日本大使館で推薦状をもらい、シリア大使館でビザをゲットして、ヨルダン内務省で西岸パミットを取る。@アンマン/ヨルダン

1988年8月14日に日帰りで、ヨルダンの首都アンマンから「ペトラ遺跡」へ往復した。
ヨルダンの名所といえば、このペトラ遺跡が一番有名だ。

あと、「ワディラム」という場所もあるが、映画「アラビアのロレンス」で有名になっただけで、わざわざ行くようなところでもない。
あと、ヨルダンでも死海で泳ぐこができる。

ただ、ヨルダンでは、ペトラ遺跡を見さえすればいい。
というのは、ヨルダンよりもすぐ隣のイスラエルのほうが、見るべきものはたくさんあるからね。
わざわざ時間を使って、ヨルダンに留まる意味がない。
そんな時間があるならば、イスラエルへ行ったほうが、ずっといい。

イスラエルは、なにしろ見るところだらけだ。
エルサレムの内部には、聖書に出てくる場所がぎっしりと詰まっている。

イスラエルを見ないで、ヨルダンに留まる人は、頭を疑ったほうがいい。
僕もペトラ遺跡を見た以上、とっととイスラエルへ行きたいものだ。

ただこの時代(1988年夏)、ヨルダンからイスラエルへ入るには、「西岸パミット」という書類が必要だった。
それはすでに、土曜日にヨルダン内務省へ歩いて行って、申請してある。

西岸パミットが手に入れば、「キングフセインブリッジ(アレンビー橋)」を通って、イスラエル入国の証拠を残さずに、イスラエルへ入国できる。
すると、イスラエルからヨルダンへ戻っても、イスラエル入国の痕跡がないわけだから、シリアへ入国するのは問題ないわけだ。

しかし、シリアへ入国するには、この時代、シリアビザが必要だったんだ。
ね♪あれこれ難しい(楽しい)でしょ(笑)。

この手続きの面倒くささが、旅の本当の楽しみであり、喜びなんだよ。
こういうおいしいところをスッポカシて、業者に任せたのでは、中身のないつまらない旅行になってしまうよ。

だからまず、「シリアビザ」を申請しなくてはならない。
海外でビザを申請するのは、日本国内でするよりも、原則的にはずっと簡単だ。

ただこの時代、シリアビザを申請するときに、「日本大使館からの推薦状」が必要ということだった。
この時まで、推薦状をもらったことはなかったが、イスタンブールで日本領事館に、推薦状をもらいに行ったことはある。

ところが行った日が4月29日(1988年まで「天皇誕生日」、そのあと「みどりの日」「昭和の日」)で、日本領事館は休日。
日本大使館からの推薦状がもらえずに、トルコから陸路でシリアへ入ることを諦めた。

僕はきちんと計画を立てる人間ではなくて、その場で考える、出たとこ勝負の人間。
だから、ちょっとでも障害があれば、あっさり諦める性格なんだ。

でも、今日(1988年8月15日)はまず、シリアビザを取りたい。
そのためには、日本大使館からの推薦状(Letter of Introduction)が必要。
まあ「letter of Introduction」ならば、「紹介状」というのが本当の約だろう。
ただ、僕の記憶では、この時期、日本人旅行者は「推薦状」と言っていたので、「推薦状」にしておきます。

大使館からの推薦状とはどんなものなのか、それをもらうためにどんな書類を提出すればいいのか、全く知らない。
そういう時は、あれこれ考えたり調べたりせずに、直接行けばいいだけだ。

まず、タクシーに乗って、日本大使館へ行く。
日本大使館はアンマンで買った市内地図にあったのだが、アンマンのタクシーは日本大使館の場所を知らない。

僕が運転手の横の助手席に座って、地図を見ながら指示をした。
日本大使館まで、タクシー料金が670fils(240円)。

僕はチップも含めて、1JD(360円)渡しました。
これはある意味、「無事に推薦状が取れますように」とのお賽銭の意味だったわけだが。
日本大使館の待合室で、定型の申込書に記入する。
申請書に書く内容で、迷うところがあった。

本格的な日本人長期旅行者というものは、もちろん「無職」だ。
ただ無職では、推薦してくれないのではと、適当に職業を書く。

日本人が出てきて、確認されたら困るが…、と心配していたが、日本人は誰も出てこなかった。
こんなどうでもいい仕事に、わざわざ大使館の偉い日本人が出てくるはずもないわけだね。
結局話をしたのは、窓口のヨルダン人だけで、すぐにその場で「推薦状(Letter of Introduction)」をもらった。
手数料は無料。

その文面は確認していない。
おそらく封筒に入れてあったのではないかな。

推薦状を持らって、日本大使館を出て、大使館街をちょっと歩いて、シリア大使館へ行った。
大使館というものは、大使館地域に固まっているものだからね。

シリア大使館に行ってビザの申請書を書き、日本大使館からの推薦状を付けて提出する。
申請は簡単に住んで、その日の午後1時半に来いと言われる。

次に、時間潰しに、シリアの「観光省(Ministry of Tourism)」へ。
わざわざ観光省へ行ったわけではなくて、たまたま観光省の建物があったというだけ。

つまり、シリア大使館とか日本大使館とか、内務省とか観光省とか、全部同じ地域にあったのね。
観光省へ行ってみると、一応、地図と日本語の観光資料があったよ。

そのあと、「JORDAN INTERCONTINENTAL HOTEL」へ行って、東京銀行の円のトラベラーズチェックを両替した。
この時代、東銀の円トラベラーズチェックは、両替してくれるところを見つけるのが大変だった。

次に「内務省(Ministry of Interior)」へ行って、ヨルダン川西岸への通行許可(WEST BANK Permit)を受け取る。
これは、8月13日に申請していたものだ。

午後になったので、シリア大使館へ戻る。
シリア大使館前には、結構な人が群がっていた。

係員が名前を読み上げて、待ってる人たちは、次々にパスポートを受け取る。
僕は、余裕を持って後ろに立っていた。

みんなが「日本人、お前のパスポートだ!」と、僕に声をかけてくれた。
ヨルダンの人は親切だね。

中を見ると、ちゃんとシリアビザが取れている。
これがあれば、今すぐにでも、シリアへ行ける。

が、もちろん、イスラエルへ行くことのほうが重要だ。
イスラエルへの交通手段を確保しなければね。

これで、シリア大使館でシリアビザが取れて、ヨルダン内務省で西岸パミットを取った。
しかし、だから、すぐにイスラエルへ行けるわけではないんだよ(笑)。

僕には、両替の問題で、いろいろ考えていることがある。
これからトルコへ入るにしても、東欧へ行くなら、とにかくドルが必要なんだ。

ねー、いろいろと面倒くさいでしょ。
これが本当の、海外個人旅行というものなんだよ。
ヨルダン旅行記
エジプト旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx