『アレッポ城、スーク、モスクを見て、食事をして、両替して、バスの切符を買って、映画を見て、買い物をする』@アレッポ/シリア
1988年8月28日は、いろいろすることがある。
昨日は、パルミラからアレッポへ移動して、安宿に泊まった。
実は、海外個人旅行では、無事に移動をして安宿に泊まり、何とか食事が出来れば(そしてビールが飲めれば)それで十分だ。
しかし今日は、絶対にしなければならないことがある。
昨日調べて、アレッポ(シリア)からアンタクヤ(トルコ)への国境越えのバスを見つけた。
明日29日に、移動するつもりだから、今日中にバスの予約をして支払いを済ませなければならない。
もちろん、今日しかないのだから、アレッポを見て歩くのも大事だ。
昨日は、アミールホテルでビールを飲んで以降の「伝説の大事件」が起きて、お腹を壊した。
しかし出すものを出したせいか、体調はスッキリしている。
外に出ようと、部屋にいたら、日本人の男性旅行者がドアをノックした。
彼は、昨夜、ホテルで出会って、あいさつをしただけだ。
どうやら、これからエジプトへ下るので、南からやってきた僕に話を聞きたいようだ。
僕が体験したばかりの、エジプトからヨルダン、シリアの旅について、説明してあげた。
彼はドイツ人女性と一緒の部屋に泊まって、旅をしているとか。
それを言いたい(自慢したい)のも、彼がやってきた理由の一つだったみたいだ。
一般的に、ドイツ人女性というと、ほっそりして背が高く、知的なイメージがあるのではないかな。
僕自身が、ロンドンの英語学校で親しくしていたアネットちゃんもそういう感じだった。
ただ、彼と一緒のドイツ人女性を見たら、ちょっと肥りすぎな感じがしたよ。
でもまあ、若いうちに旅をして、外国人女性と親しいお付き合いをするのは、悪いことではないよ。
世界が広がるからね。
彼との話は簡単に切り上げた。
面白い人ならば僕はきっと、「夕食を取りながらゆっくりと話をしましょう!」と約束するはずだが、彼とはそういう話にはならなかった。
ということは、それほど興味が持てる人ではなかったのでしょう。
さてまず、アレッポの観光案内所へ行って、アレッポの地図をもらった。
というのが、昨日ラムセスホテルのフロントでもらったアレッポ地図が間違っていたから。
まあ、間違っていたから、頼みもしないのに地図をくれたのかもしれないけどね。
ラムセスホテル前を通ると、声をかけられた。
パルミラ遺跡でちょっと話をした、某博物館の調査隊の一行だ。
僕がパルミラからアレッポへどうやってきたか、興味があったらしい。
もちろん彼らは、車をチャーターして移動してるわけだが。
僕のパルミラ脱出の体験談を面白おかしく、膨らませて話をする。
すると、朝食代をおごってくれました。
さて、さて、明日の国境越えの、バス会社の情報を集めなければならない。
昨日一社に聞いていたので、残りの2社へ行って、話をした。
結局、バスは3社とも午前7時発。
料金は、265シリアポンドもあれば、267シリアポンドもある。
公定レートで、1シリアポンドは11円と考えるので、2ポンドの差は22円。
実質的に意味のない金額だ。
明日のバスには席はあるので、今日の夕方までに予約をすればいい。
バス料金はシリアポンド払いなので、両替しないといけない。
バス料金がこんなに高いとは考えてなかった。
シリア入国の時、100米ドルを公定レートで両替して手にした1120シリアポンドは残り少ない。
この時期、ホテル代は米ドルのキャッシュ払いだったので、宿泊費では使ってない。
つまり、ほとんどは、食事代(ビール代)に消えていったと思われる。
夕方になって、バスのことは決めればいいので、とにかくアレッポの観光に出かけた。
まず、アレッポのお城(CITADEL)へ行く。
これは堂々とした城砦で、堀に囲まれている。
入場するには、橋を渡るのだが、その入場料が1シリアポンド(11円)。
城から出て、その流れでスーク(SOUK)を歩いた。
昨日も一部分を歩いていたが、途中でお腹を壊してホテルに逃げ帰ったので、ゆっくりと見れなかったからね。
アレッポのスークはダマスカスのスークよりも道路の幅は狭かった。
しかし、こっちの方がなごんだよ。
次にモスクへ行った。
これはダマスカスのウマイヤドモスクと同じ配置だった。
アレッポ城とスーク、モスクを見たら、アレッポの観光地はこれでいいのでは?
次にバスの切符を現地通貨で買うために、両替に「COMMERCIAL BANK OF SYRIA」へ。
手持ちの50ドルのトラベラーズチェックを細かくしようと考えたが、出来ないとの答え。
ヨルダンでもそうだったが、どうやら銀行にドルの現金は置いてないという感じがしたね。
午後の早い時間に、昨日も行った「FOURSANN」というレストランで、食事を取る。
僕は、旅をしている時は、午後の人の少ない時間に夕食(メインは1日1食)を取ることにしているからね。
レストランで、食事をしたら、シリアポンドの手持ちがない。
食事料金をドルで支払って、ついでに明日のバス代分の両替をした。
ゆっくりと食事をしながら、考えをまとめる。
アレッポでやることはやり終えたので、あとは明日国境を越えるだけだ。
なじみのある名前の「KARNAK」で、国境越えのバスを申し込んだ。
265ポンドと267ポンドの料金の差があると思っていたら、結局バス会社は3つとも同じだった。
バス代が265ポンドで、2ポンドは印紙代ということだ。
しかし、支払うときにたまたま小銭が0.5ポンド足りなかったら、「NO PROBLEM」と安くしてくれた。
午前7時のバスは各社まとまって一斉に出発するとのこと。
午前6時半に集合するようにと、固く言われる。
夕食も済ませ、明日のバスの予約を取り支払いも済ませた。
残ったお金が110ポンドだ(公定レートで1210円/実勢レートで330円)。
これを使い果たすためと、時間つぶしに倉田保昭主演の香港映画を見た(7ポンド)。
明日の朝食を考えて、バナナ1KG(70ポンド)。
石鹸でも買いたいと、店に行くが、茶色の大きな石鹸しか売ってない。
「変な石鹸だなー、これはダメだな」と買わなかった。
が、実はこの石鹸が、後に日本でも有名になる「アレッポ石鹸」だったよ(笑)。
とにかく細かいお金をだいたい使い果たした。
もし明日シリアの出国税が取られるとしても、ドルの現金があるので、大丈夫だろう。
でも問題なのが、僕はシリアの外貨申告書を持ってないってことなんだけどね…。
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx