旅先で友達を作る@アンコールワット
海外個人旅行のいいところは、何しろ個人旅行なので、1人でいたいときは1人でいられるし、誰かと話したいとき、一緒に行動したい時は、好きな人とくっつけるってことだよね。
観光客のほとんどいないところに行くと、目に付くのは現地の人だけで、冷たい目で見られて身の危険を感じることもある。
欧米人の旅行者だけで、日本人の話し相手になってくれないこともある。
さらには、日本人旅行者はいるのだが、ツアーだらけで、ツアー以外の人は無視するようなところも困るよ。
それでだね、世界中で一番お気楽で、物価も安く、行きやすく、見るものがある場所を教えよう。
それは、カンボジアのアンコールワットだ!
僕は、カンボジアへは3回、行ったことがある。
カンボジアは、アンコールワット(アンコール遺跡群)を見ないと話にならない。
もちろん、アンコールワットにも3回行ったことがある(1994年2002年2005年にも行きました)。
1994年のときは、プノンペンへの飛行機のチェックインカウンターで知り合った日本人の若者2人と、いっしょだった。
若者とは、ドンムアン空港で声をかけて、知り合った
1994年は、カンボジアの陸路国境は全部閉じていたので、バンコクからはプノンペンへ飛ぶしかなかった。
彼らとは、プノンペンからシェムリアプへ一緒に飛行機で飛んだ。
そして、遺跡をタクシーを借り切って見てまわった。
というのが、シェムリアップの空港には、個人旅行者は僕たちしか見当たらず、タクシーも一台しかなかったからね。
このタクシーが、トヨタカムリで、運転手も英語を話す美男子だった。
タクシーとしてはちょっと変。
いま思えば、あの運転手は、カンボジア政府の秘密警察の若手エリートだったような気もする。
2002年のときは、ベトナムからカンボジアへの国境や、プノンペンのキャピタルホテルで知り合った人と3人一緒だった。
ボートでシェムリアプへ着き、一緒に4人乗りのバイクが引く乗り物(トゥクトゥク?)でアンコールワット見物に行きました。
チェンラの有名なカツ丼も一緒に食べましたよ。
シェムリアプからバンコクへも同じバスに乗って移動しました♪
カオサンで別れたんだけれど、そのあと、バンコクの日本人街のラーメン屋で一緒になったりして(笑)。
同じ感覚の旅行者だったんだろうね。
旅行哲学、気が合う人とは、「旅先で分かれてもまた会うもの」。
彼とはよほど気が合ったのか、帰りの飛行機も一緒でした♪

ところで、この乗り物、本当はなんと言うのかな?
バイタクとは、本当のバイクの後ろに乗るやつだと思うんだけどさ。
バンコクのトゥクトゥクとはちょっと違うし…。
誰か知ってたら教えてね。
【ウンチク】
2002年ごろまでは、シェムリアップのトゥクトゥクは向かい合わせで4人乗れた。
でも、2005年に行くと、トゥクトゥクは2人乗りがほとんどだったよ。
【写真】アンコールワットの切符売り場で、時間を潰している。
【旅行哲学】一人旅は友達ができるのがうれしいね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index

xxx