アンマン市内を歩いて観光して回るが、もともとたいして見るものもないので、さらに考えて両替をする。@アンマン/ヨルダン

1988年8月16日。
ヨルダンに入ってしばらくたつが、ここでしたことを思い返してみよう。

ヨルダンに入ったのは1988年8月11日、ヌエイバからアカバへのアカバ湾を渡るフェリーだった。
アカバで一泊して、翌日にはアンマンへ移動し、ホテルを見つけたのが12日。

13日にはイラク内務省に西岸パミットを申請し、14日のペトラ遺跡への往復バス切符を予約。
14日には日帰りで、ペトラ遺跡観光。

15日には、西岸パミットを受け取り、日本大使館で推薦状をもらって、シリア大使館でビザの申請。
西岸パミット、日本大使館の推薦状、シリアビザを取るのは、少しバタバタしたが、一日で済んだ。

この時期は、旅にも慣れていたし、40歳前で体力もあったし、正直元気いっぱいだったんだよ。
頭も、ロンドンで英語学校に通ってケンブリッジ英検特級(CPE)を取ったし、バルセロナのスペイン語学校にいたし、ナイロビではアリアンスフランセーズで仏語を学んだりしていた。

体力的にも知的にも、僕のベストの時期だったんだろうね。
ヨルダンでやるべきことをガンガンやっていく。

17日のアンマンからアレンビー橋へのJETTバスの予約を入れた。
それでは、16日の今日は何をするのだろう。

それは当然、アンマン市内の観光だね。
アンマン市内は歩いて、結構うろついているが、それはすべてなにか別の用事を済ませるため。

つまり、アンマン市内の観光を済ませていない。
観光客としては、一応アンマン市内観光をしないわけにはいかないだろう。

アンマンという町は、フランスとイギリスが中東を分割したときにできたヨルダンという国の首都となっている。
が、アンマン自体はそれほど歴史もなく、特徴のある都市でもない。

アンマンは歩いてみるとわかるが、丘があって、坂が多く、歩きにくい地形だ。
もともと「7つの丘」の上に建設されたという。

「アンマンの城塞(CITADEL)」があって、そこに「ヘラクレス神殿」がある。
これは上った記憶がある。

確か夕方だった。
あとモスクも見たが、特徴があるようにも見えず、ほとんど記憶に残ってない。

まあ、アラブ諸国を旅していたら、片っ端からモスクが現れる。
それを見たとしても、記憶がごちゃ混ぜになってしまって、覚えていない。

中東で覚えているのは、これから行くシリアのダマスカスにある「ウマイヤドモスク」くらいのものだ。
でも、観光客としては、その程度でいいでしょう。

つまり、アンマンにはわざわざ見るような名所旧跡はないってことね。
ヨルダンで見るとすれば、ただ一つ「ペトラ遺跡」がある。

「ワディラム」もあるが、映画「アラビアのロレンス」のファンでもない限り、わざわざ行くところでもないかな。
一般の人は誰も知らないし。

ヨルダンを見ずに、すぐ近くにイスラエルの首都エルサレムがあるから、とっととエルサレムへ行く方がいい。
また、シリア国境も近いから、ダマスカスへ行った方が、おもしろい。

シリアの内戦が収まれば、レバノンへ足を延ばして「バールベック神殿」へ行くといい。
中東のパリと呼ばれたベイルートへ行くのも話のネタになる。

だから正直、アンマンという町自体、中東観光に来て、わざわざ時間を使って長居するところではありません。
それを再確認したってことかな。

あと、僕がアンマンでやったことは、両替だった。
昨日も、手持ちの円のトラベラーズチェックを、ドルに両替したり、それをさらにドルのトラベラーズチェックに変化させたりした。

昨日は、トラベラーズチェック、10万円分(5万円券×2)を米ドルとヨルダンディナールに両替した。
ただ、まだ両替が足りない気がする。

そこで、50米ドルを18.75ディナールに両替した(レートは1ドルが0.375ディナール)。
健康的な生活をしていて、体が締まってきているので、ジーンズが緩くなっている。

そこで、ずり落ちないように、ベルトを買った。
これが、2JD(700円程度)。

銀行を3つ回って、両替手数料の比較をした。
ここでも、円の両替を拒否されたところがあった。

いろいろなことがあったが、両替はだいたいやり終えた。
実は、シリアへ入国するときに、「強制両替」があると聞いている。

100米ドルを公定レートで、シリアポンドに両替させられる。
シリア国内では、この時期、外国人がホテルに泊まる場合、米ドルで払わなければならない。

シリアを旅するだけでも、米ドルの現金がないと、動きが取れないわけだ。
シリアの物価も予想がつかない。

こういう時は、とにかく「米ドルの現金」が一番心強いものだ。
米ドルの現金は、誰でも欲しがるのだから、不安なときは、米ドルの現金に両替しておけば問題はない。

僕は、円のトラベラーズチェックという、使いにくいものを持っている。
両替できるかどうか不安なときは、米ドルに両替すればいいわけだ。

これから、東欧に入るにしても、米ドルの現金は使いやすいだろうからね。
両替して、米ドルを握って、心が落ち着いたので、食欲が出た。

「ヨルダンインターコンチネンタルホテル」横の「アンクルサム(UNCLE SAM)」というレストランで、ステーキとワインを午後の食事にした(5.5JD/2000円程度)。
本屋をうろついて、英語の「YAKUZA」を買った(2.8JD/千円程度)。

「INTERNATIONAL HERALD TRIBUNE」(0.5JD)を買う。
あと、石鹸、バナナ一房、缶ビール2個(0.53JD×2)、ペプシ(0.11JD)を2個買った。

これで、アンマンでやり残したことはないだろう。
ホテルに3泊分(一泊3JD)、合計9JDを支払う。

ホテルの部屋で、所持金の計算をする。
トラベラーズチェックと現金を、ベッドに並べて数える。

今では、ほとんどの人は、クレジットカードやなんかで、海外のATMで現地の通貨を入手するだろう。
ただ、それだと、本当に確実かどうかわからない。

カードはあっても、不正請求があって中身が抜かれているかもしれない。
だから、目の前にあれば、確実だという意味で、トラベラーズチェックや現金は心から安心できるんだよね。

さあ、明日は、アレンビー橋を越えて、イスラエル入国だ。
多分(笑)。
ヨルダン旅行記
エジプト旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx