『203高地の「爾霊山」の塔を見て、旅順港を望む』@旅順/遼寧省/中国

【二百三高地に立つ世界旅行者】
2003年9月8日、「T452次」列車で瀋陽から大連へ移動した。
大連駅から約15分歩いて、中山広場に面した大連賓館に、飛び込みでチェックイン。

「瀋陽故宮博物院」で会った、日本人高齢旅行者のHさんに大連賓館を勧めていた。
フロントで聞くと、Hさんはすでにチェックインしている。

Hさんを誘ったのは、実は、大連からの旅順ツアーに一緒に参加するため。
ツアー参加は、2人の方が(一人当たりにすると)安いからね。

「地球の歩き方」を見て、紹介してあった旅行会社2つに電話をかけて、料金を聞いた。
すると、一つの会社が一人参加だと千元、2人だと1200元。

もう一つの会社が1人参加は750元、2人だと1300元。
Hさんと相談して「2人で1200元」のツアーへ申し込む。

つまり1人600元。
600元とは、9千円くらいだ。
これ、ものすごく高くないかな。
ただ、このときは、集団のツアーというのが見つからなかったんだ。

【203高地へ運んでくれる輿(コシ)】
さがす時間もなかったしね。
僕としては、日本語でなくても、英語でも中国語でも、団体ツアーに参加して、その場所へいければそれで満足だったんだが。
ただ、この値段だと、専用の車とドライバー、それに日本語ガイドが付く。
空いているのが翌日しかなかったので、これで決めてしまった。

だから、この値段はあくまでも参考にしてください。
翌日午前8時半に、ホテルへピックアップにやってきた。

ところが、ちょっとしたトラブルがあって、僕1人で参加することになった。
旅順ツアーは東鶏冠山保塁、二百三高地、水師営会見所を回って、水師営では昼食が付いていた。

半日で見て回ったよ。
次の朝には日本に戻るので、大連をもうしばらく1人で歩きたかった。

世界旅行主義に「どんな遺跡も2時間で見られる」というものがある。
だから、東鶏冠山保塁、二百三高地、水師営会見所だけならば、半日で十分だ。

その場所に立って、「なるほどねー」と感じればそれでいいわけだしね。
この3つの中で、名前が最も知られているのは「二百三高地」だろうね。

車で乗り付けて、坂を登る。
たいした距離ではなかったが、「輿(こし)」があって、観光客を誘う。

正直、日本人の場合、旅順の観光をするのは、高年齢層が多いだろう。
だから、結構需要があるのかもしれない。

僕は中国でも、そうそう司馬台長城でも、観光客を運ぶ輿をみたことがある。
また、インドのアジャンター石窟でも、輿があったよ。

【乃木将軍が作らせたという「爾霊山」の塔】
二百三高地は、確かに高地で、上が広場になっていて、そこに「爾霊山」の塔がある。
「爾霊山」は「203」の語呂合わせだ。

これは、乃木将軍が作らせたもの。
日本軍の戦勝記念塔が、現代中国に残っていることに、ちょっとびっくりする。
あとは、二百三高地から旅順港を見ることができるよ。
この高地を攻撃したのは、旅順港のロシア艦隊を陸からの砲撃で沈めるためだった。
ところが日本軍が二百三高地を占領する前から、旅順のロシア艦隊は、日本の砲撃で損傷を受けて、ほとんど動かなくなっていたとか。

【「爾霊山」の塔の由来を、中国語、英語、日本語で書いてある】
旅順攻囲戦については、インターネットで調べてください。
この戦いについては、乃木希典(のぎ まれすけ)が無能だったのか、有能だったのか。
さまざまな議論がある。
また、海軍と陸軍の協力関係の問題。
白襷隊の夜襲攻撃。
大東亜戦争のときの問題点もすでに現れている。

【203高地に立つ世界旅行者/後方に旅順港がある】
この戦闘で、日本軍は戦死5052名、負傷11884名。露軍は戦死5308名、負傷者は12000名近くに達した(Wikipedia「旅順攻囲戦」による)。
戦死者、戦傷者にはそれぞれ家族も、恋人もいたことだろう。
二百三高地に立つと、戦争のむなしさを感じました。