アカバからアンマンへ窓の大きなバスでゆったりと移動。ヨルダンの安息日(休日)は金曜日かもしれないが、確信は持てない。@アカバ〜アンマン

1988年8月12日、今日はアカバからアンマンへ移動する。
前回の説明で、僕がイスラエルへ行くためには、「西岸パミット」が必要だと理解できただろう。
ところで、1988年8月12日は、金曜日だ。
今日移動すれば、明日は土曜日、明後日は日曜日と見事に週末にかかって、動きが取れないかも。
旅先で新しい町へ入って、週末で何もできないというのは最悪だ。
僕のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」にも、「新しい町へ入るのは平日にする」という項目がある。
ところがどっこい、ヨルダンはイスラム教国家だ。
僕の知識では、イスラム教の安息日は、確か金曜日のはず。
とすれば、明日の土曜日は平日かもしれず、もしそうならば、西岸パミットの申請ができるかもしれない。
わからないけどね。
もちろん旅行者のために毎日、申請の受付をしているかもしれない。
そういうことは、考えるだけ無駄。
自分でオフィスへ行って、責任者に聞いてみればいいだけだ。
ごたごた議論をするだけ無駄だよ。
だからとにかく、ヨルダンの首都アンマンにできるだけ早く到着しておきたいわけだ。
アカバからアンマンへのバスは窓が極端に大きくて、見晴らしがよかった。
バスの出発は、アカバのバスオフィス前が出発で、午前10時。
完全舗装の快適な道をゆったりと走って、午後2時半にアンマンの街角へ到着(所要時間4時間半)。
この時は、ヨルダンのガイドブックも持ってなかったので、自分がどこにいるのか、まったく見当がつかない。
バスオフィスの横に、本屋があったのでガイドブックを探す。
「Lonely Planet Middle East」があればよかったのだが、アンマンの市内地図を買った(2.75JD)。
サービスタクシー(ルートが決まっている乗り合いタクシー)で、ダウンタウンへ。
ダウンタウンという場合、小さな店が集まっている、ごみごみしたところという印象があるが、確かにホテルも簡単に見つかった。
ホテルもいまままで、適当に飛び込んで、部屋を見せてもらい、値段を聞いて交渉して、ということをやっていた。
だから僕一人で宿を見つけるのに心配はない。
ただ、アンマンではサービスタクシーの乗客が一人、いやに親切で、僕がホテルを探すのを手伝うと言う。
一緒にホテルに3つばかり入り、床がタイル張りの、トイレが大きくてきれいなところに決めた。
手伝ってくれたアラブ人は「ムハンマド」といったが、丁寧にお礼を言って帰ってもらう。
宿の名前は控えてないが、ノートを見ると、「3JD」とメモしてある。
つまり、一泊シングルで、1260円という感じでしょうかね。
ホテルのまわりをうろうろしていたら、映画館を見つけた。
やっていたのがMICHELLE KHANという女優の「MAGNIFICENT WARRIORS」という香港映画。
これは日本軍をやっつける話。
日本では公開されなかったのだろうが、昔から中国人は、反日映画を作り続けているようだね。
アフリカやアジアの諸国では、中国製反日映画のブームが起こっていたのかも。
いや、日本が知らないだけで、ひょっとしたら、スカッとするから、世界中の庶民の定番映画だったのかもね。
僕のノートには、「ヒコーキ、センシャも出てきて面白い」という感想が書いてある。
1988年の日本人ですから、すべてについて余裕がある。
夜は、チキンとスープとパンを食べて、ビールを2本飲みました。
夕食が700フィルス(fils)300円くらい。
ビールが一本1ディナールで、2本飲んだので、2ディナール、840円。
ヨルダンのビールはアムステルビールで強くて酔うんだが、ちょっと高い気がしますね。
ところで、ホテルのスタッフに聞いたら、明日土曜日は、西岸パミットを受け付けるらしいです。
その日に受け取れるかどうかわからないが、申請は明日できる。
申請がすんだら、その時間を使って、ペトラの遺跡へ行けるだろう。
あと、1988年のアンマンには両替商が多かった。
東ヨーロッパ旅行に出る前に、ドルを入手しておいたほうがいいが…。
結構細かなことが、いろいろあるね。
ヨルダン旅行記
エジプト旅行記 / / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx