カイロ〜アカバ(1/3)カイロでヨルダンのビザを取り、ビザ代のおつりを取り戻す 1988年8月

ナイロビからカイロへ飛んで、2度目のエジプト滞在。
最初はタハリール広場に面した「クレオパトラホテル」に居たが、フロントの男が変に愛想が悪い。
だからというわけではなくて、安くて愛想のいいスタッフのいる、クーラーのがんがん効いた「カールトンホテル」に移った。
僕はアテネで買ったアテネ〜ナイロビの往復切符を持っている。
エジプト航空の切符で、途中カイロに往路復路ともにストップオーバーが出来るという条件付きだ。
値段は98000ドラクマ(9万円)だったが、実はこれは一番安い切符ではないのだが、買った理由がある。
それは「ギリシアの両替証明書問題」の名で、「切符の買い方シリーズ」の一部としていつか書くこともあるだろう。
この切符でナイロビに行く途中カイロで降りて、エジプトはぐるんと一回りした。
今度ナイロビからカイロに飛んで来た理由は、見残したアレキサンドリアやサッカラのピラミッド群を見ることだ。
それともうひとつ考えなければいけないことがあったのだ。
この切符をこのまま使うとカイロからアテネまで、飛行機で行くことになる。
ところでアテネには僕はあまりいい印象がないんだね。

アテネは完全な観光都市で、見るところさえ見てしまえばそれでお終い。
ゆっくり滞在するというタイプのところではない。

ギリシアに来た人はアテネにちょっといるだけで、エーゲ海のリゾートに渡ってしまうのが普通だ。
だからアテネの宿のほとんどが一時滞在のドーミトリイタイプで、一泊500円ほどで泊まれるけれどプライバシーは無いといっていい。
シングルの部屋も捜せばあるけれど、数が少ない。
特に今は8月の旅行シーズンなのだ。
ドイツ人を初めとするヨーロッパ人のリゾート客がどっと押しかけていて、とんでもなく混雑していることが高い確率で予想出来る。
切符は使うためにあるので、切符に縛られてはいけない。

出来るだけ、アテネを通らずにロンドンまで足を運びたいものだ。
とすれば、ヨーロッパにはいるためには、イスタンブールが起点となるだろう。

イスタンブールから東ヨーロッパに足を伸ばすつもりだが、中東を通ってイスタンブールまで陸路で旅行出来るだろうか。
以前イスタンブールにいた時に、シリア〜ヨルダン〜イスラエル経由でエジプトまで行く計画を考えたことがある。

シリアのビザを取るためには日本大使館からの推薦状が必要なので、実際一度は決意してイスタンブールの日本領事館を訪ねた。
ところがその日が丁度4月29日の天皇誕生日で、現地では平日なのに(日本の休日なので)日本大使館だけは業務を休んでいた。

気勢がそがれてシリアへ行くのは棚上げにした。
それが理由で、一気にトプカピバスターミナルからカッパドキアへのバスに乗ったのだ。

ナイルヒルトンで両替をして、カイロの中心タハリール広場を歩いていた時に日本人学生3人に出会った。
彼らはこの時期日本人旅行者の間で有名な安宿「オックスフォード」に泊まっているとか。

一緒に飯を食いながら、このルートのことを話す。
「西本さん、それは無理なルートですよ。僕もイスタンブールにいた時に陸路で来ようと思ったのですが、ヨルダンは日本人の入国が出来ないんです」との返事が戻ってきた。
本当なのだろうか?
理由を聞くと「以前『地球の歩き方』にレポートを送った奴が、入国管理官を馬鹿だと書いたので役人が怒って日本人に意地悪してるんです。それが理由なんですよ」という余り信用出来ない説明を持ち出す。

彼らは世界中どこにでもいる日本人旅行者の典型だ。
日本人宿に留まり、日本人同士でうわさ話や自慢話をしているうちに、きっと何が本当で何が嘘なのか解らなくなっているのだろう。

それにこの話が万が一本当でヨルダン入国を拒否されても、それも面白い話の種だ。
とにかく旅先の噂話を信じちゃ駄目だというのが基本。
ヨルダンへ突入することを決める。
ヨルダンのビザを取るために、タハリール広場からナイル川の反対側のドッキ地区にあるヨルダン大使館へ歩いて行く。
ここは大使館の多いところで、ブルガリア大使館も同じ地区にあるはずなのだが、調べた住所に行くと大使館が行方不明だ。
ブルガリアのビザはもっと近くに行って取ればいいことだ。

無理に大使館を捜す必要はない。
隣の国でビザを取るというのが長期旅行者の原則なのだから。

ヨルダン大使館に行くとゲートのところで門衛のようなおじさんが受付をしていた。
手数料が31.5エジプトポンド。
1エジプトポンドは約60円なので1890円。
細かいのがないので35ポンドを渡す。

午前中に申請して午後1時半にはビザがもらえるということだ。
時間つぶしにカイロタワーに上ったりする。

午後1時半に大使館に行くと、ビザをくれた。

カイロで取ったヨルダンビザ(1988)
しかし、ビザ代のお釣り、3.5エジプトポンドがない。
たかが200円だがここで負けたら、駄目だ。

それで根性を決めて大使館に乗り込んで、中の部屋でドアが開いているところを覗きまわった。
役人を見つけてビザ代のお釣りがないと言うと、質問したりせずにあっさり自分のポケットからお釣りをくれた。
よく分からない話だが、この程度のことは旅をしているとよくある話。
とにかくこれで、ヨルダンのビザは取れたわけだ。
エジプト旅行記 /
ヨルダン旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx