヨルダンのビザを取り、ビザ代のおつりを取り戻す 1988年8月
【カイロからアカバ(2/3)】 カイロからバスに乗って、ターバ、そしてヌエイバへ(1988年8月)
【カイロ〜アカバ(3/3)】 ヌエイバからアカバへ、フランス女性と船に乗ると、フィリピン人船員が話しかけてくる(1988年8月)
ペトラ遺跡 【世界旅行者がアンマンから日帰りでペトラの遺跡を見に行くと、ペトラの岩山の奥で神のお告げが与えられる】
アンマン(ヨルダン)で、日本大使館の[Letter of Introduction]をもらって、シリアのビザを取る(1988)
エルサレム(イスラエル)からアンマン(ヨルダン)、そのままダマスカス(シリア)へ突入(1988)したが、大切な手続きを忘れていた
イスラエル 
イスラエル/Israel
エルサレム 【インティファーダのなか、アレンビーブリッジを渡り、エルサレム城の夜に、遠く砲声を聞く】
エルサレムの旧市街をヤッフォ門から出て、新市街でリーバイス630とハスラーを買う
『エルサレム新市街でリーバイス692を買い、ライオン門からヤッフォ門へ歩く』@エルサレム/イスラエル
ローカルバスでエンゲディ(En Gedi/Ein Gedi)へ行き、死海(Dead Sea)での泳ぎ方を悟る
『キリスト教の「聖墳墓教会」、イスラム教の「岩のドーム」、ユダヤ教の「嘆きの壁」で祈る』@エルサレム/イスラエル
エルサレムからヤッフォ(テル・アビブ)へと日帰りして、地中海を見る
エルサレム(イスラエル)からアンマン(ヨルダン)、そのままダマスカス(シリア)へ突入(1988)したが、大切な手続きを忘れていた

イスタンブールからカイロ(カイロからイスタンブール)への旅
『イスラエルの入国の証拠をパスポートに残さない方法』(2010/11/08)
ウズベキスタン 
ツアーと個人旅行をうまく使い分けるのが大事
タシケント空港で、美女が迎える@タシケント/ウズベキスタン/中央アジア
「ホテル・ウズベキスタン」@タシケント/ウズベキスタン
タシケント市内ツアー(その1)@タシケント/ウズベキスタン
ナボイ劇場 【タシケントの中心のナボイ劇場は、敗戦のときに捕虜になった関東軍兵士力によったことを知る人は少ない】 
シャーヒジンダ霊廟群 【サマルカンドで、世界旅行者は小雨の中を歩いて、1人でシャーヒジンダ霊廟群へ行き、神の声を聞いた】
シャーヒジンダ霊廟群で、神と対話し、生きているクッサムと会う@サマルカンド/ウズベキスタン
サマルカンドからブハラへ 【サマルカンドからブハラへ向かう途中の休息の時に、気難しい地元の人たちと写真を取る】
ブハラからウルゲンチへ 【ブハラからウルゲンチへの両側が綿花畑の一本道には、ツアーのイベントが待っていた】
ヒワ 【ヒワは昔の城壁とその内部がそのまま残っているが、写真を頼む時には壁をバックにするといいという話】 
タジキスタン 
ペンジケント遺跡@ペンジケント/タジキスタン
ペンジケント遺跡 【サマルカンドからツアーバスに乗って、簡単にタジキスタンへ入り、ソグド人の過去の栄光の跡を見る】
カザフスタン
カザフスタン(kazakhstan)旅行記(タシケントからサマルカンドへの途中でカザフスタンへ入る)
イエメン
シバームの旧城壁都市 【シバームの都市は、乳香貿易からの莫大な財宝を守るために密集して建てられたという話】
xxx

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN / ASIA / WORLD / HOME