『アレッポから陸路国境越えのバスに乗るが、外貨申告書がないことを摘発される。トルコでイスカンダルを発見してコンヤへ』@アレッポ/シリア〜コンヤ/トルコ
1988年8月29日、今日は、シリアからトルコへの陸路国境越えの日だ。
これまで、エジプトからボートでヨルダンへ、ヨルダンからアレンビー橋を越えてイスラエルへ、イスラエルから陸路でヨルダン、シリアへと国境越えをしてきた。
今日、シリアからトルコへ入国できさえすれば、トルコについては良く知っているので、まったく問題はない。
ただ、気になることが一つあって、シリアの入国では、強制両替と同時に「外貨申告書の記入」が必要だった(1988年のことです)。
ところが、国境を越えるときに、外貨の申告手続きをしないまま、シリアに入国してしまったんだ(汗)。
シリア旅行中に出会った旅行者からは、「外貨申告書を持ってないと、手持ちのお金を全額没収される」という噂も聞いた。
しかし、外貨申告書をもらわないままシリアへ入国してしまったのだから、もういくら考えても、悩んでも仕方ない。
出たとこ勝負で、事情を説明するしかないだろう。
許してもらえるかどうか、それはわからないけど…(涙)。
僕は、基本的に「人はその日一日のことを考えればいい」という主義(世界旅行主義)なので、シリア旅行中は、外貨申告書について考えなかった。
ただ今日は、国境越えをするのだから、急に焦って、外貨申告書を持ってない説明を、頭の中で構成している。
シリアはフランスが管理していたので、もちろんフランス語で、あれこれ説明の文章を作っているわけだ。
ホテルに2泊分の10ドル(一泊5ドル×2日)を、チェックアウトの今朝払う。
小ぎれいで、なかなか居心地のいいホテルだったよ。
アレッポからトルコのアンタクヤへ、国境越えのバスに乗る人は、午前6時半に集合と念を押されていた。
時間前に行くと、バス会社の前には、大勢の人が集まっている。
僕が乗るバスは「PAN」社のものだが、他にも「TUR」社、「NUR」社のバスもある。
バスが3台で、コンボイを組んで一緒に国境越えをする。
シリア旅行中に知り合っていた、日本人学生の顔を見つけて、挨拶をして、時間潰しに雑談する。
彼が乗るのは、「NUR」社のバスだが、どのバスも料金は一緒。
バス料金が265シリアポンドと印紙が2ポンドの、合計267ポンド。
公定レートだと、1シリアポンドは11円程度なので、3千円弱(2937円)。
しかしもちろん、この時期のシリアポンドの実勢レートは、公定レートの3倍から4倍よかったんだけどね。
でも、シリアへ入国するときに、100ドルの強制両替があった。
外国人がシリア国内で宿泊するとき、ドルの現金で支払うので、公定レートで両替した額は、普通は使いきれないはず。
実は僕は旅行中にビールを飲み続けていたので、強制両替分の100ドルは使い果たして、昨日、こっそりと軽く追加で両替していたけどね(笑)。
午前6時半に、国境越えの旅行者をびっしりと乗せたバス3台が連なって、出発する。
シリア出国のポスト(出国の国境管理事務所)へと到着すると、全員がバスを降りて、出国審査を受ける。
出国者の調査が、かなり厳重に行われた。
僕も、父親と母親の名前を確認された。
バスの乗客全員が、シリア出国の手続きを終えたのは2時間後だ。
しかし、外貨申告書の検査はないので、僕はホッとする。
あとは、アンタクヤへ向かって、途中でトルコの入国審査があるだけだ。
トルコは、日本人はビザが必要ないし、日本人旅行者も多い。
トルコの入国で問題がおきるはずがないので、頭の中は、アンタクヤに着いてからのバスのことを考えている。
ところが、シリアの国境を出る直前の道路上で、バスが止められた。
シリアの検問があって、外国人乗客の外貨申告書の検査を始める。
僕は、外貨申告書を持ってないので、バスから降ろされ、尋問を受けることになったよ(汗)。
僕のほかには、米国人の若者が1人、バスから降ろされた。
僕は、パスポートを見せて、「ヨルダンからの国境で外貨申告しないまま、国境を通ってしまったので、書類はありません。貧乏な日本人旅行者を、許してください(涙)」と、許しを請う。
すると、僕に対しては「もういい」と、バスに戻された。
一緒にバスを降ろされた米国人旅行者の若者はもう少し時間がかかっていたが、彼もまもなくバスへ戻ってくる。
どういう処分になったか、気になったが、彼とは話はしない。
とにかく、国境を越えてしまうまでは、すこしでも変な状況には、なりたくないからね。
バスはそのまま国境を越えて、トルコ側の入国管理事務所へ。
ここは、まったく問題なく、簡単に通過しました。
そのまま、トルコ側の町「アンタクヤ(ANTAKYA)」のバスターミナルに着く。
バスターミナル横の両替商で、トルコリラへ両替すると、「20英ポンドが51700トルコリラ」になる。
僕は前回、1988年4月27日から5月12日まで、16日間トルコに滞在していた。
そのときの両替レートに比べると、トルコリラのレートが下落している。
ま、トルコリラは、常に順調に下落するので、この時期は有名だったけどね(笑)。
でも、物価も同じように上昇するのだから、あまり関係ないと思うんだが。
面倒なので、ここでは、1トルコリラは0.1円という、前回旅したときの計算で行きます。
別のバスで国境越えをした、日本人旅行者の若者と、アンタクヤのバスターミナルで会ったので、一緒にお昼ご飯を食べた。
ビール一本が700リラ(70円)を2本、食事が3500リラ(350円)で、合計5百円程度。
僕は、一応トルコの名所旧跡を、すでに見て回っている。
また、今回の旅は、トルコからヨーロッパへ入って、ロンドンまで行くのが一つの旅の落ち着き方。
ロンドンには友達もいるしね。
だから、今考えることは、とにかくイスタンブールへ、行ってしまうこと。
でも、アンタクヤからイスタンブールへ直行するのは、身体によくない。
僕は、自分の年齢というものを、改めて考えると、この時、40歳直前だった。
だから、とにかく、無理をしてはだめだ。
前回トルコ旅行をしたとき、カッパドキアからちょっと東へ出た町「カイセリ」から石灰棚の奇妙な風景で有名な「パムッカレ」へ向かったことがある。
その時に、長距離バスに乗るのを避けるために、コンヤという町で一泊して、旅程を「カイセリ〜コンヤ」「コンヤ〜パムッカレ」と分割したほどだ。
コンヤのバスターミナルは、結構大きくて、コンヤの町のはずれに存在する。
そうして、バスターミナルには、結構まともなホテルが併設されていた。
ということは、コンヤへ行きさえすれば、バスターミナルのホテルにすんなりと泊まれる。
そのあとで、コンヤからイスタンブールへ行けばいいだけ。
アンタクヤからコンヤへのバス料金が1万トルコリラ(千円)だった。
アンタクヤは何もない殺風景な国境の町なので、一番早いバスに乗る。
それが午後3時発の、コンヤ行きバスだった。
コンヤを時間通りに午後3時に出発して、次のストップが一時間後の午後4時、なんと「イスカンダル」♪
「イスカンダルはトルコにあったのか♪」と大発見をしたが、疲れているので、難しいことは考えないことにした。
イスカンダルで30分休息があって、さらに1時間半後に「アダナ(ADANA)」へ到着して、午後6時。
ここからは、特に大きな町に寄ることもなく、コンヤへと進む。
途中で一度だけ、ミールストップ(トイレストップ)として、40分の休息があった。
コンヤのバスターミナルへ到着したのが、午前0時50分。
頭がボーッとしていたが、ベッドで休まないと、翌日が一日動けなくなると考えて、バスターミナルのホテルへ転がり込む。
ホテルは「オテルセーマ(OTEL SEMA)」という名前で、バス客の仮眠専用のビジネスホテルという雰囲気。
料金は2万リラ(2千円)。
ホテル付属のレストランは24時間オープンしているが、ビールが「TUBORG GOLD」という高級ビールで、値段が1500リラ(150円)。
午後3時にアンタクヤを出て、今夜に深夜0時50分に到着したのだから、約10時間かかったわけか。
バスターミナルの時刻表を確認すると、コンヤからイスタンブールへも、だいたい10時間かかるようだ。
10時間ならば、早朝のバスがあればそれに乗れば、夕方に到着する。
ところが、昼のバスは、13時(午後1時)発しかないらしい。
ということは、イスタンブール到着は、午後11時。
これでは使えない。
あとは、午後8時半(20時半)、午後9時半(21時半)、午後10時(22時)のバスがある。
これだと、本当にイスタンブールへ10時間ならば、午前6時半から午前8時に到着するだろう。
午前6時半にイスタンブールに到着しても、動きようがないね。
でも、午後10時のバスに乗るとしたら、それまでの時間をつぶすのが面倒だよなー(涙)。
ま、明日のバスの時刻に付いては、明日考えましょう(笑)。
今日はとにかく、アレッポ(シリア)からアンタクヤ(トルコ)の陸路国境を越えられたのがよかった。
しかも、シリアの外貨申告書がないことを許してもらったし。
アンタクヤからコンヤへの10時間のバスも、なんとか切り抜けたし。
明日夜に、バスに乗れば、10時間後の、明後日の朝には、イスタンブールだ。
シリア旅行記
ヨルダン旅行記  / イスラエル旅行記  / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx