アンマンから、アレンビー橋(キングフセインブリッジ)を渡って、イスラエル入国。エルサレムのヤッフォ門近くに宿をとる。@アンマン(ヨルダン)〜エルサレム(イスラエル)

1988年8月17日。
今日はアンマンからエルサレムへ移動する日だ。
国境を越えるときは、いつも緊張する。
だって、国境の状況が突然変化して、通れるはずだったのに通れないなんてことも十分あり得るから。
国境行きのバスはすでに8月15日に予約して、切符も買ってある。
JETTバスで、料金は2.5JD(900円)だ。

午前6時にレポート(乗り場にやって来いってこと)する。
JETTバスのオフィスを午前6:30出発予定。

この旅行は、エジプトから中東を北上して、トルコへ入り、そこからヨーロッパを回ってロンドンへ行く長い旅の一部だから。
前日までシリアビザの手配・両替・絵はがき出し・買い物などと結構ばたばたと動いていた。

アンマンは非常にきれいな町だ。
しかし、物価はかなり高い。

ペプシコーラが20円なのに、ビールは酒屋で買って大びん1本が250円する。
泊まっているのがダウンタウンのキングタラル通りに面した安ホテルで、シングル一泊3JD。

部屋に比べてタイル張りのアラブ式トイレが大きくてとてもきれいだ。
宿のあるキングフセインモスクからJETTバスのターミナルまでは、ルートのよく分かっているサービスタクシーで行く。

アンマンは7つの丘とその間の谷からなる大都市。
ダウンタウンは文字通り谷間にある。

JETTバスのターミナルまではかなりの上り坂なのだ。
だから逆に歩くのなら下り坂で楽なので、いつも歩いていた。

JETTバスは午前6時半、時間通りに出発した。
中型バスで乗客は5人。

一日1本のバスにしては乗客が少ない気もするが、この時は、パレスチナ人のインティファーダの最中。
これから僕が渡るヨルダン・イスラエル国境(おっと失礼、これは国境ではないのかな)のアレンビー橋(ヨルダンではこれをキングフセインブリッジと呼ぶ)がTIME誌の表紙にもなった時期だ。

普通の観光客は、この時期はぐっと少ない。
僕のような神に導かれたものだけが、無鉄砲にも国境を越えるというわけだ。

7時半にヨルダン側の検問所に到着。
パスポートと西岸パミットを見せて検問を受ける。
西岸パミットはもちろんパスポートとは別なので、西岸パミットにヨルダンのスタンプをもらう。
イスラエルからヨルダンへ戻ってくるときは、西岸パミットを回収することになる。

検問所には人が少なく、動きがない。
1時間ぐらい放っておかれた。
アンマンから乗ってきたバスはここまで。
午前8時半に別のJETTバスに乗る。

バスに乗って、ヨルダン川にかかる、本当に短いアレンビー橋を越える。
橋を越えるとイスラエル(西岸地区)なので、バスはイスラエルの検問所までで終わり。

次はイスラエルの入国審査。
荷物を渡し、金属探知機をくぐる。

身体検査をするのは、イスラエルのぴちぴちヤングギャル美人兵士♪
荷物検査のカウンターには、二十代後半の目付きの鋭い男性の検査官がいる。

僕のバックパックを全部開けて、隅々まで調べる。
この時は、小さな袋まで、全部開けて中をチェックした。

パスポートのスタンプを見れば僕がただの旅行者だと分かる。
アンマンの宿でバックパックをきれいに整理したので、怪しいものは何にもない。

僕のバックパックにはパリやロンドンの市内地図がある。
これは、お土産として買ったわけだが。
その他にフランス語・スペイン語・トルコ語・ギリシア語・英語などの小型辞書(コリンズジェム)が詰まっている。
検査官は口笛を吹いて "Vous etudiez beaucoup."(よーけ勉強しやはるんやね)とフランス語で感心する。

そこで、"Non, seulement par plaisir"(ちょっとした気晴らしでんがな)と返す。
これは実は冗談でやっているのではない。

この後ロンドンからニューヨークへ飛んでJFKで入国審査を受けた時は、アメリカのビザをバルセロナで取っていた理由を聞かれた。
英語で「スペイン語を勉強していたんです」と答えた。

すると、急に "Entonces habla espaol."(じゃあ、スペイン語しゃべれはんのやね)とスペイン語で聞かれた。
つまり、スペイン語を勉強していたかどうか、確かめたわけだ。

この時はパスポートを増冊合冊していてなかなか汚くなっていた。
パリで撮った写真ともともとのパスポートの写真が、自分で見てもかなり違っていた。

手持ちの金も少なかった上に、出国切符も持っていなかった。
それで、米国入国で問題になるかなとは思っていたのだ。

"Si , pero he todo olvidado."(そうでっけど、皆忘れてしまいましたんねん)と答えた。
これでヒスパニックの入国審査官を納得させてしまった事がある。

ただ、このスペイン語は正しくない。
勉強はしているということはわかる程度だ。

ビザの申請時や入国審査でのなにげない世間話は、結構引っかけが多いんだよ。
くれぐれも、気を緩めてはいけないよ。
イスラエル入国は無事に済む。
イスラエルの入国スタンプは、別紙に押してくれた。
イスラエルから出国するときは、別紙を提出することになる。
これで、ヨルダンのスタンプも、イスラエルのスタンプもなしに、イスラエルへ入国したわけだ。

イスラエルへ入国したところに、銀行がなくてちょっと慌てた。
が、表で待っていたサービスタクシーは、ヨルダン通貨が使えた。
一人3JDでエルサレムのダマスカス門の前まで運んでくれた。
フランス人男性2人とタクシーに乗る。

エルサレムのダマスカス門へ、午前10時半到着。
商店が全部閉まっているので休日かと思ったが、今日は水曜日だ。

同じタクシーに乗ってきたフランス人2人組に聞くと、「アラブ人はストライキの最中だ」との話。
僕は地図を持たないので、この2人にくっついてダマスカス門からエルサレム城内へと入る。

フランス人はホテルを決めてあるらしい。
僕が「地図もないし宿も決めてない」と情けない声を出す。

彼らは親切に、エルサレムの中の細い道をうろうろして、僕をヤッフォ門へ連れて行ってくれた。
ヤッフォ門にある「クリスチャン・インフォメーションセンター」を教えてくれる。

ここはキリスト教徒のための案内所だ。
宿の事を聞くと、斜め前にある観光案内所を紹介してくれる。

観光案内所で、英文の地図と観光パンフレットを山のようにもらう。
ホテルを聞くと、すぐ横の「ニューインペリアルホテル」を紹介してくれた。

ちょっと古ぼけているがきちんとした大きなホテルだし、城内にあるので便利だ。
33号室、シングルで10ドル。

ここでこの値段なら安い。
ホテルに入ると、やはり観光客は少ないのか、ガラガラだった。

部屋の隅にバックパックを置く。
ベッドに横になって目をつぶると、遠くから砲声が聞こえる。

戦争でも始まったのか?
でも、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地エルサレムで死ぬのなら、それもまた神の定めだ。

【旅行哲学】危険だといわれる国境を超えるときは死を覚悟する。
ヨルダン旅行記
エジプト旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx