海外旅行の状況、その情報は、常に変化しているので、ネットやガイドブックで過去のことを調べても意味がない。現地で調べるしかない。@アンマン/ヨルダン

1988年8月15日、ヨルダンの首都アンマンで、あちこち歩き回った。
まず、日本大使館へ行って、推薦状(紹介状)をもらい、シリア大使館へ行って、シリアビザをゲットした。

また、8月13日にヨルダン内務省に申請していた、「西岸パミット」をゲットした。
これで、書類上は、入国の証拠が残らずに、イスラエルへ入国できることになる。

イスラエルへの入国の証拠が残らないってことは、シリアへ入国できるわけだ。
シリアへ入ってしまえば、そのまま北上して、トルコへ陸路入国も問題ない。

これで、エジプトのカイロから、ヨルダン、イスラエル、シリア、トルコのイスタンブールへの中東旅行ができる。
西岸パミットとは、前にも説明したとおり、ヨルダン川西岸地帯へ通行できる許可証。

でも取った人の話はあまり聞かないから、まもなく廃止にでもなったのでしょう。
僕が旅をした1988年は、日本人はヨルダンへ入国できないという噂が飛んでいた。

その噂を信じて、イスタンブールでは、中東を通過してエジプトへ行く計画を諦めた若者も多い。
旅では、情報を集める人が多いが、情報は常に変化している。

多分、ヨルダンへ入国拒否された日本人がいたのだろうが、他の人は無事に通過したのかもしれない。
ただ、入国拒否された旅行者は、(本人にとっては大事件なので)あちこちで言いふらすもの。

それを聞いた旅行者も、(他人の不幸話ほど楽しいものはないので)さらに言いふらす。
こうして、旅の噂ができて、それが流通する。

旅の噂は、わいわいと話をして盛り上がるためのものだ。
ただ、本気で信じてはいけない。

旅の状況は常に変化する、これだけが正しい。
だから、旅の情報を調べたとしても、それを今も有効だと信じてはダメだ。

例えば、このあとヨルダンのビザは、国境でとれるようになった。
シリアのビザも、国境でとれるようになった。

しかし、シリアがそのあと内戦状態になり、観光客が行ける状況ではなくなった。
2015年現在では、イスタンブールからカイロへのルートは、閉ざされている。

でもこの状態が永遠に続くはずはない。
だから、旅の情報は、現地にしかないんだよ。

この根本を理解してない日本人が多い。
日本人というのは、基本的に情報弱者なんだよね。

さて、僕はヨルダンの首都アンマンで、まだやることがあった。
それは、両替だ。

今日(1988/08/15)もヨルダンインターコンチネンタルホテルで、両替をした。
東京銀行の円のトラベラーズチェックを両替するために、わざわざ日本人も泊まるだろう、一流ホテルへ行ったわけだ。

この時に、アメリカ人の若者と雑談をして、僕が「東京銀行の円のトラベラーズチェックは両替が難しい」と愚痴をこぼした。
アメリカ人の若者は、アメックスのドルのトラベラーズチェックを見せて、「これだと、どこでも替えてくれるよ」と言っていたね。

その時に僕の頭の中に「トラベラーズチェックはアメックス」という確信が芽生えたんだ。
実際、アメックスの場合、僕がサンディエゴで盗難にあった時も、警察に届けることもなく、電話一本で簡単に再発行されたからね。

僕がいま持っているのは、東銀のトラベラーズチェックで、しかも2万円券と5万円券だ。
これをドルの現金と、ドルのトラベラーズチェックに替えたほうがいい。

これから行くのは小さな国ばかりで、滞在期間も短いから、いちいち両替をどれだけするか悩むのは無駄だ。
円のトラベラーズチェックを、ヨルダンディナールの現金と、ドルの現金と、ドルのトラベラーズチェックに両替した。

具体的に書くと、持っていた東銀の5万円券2枚を、600米ドルと48JDに替えた。
これで、東欧を通って、西欧に入るまで、両替で悩むことはないだろう。

現金が手に入ると買い物をしたくなるもの。
僕のスニーカーはボロボロになっていて、靴底が剥がれかけていた。

街を歩いていると、「NIKE」の店を見つけたので、「エアーマックス(AIR MAX)」を一足買った(38JD/14000円程度)。
あと、ベネトン(BENETON)のロゴが入ったシャツ(6JD/2300円程度)。

ただ、このシャツの染料のせいで、肌荒れが起こったようだ。
染料のアレルギーだと思うが、それ以来、派手な色のシャツは着ないようにしている。

両替をして、ドルの少額紙幣を入手して、アメックスのトラベラーズチェックにして、安全を確保した。
靴と服を恥ずかしくないものにした。

あとは、イスラエル行きのバスを予約する。
8月17日アレンビー橋(キングフセインブリッジ)を通るバスだ。

料金は2.5JD(900円)、出発は午前6時半、午前6時に集合。
今日は8月15日、17日は明後日。

明日一日開けているのは、まだ少しアンマンでやることがあるから。
イスラエルからヨルダンに戻ってくるわけだが、その時は、アンマンで時間を取らず、一気にシリアへ行くつもりだからね。
xxx