西岸パミット(WESTBANK PERMIT)の申請をして、ペトラ遺跡(PETRA)へのバスを予約する。両替してガイドブックを買って、ローマの円形劇場を見る。@アンマン/ヨルダン

1988年8月13日土曜になった。
昨日はアカバからアンマンへ移動して、ホテルを見つけた(そして香港製の反日映画を見た)。

アカバでやることはたくさんある。
今日はとにかく、ヨルダンからイスラエルへ行くための「西岸パミット」の申請をするのが、第一。
昨日、ホテルのスタッフに聞いたところ、今日(土曜日)、申請ができるらしい。
本当は信じていないが(旅の情報は基本的に信じられない)、あれこれ御託を並べずに、行ってみればわかることだ。
朝からすぐに、動くことにする。
行くところは、ヨルダンの内務省(Ministry of Interior)。
ヨルダンの市内地図はすでに、アンマンに到着したときに、買った。
その地図を見ると、はっきりと内務省の場所が載っている。
この時は、ホテルを出て、内務省まで歩いて行ったと思う。
バスやサービスタクシーを探すよりも、市内地図を見ながら、歩いたほうがすっきりする。
旅では、目的がなくても、とにかく街を歩きさえすれば、その街の特徴がつかめて、いろんな発見があって、なかなか楽しいものだからね。
僕の印象では、ヨルダンの首都アンマンは、建物が新しく、全体的にすっきりとして、きれいだ。
ヨルダンでは石油が取れるわけでもないのに、なぜか町が活発。
それに応じて、物価もある程度高い。
この理由はわからないが。
内務省に歩いていると、同じ方向に歩いている欧米人の若者を見つける。
気軽に、「君も内務省まで行って、西岸パミットをとるの?」と、声をかける。
自分が何かをしようと焦っているときに、同じ方向へ行く人を見つけたら、同じ目的だろうと考えるのが、人間というもの。
普通はそういうものは、ただの思い込みだ。
ところが、この時は、ズバリ当たった。
彼も僕と同じ、西岸パミットを申請しに行くそうだ。
内務省では、(ホテルで聞いた通り)土曜日にも西岸パミットを受け付けていた。
料金は50フィルス(21円)。
今日土曜日に申請したら、受け取りは月曜日の午前11時になる。
これで予定は決まった。
明日の日曜日に、ペトラ遺跡(PETRA RUINS)を見にいけばいい。
そのままバス会社(JETT BUS)のオフィスへ歩いて、明日のペトラへの往復切符を購入する。
明日日曜日、午前6時にバス会社へ集合、出発は午前6時半ということで、料金は6JD(2520円)。
次に両替商に行った。
僕がアンマンへ来る前に聞いていた通り、アンマンには両替商がたくさんある。
これも理由がわからないが、僕としては、これからトルコ経由でヨーロッパへ入る。
そのためにドルが必要だ。
何しろ僕は円のトラベラーズチェックの、しかも5万円券を中心にして持っている。
東京銀行の5万円券だなんて、東欧に入れば、使いにくいに決まっている。
実際チュニジアの首都チュニスで、東銀のトラベラーズチェックを両替する場所を探して、うろつきまわったんだからね。
それ以来、トラベラーズチェックは、アメックスのドル建てがいいと、確信しているんだ。
だから、だれでも大好きな、ドルの現金を手にしたい。
それが、アンマンの両替商で、簡単にできるようだ。
アンマンの両替商は、両替レートを店の前に張り出している。
今日、僕が行ったところは、1英ポンドが0.63ヨルダンディナールだ。
ここで40英ポンドを両替して、25.2JDを手にした。
このレートだと1JDは400円程度になるが、アカバではレートが悪かったのでしょう(急激な為替の変動があったかも)。
次に、本屋に行って、ヨルダンか中東のガイドブックを買った。
本当は「Lonely Planet Middle East」が欲しかったのだが、なかったので、「FODOR`S JORDAN & THE HOLY LAND」を買った。

このガイドブックの値段が、現地で5..750JD(2300円)でした。
旅行ノートを見ると、僕はこの日、朝食を取っていた。
あまりにも早くに、ホテルを飛び出したが、内務省へ着く時間が早すぎるので、時間潰しで食堂へ入って、朝食を取った。
一人で食事をしていると、ヨルダンの人が話しかけてきて、僕が日本人だとわかると、朝食をおごってくれたんだ。
朝から、西岸パミットを申請したが、パミットは月曜日(8月15日)に受け取れる。
明日8月14日は、ペトラ遺跡へ日帰りするつもりで、すでにジェットバスの往復切符を買っている。
ヨルダンの英文ガイドブックを買った。
これで、一段落かな。
ホッとして、ビールを酒屋に買いに行く。
お店では瓶ビール一本が1JD(400円)程度していたが、酒屋に行くとビール瓶一本が0.530JDでした。
瓶ビール2本だと、1.060JDになるわけだが、酒屋のおじさんは1.O5OJDしか受け取らなかった。
つまり、10フィルス(FILS)安くしてくれたわけだね。
僕は基本的には1日一食なので、午後の遅い時間に、レストランで食事をした。
スープとチキンと野菜のメインの食事をとって、紅茶を2杯飲んで、のんびりした。
そのあと、円形競技場(AMPHITHEATER)を見た、ノートに書いてある。
地図を見ながら街を歩いていたら、円形競技場の跡があったのでしょう。
早めにホテルへ戻り、明日のペトラ遺跡観光のために、ベッドに入ろうとした。
何しろバス会社での集合が、午前6時だからね。
ところが、昨日ホテルを一緒に探してくれたムハメッドがやってきた。
しかも、彼の友人を連れてきて、僕に紹介してくれた。
彼は、どうやら僕と親しくなりたいみたいだ。
失礼にならないように、適当に話をして、帰ってもらった。
明日は、ペトラ遺跡だ。
ヨルダンといえば、ペトラ遺跡と決まっている。
この遺跡を見さえすれば、ヨルダンへ来た目的は達せられる。
寝過ごさないことが大切です。
ヨルダン旅行記
エジプト旅行記 / / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx