『アンカラからユルギュップへ行って、忘れ物をゲットして、そのままカイセリへ移動』@アンカラ〜ユルギュップ〜カイセリ/トルコ

【カイセリ】
1988年5月5日は、ユルギュップ(カッパドキア)を出て、トルコの首都アンカラ(ANKARA)へとやってきた。
アンカラのバスターミナルから、ウルス地区へ移動して、「ホテルヒッタイト」に宿を決める。
すぐに、「アンカラ城」と、その隣の「ヒッタイト博物館(アナトリア文明博物館)」を見た。
5月6日には、朝のバスに乗って、イスタンブールへ戻るつもりだった。
アンカラからイスタンブールまでは、バスで6〜7時間だ。
つまり、朝の8時ごろのバス乗れば、午後2時から3時に到着する。
そうすれば、イスタンブールの宿を見つけるのも簡単。
1988年の春は、出てきたばかりの「エリットホテル(ELIT HOTEL)」に戻るつもりだったけどね。
イスタンブールに1988年4月27日にアテネから飛んできて、ほとんどの観光地を見た後、、5月1日の夕方にイスタンブールを出た
カッパドキアで、地下都市を見たり、カッパドキアの奇岩群を見たり、ユルギュップで床屋に行ったりした。
もともと、トルコは、アテネからのサイドトリップとして考えただけだ。
トルコを一周しようとか、トルコの観光名所を次々と見ようとか、そんな大それたことは、まったく考えてない(キッパリ!)。
だって僕は、「本物の旅行者」ではないのだから(笑)。
僕はただ、日本にだらだら住んでいただけの、おじさんだ。
僕は「すべてについて、本気にならない」ということを、生き方の基本としていた。
本気(マジ)になるというのは、恥ずかしいからね。
だから、僕は海外個人旅行も、本気でやっているわけではない。
イギリスに行ったら、たまたま見つけた「ケンブリッジ英検」の受験コースに入ってしまって、なんとなくクラスに通っているうちに合格した。
あまりにすんなりと合格したので、スペイン語の勉強に、バルセロナへ行った。
それが(連日の飲酒や美女との恋愛もあり)、あまりうまく行かなくて、学業を放棄して、アンダルシアへ旅に出たのが、僕の旅の流れだ。
僕はなんとなく、流れのままに、旅をしているだけだ。
トルコの名所を全部回りたい!とか、トルコからエジプトまで、(この時代ではあまり聞かないので)大旅行をしたいとも思わない。
僕はしょせん、興味本位の「アマチュア旅行者」なんだからさ。
その立場で言えば、トルコ旅行も、イスタンブールを見て、ちらっとカッパドキアの定番観光をすれば、それで十分。
自分でも「ヘタレ旅行者」だとは思うが、僕はこの時期、「本物ではない」と自分で認めて旅をしていた。
この次期はお金もあったから、楽なほうに、楽なほうに、向かうのが僕の方針だったよ。
ところが、僕がユルギュップのヒッタイトホテルに置き忘れてきた「ワイアロック」に関しては、ちょっと問題があった。
これは、僕が1980年代初めに、「日本〜台湾〜タイ〜ビルマ〜タイ〜マレーシア〜台湾〜日本」という旅をしたときに、買ったものだった。
長期のインド旅行をしたときも、またそのあと、結婚していた女の子とタイと香港へ旅したときも、使っていた。
つまり、僕の思い出の品だ。
それだけの旅を僕と一緒にした、ワイアロックを、トルコの田舎のホテルに置き去ることはできない。
それに、バックパックを部屋の家具に結びつける習慣なのに、それができないのは、精神的に落ち着かない。
だからどうしても、ワイアロックは必要だ。
僕は、そのワイアロックをわざわざアンカラから、ユルギュップの宿へ取り戻しに行く。
一度カッパドキアからアンカラへ行ったのに、またカッパドキアへ戻って、またアンカラへ戻るなんてことは、有り得ない。
そこまでこだわるとしたら、それはおかしいよ。
だって、旅人は、常に、過ぎ去っていくものなのだから。
僕には、カッパドキアから、別の方向へ向かうという道が示されている。
アンカラのバスターミナルから、ユルギュップへのバスの切符を買うと5000リラ(500円)。
バスの右側に座っていると、トゥズ湖が見える。
これは塩湖らしく、塩の析出しているところを見つけて、びっくりした。
アンカラから5時間程度でユルギュップへ到着する。
ヒッタイトホテルへ行くと、僕のワイアロックがフロントに用意してあった。
お礼を言って、ワイアロックを手にして、ホッとする。
すぐにミニバスに乗り、カイセリへ向かう(1800リラ/180円)。
カッパドキアを離れて、平原を走り、カイセリへ(1時間くらいだったと思う)。
この途中の風景がまた、なかなか雄大なものでした。
カイセリへ到着して、宿を探しに歩くと、じゅうたん屋の客引きに話しかけられて、しつこく付きまとわれた。
結構立派な「ホテルトゥラン(HOTEL TURAN)」(一泊2万リラ/2千円)に決める。
カイセリ城へ行って、城壁の上を一周するのが名物だというので、行ってみたが、死ぬかと思うほど危険だった。
きっと落ちた人がいたのだろう、今では、この城壁に上ること自体が、禁止されているらしい。
歩いていて見つけた店で、靴下を2足(一足千リラ/百円)と、中国製の小型の南京錠を買う(1250リラ/125円)。
夕食はホテルのレストランにした。
ワインを一本頼んで、おいしい食事だったが、7500リラ(750円)は、ちょっと豪華すぎだったね。
さて、1988年5月6日は、アンカラ〜ユルギュップ〜カイセリと移動して終わった。
カイセリも、お城へ行ったので、一応観光もしたということかな。
トルコで有名な観光地といえば、パムッカレというところに、石灰棚に温泉が流れている風景があるらしい。
パムッカレはデニズリという町からアクセスする。
カイセリからデニズリまでは、バスで13時間程度かかるようだ。
13時間もバスに乗り続けるのは身体によくないので、途中で旅を分割する。
ちょうどコンヤという町があり、カイセリからコンヤまでは5時間程度らしい。
すると、コンヤからデニズリまでは8時間、これなら何とか耐えられるでしょう。
コンヤも古い町らしいし、ちょっと休んで、じっくりと観光すればいい。
あまり移動を続けると、身体によくないからね。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx