カイロ〜アカバ(3/3)ヌエイバからアカバへ、フランス女性と船に乗ると、フィリピン人船員が話しかけてくる@ヨルダン 1988年8月

ヌエイバは、さすが交通の要所の港町らしく、朝が早いようだ。
僕もホテルの外のバスの音などがうるさくて、朝6時に起きてしまった。
荷物をまとめて外に出て、乗船ゲートの方向に歩いて行く途中で、日本人に会う。
いやぁ、本当に日本人ってどこにでもいるんだから。
彼はイスタンブールからシリア・ヨルダンと渡って来たという話だ。
僕も船に乗らなければいけないし、彼はバスに乗らなければいけないのでちょっと話しただけで握手をして別れる。
ゲートを入ってピンク色の外国人用の出国カードに記入する。
その後荷物をチェックしてイミグレーションを受けたあとで切符を買いに行くという順番だ。
銀行の両替証明書を見せなければいけないのでE£35を換えて切符を購入する。
乗船に結構時間がかかる。
乗り込むのはほとんどがアラブ人だ。
見渡すと他に旅行者らしいのは、なかなか色っぽいフランス人の女性とその娘らしい3〜4歳の女の子。
その2人に、痩せたアラブ系の男がいつも一緒だ。
乗り込む時にパスポートを預けるのだが、よく見るとアラブ系の男もフランスのパスポートだった。
この3人とは切符を買う時からちょっと話はしていた。
切符を買ったりする要領が解らない時は、互いに教えあったりしていたのだ。

この国際フェリー目の見える所で働いているのは、ほとんどフィリピン人船員だった。
船室に上がって席に着くと、向こうから話しかけてくる。
2年契約で働いているのだそうだ。
フィリピンの人たちは中近東への出稼ぎが多いらしい。
でも、日本と違って大家族で互いに助け合っているのだ。
日本人のような海外出張中に奥さんが不倫をして勝手に離婚されていたなどというよくある心配は無いのかもしれない。

船はわずか2時間ほどでアカバ港に着いた。
アカバ港は巨大なクレーンが林立する大きな港だ。

船を降りてイミグレーションに行くとパスポートは別の事務所で渡すといわれる。
例のフランス人3人と僕で事務所を捜すのにまず苦労した。

散々歩き回って、やっと事務所を見つけた。
中で20分ぐらい待っていると、鼻髭を生やしたエライさんが出て来た。

彼と一緒に入ってきたカトリックの尼さんに僕の椅子を譲れと言われた。
「イエス、サー」と爽やかに従う。
役人には常に従順であること。これも長期旅行者の原則だ。
英語で簡単な質問を受けただけで、目の前でパスポートにスタンプを押してくれた。

【右がヨルダンのビザ/左上にアカバの入国スタンプ(1988)】
それからフランス人と一緒に両替をする。
港の両替所によれば、どうやらJD(ヨルダンディナール)は420円程度だ。
残っていた国外では屑という噂のエジプトポンドも、無事ヨルダンディナールに変わった。
ここからフランス人と一緒にタクシーで町に行くことにした。
町へ10分ちょっと乗っただけなのに2JD(840円)もする。
割り勘なので僕は0.5JD払っただけだったが、これはなかなか物価の高そうな所だぞ。

フランス人は彼らのガイドブックにある「ビーチホテル」に泊まることにする。
僕も一緒に泊まろうと誘われたが、1泊シングルで3.5JD(1470円)。

タクシー代に比べて宿代はべらぼうではないが、出来るだけ安く泊まりたい。
町を歩いて訪ね回ったら、1泊2ディナール(840円)のホテルを見つけた。
これならなんとか納得できる値段だ。
ホテルのマネージャーに道を聞いて、海岸沿いにあるバス会社を訪ねる。
明日のアンマン行きのバスの予約をとる(料金は3JD/1260円)。
10時アカバ発で午後の2時半にアンマン着(4時間半)という話だ。
フランス人の女性が「明日一緒にタクシーを借りきって、ペトラの遺跡に行きましょうよ」と言ってた。
けれど、僕は他の人と一緒に旅するのは、そんなに趣味じゃ無いんだ。
1日だけならいいが、2日も人と付き合うのは面倒だ。
歩いていて見つけた「レストランアリババ」で、シシカバを一串にサラダを取る。
もちろんビールを頼む。
「アムステルビール」が1本で0.85JD(360円)。
一口飲んだだけでくらっと頭に来る。
このビールは強い。
いやいや、ひょっとするとエジプトで飲んでいた「ステラビール」が弱過ぎたのかもしれない。
そういえばただ冷えていたという思い出しか無いものね。
ビールを大びんで2本も飲むとすっかり出来上ってしまった。

アンマンに急ぐ理由はイスラエルへ入国するための西岸パミットを入手するのにどの位の日数かかるか解らないからだ。
とにかくパミットの申請をしてしまって、その待ち時間にペトラの遺跡に行ったりすればいいだろう。

シリアのビザを取るにも日本大使館からの推薦状の入手が必要で、結構事務手続きに時間がかかってしまう。
さらには東ヨーロッパに突入するのにドルキャッシュを入手しなければならない。

情報ではアンマンでは簡単にドルを買えるということなのだ。
これも確かめなければならない。

地図もガイドブックも無いがそれはアンマンで入手出来るはずだ。
ヨルダンからイスラエルに入り、またヨルダンに戻る。

シリアに入国しパルミラの遺跡を見て、ユーフラテス川に出会う。
それからアレッポ経由で懐かしいトルコに入る。

ヨルダンのペトラの遺跡をはじめ、ここは遺跡の宝庫だ。
これが僕が後にマヤやインカの遺跡を訪ね歩き「世界の遺跡王」と呼ばれるようになった、その始まりだった。

馬鹿な日本人やいいかげんな日本のガイドブックが流している「ヨルダンには入国出来ない」という根拠のない嘘を打ち破った。
日本人の常識を離れて初めて、本当の旅が出来るのだ。

これからは本物の旅だ。
だって、ずっと持って旅していた有名なガイドブック「Africa on a Shoestring」からはみ出してしまったのだから。
これからは中東。これからの旅にはもう僕の手許には、旅行案内書がないのだ。
エジプト旅行記 /
ヨルダン旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx