アンコールワットに立つ@シェムリアップ/カンボジア

【アンコールワットにて(2002)】
カンボジアの首都プノンペンから、高速ボートでシェムリアプへたどりついたのが昼過ぎ。
僕自身が、まだ普通の旅行者がいなかったころ、1994年に泊まったことのある「チェンラゲストハウス」へ行ってみた。
チェンラは新しく建て直されていて、値段も上がっていた。
建物はものすごくきれいだったが、同じ宿に泊まるのも面白くないと、わざわざオールドマーケット付近のホテルを次々とチェックした。
でも結局、コストパフォーマンスからチェンラに決めたけどね。
一応、旅行哲学の「ホテルは最低3件チェックして決める」を実行したってわけだ。

部屋でちょっと休んで、夕方に、アンコールワット見物に出かける。
ひなびた田舎道をちょっと右にそれるとそこに、アンコールワットの入場券売り場があった!
午後4時以降だと、翌日の入場券があれば、無料で見られるとか。
しかし、ゲートが閉じるのが午後5時で、それ以降ならば、入場券の必要がないとのこと。
それならば無料で見ようと、入場券売り場で粘って5時まで待っていた。
すると、「お金がないのか?」と、不思議がられた。
僕は1994年の、観光客がほとんどいなかった時代のアンコールワットを見ている。
だから、いまわざわざ行く気はなかった。
そのあと、アンコールワットへ行って、暗くなるまで粘った。
正面の橋のところの広場にあった、焼き鳥屋で鶏一羽の串焼きを買って帰りました。

カンボジアの国境やプノンペンのキャピタルホテルのレストランで知り合った日本人旅行者と3人で見学している写真です。

【旅行哲学】旅先で出会う人と話すのは楽しい♪
注:入場時間の話は、2002年の話ですから、今の状況は確認ください。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア

world index

xxx