『海外旅行が好きならば、なるべく早くアンコール遺跡群を見たほうがいい』@シェムリアップ/カンボジア

【世界旅行者@アンコールワット(2002)】
カンボジアのジャングルの奥に、静かに眠るアンコールワット。
アンコールワットを中心とした、莫大な数のアンコール遺跡群。

【アンコールワット(2002)】
フランス人のアンリムオ(Henri Mouhot)によって、19世紀に再発見された。
しかしそれ以前の1600年代に、森本右近太夫が訪れ、アンコールワットに名前を書いている。

これは、今でも簡単に、アンコールワットで見ることができる。
すぐに見つかるので、自分で捜してください。

【世界旅行者@アンコールワット(2002)】
この遺跡に魅せられて、1973年、カメラマンの一ノ瀬泰造はアンコールワットへ足を踏み入れた。
そして、2度と戻ってこなかった。

【旅の友達と@アンコールワット(2002)】
この遺跡の巨大さは、行ってみなければわからない。
また、世界中の他の遺跡を見ていないと、アンコール遺跡群の大きさが本当には理解できないだろう。
僕が1994年に最初にアンコールワットへ行った時。
このときはほとんど観光客がいなかった。

【アンコール遺跡への切符売り場で(2002)】
バンコクのドンムアン空港のチェックインカウンターで知り合った日本人の若者2人と一緒にシェムリアップへ来た。
車をチャーターして、アンコールワットへ到着して、橋を渡り、アンコールワットの本体の塔へ歩いて行った。

僕はすでに世界一周をしていて、「アンコールワットとはいってもたいしたことはないだろう」と、たかをくくっていた。
ところが、あまりの大きさに、本当に驚いてしまった。
そのときに僕が若者2人に言ったのは、「世界的にみて、こんなすごい遺跡はないよ」ということ。
だって、若者2人は、他の遺跡を見たことがないだろうからね。
巨大な古代遺跡で思い浮かぶのは、なにがあるだろう。

有名なインカ帝国のマチュピチュ遺跡
でもこれは、山の上の遺跡なので、遺跡自体としてはそれほど大きくもなく、神殿も塔も存在しない。
マヤ遺跡では、メキシコのパレンケ遺跡チチェンイツァ遺跡が有名だ。
また、グアテマラのティカル遺跡も大きい。

でも、建築物としての大きさでは、アンコールワットの足元にも及ばない。
ヨルダンのペトラ遺跡は、岩山に彫った神殿などが特徴。

シリアのパルミラ遺跡は、古代都市としてよく保存されている。
でもどちらも、アンコールワットの神殿には劣る。

エジプトのクフ王のピラミッドは確かに巨大で神秘的だ。
でも、アンコールワットの回廊で囲まれた塔ほどの感動はない。

遺跡の巨大さ、遺跡の建築物それ自体としての美しさ。
それを考えると、アンコールワットが世界一だと自信を持って言える。

アンコールワットの他にも、巨大な顔の像で有名なバイヨン(アンコールトム)、樹木が遺跡と一体化したタプロームが存在するんだから。
そのほかの遺跡も、規模が大きくて、見て回るだけで遺跡疲れを起こしてしまうほどだ。
しかも、アンコールワットはカンボジアにある。
カンボジアへは、日本からの直行便(チャーター便は時々あるようだ)はなぜか飛んでいない。

シェムリアップへは、シンガポールからも、バンコクからも、ソウルからも、ホーチミンシティ(サイゴン)からも、その他の都市からも、簡単に飛べる。
つまり、行きやすい。
日本を出て、乗り継いだとしても、当日にシェムリアップへ到着できる。
また、日本から近いので、航空券も安い。

さらには、まだまだ国が貧しいので、シェムリアップの宿泊費も、食費もメチャ安いわけだ。
遺跡を見るための、車も、バイタクも、トゥクトゥクもびっくりするほどの安価な料金だ。

バックパッカー向けの宿も、バックパッカー向けの観光システムも整備されている。
ツアーならば、比較的安く、豪華なホテルに泊まって、暑い昼間はクーラーの効いたホテルで寝ることも、プールで泳ぐことも出来る。

カンボジアの民族舞踊を見るのもできる。
カンボジアの子供たちはとても可愛いので、子供たちを助けるボランティアに参加するのも簡単だ。

また、カンボジア人は日本女性が大好きなので、どんどん口説いてくれる。
実際、現地で楽しい思いをした女性も多く、結婚して現地に住み着いた人も多い。
さらに、旅としてちょっと冒険したいならば、陸路で国境を越えられる。
ベトナムからも、タイからも、ラオスからも、陸路国境越えが簡単に出来る。

さらに、日本人に対しての人種差別もない。
まとめると、遺跡は世界規模で、旅の費用もかからず、現地の滞在費も安い。

現地の人は日本人を歓迎してくれて、安い料金で豪華な気分が味わえる。
これほど日本人が海外旅行をして、満足できるところは他にないわけだよ。
ただ、もちろん、弱点もある。
それは、観光客が増えすぎて、環境がどんどん悪化していること。

また、シェムリアップの人間も、だんだんと純朴さを失いつつある。
なるべく早くアンコールワットへ行った方がいい。

僕は、1994年に行ってるわけだから、いまさら遺跡を見ようとは思わないけどね。
でも、まだアンコールワットを見てない人は、急いだ方がいいです。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx