《黄熱病予防接種体験記》 1999年2月東京検疫所にて

【ダカール(セネガル)の郵便局前にて(2001)】
チョー百カ国世界旅行者が、いまごろ黄熱病の予防接種をした聞いて、「あれれん、まだやってなかったのかしら?」と不思議に思う人がいるかもしれないけれど、もちろん以前にも受けたことがあるんだよ。

ギリシアからエジプト経由でケニアに飛ぶ前に、アテネの病院で、黄熱病とコレラの注射を一度にして、マラリアの薬をもらったことがある。
日本では、予防接種の間隔を開けたりするようでは、アテネでは、黄熱病もコレラも一度に射って、その場でイエローカードを作ってくれた。
公立病院だったらしく、全部無料だった。

その時のイエローカードを持って、世界一周旅行したり、世界各地へ旅をしてたんだけれど、期限の10年が過ぎてしまったんだよね。
西アフリカ旅行を考えていたので、イエローカードが必要だろうと、再度、黄熱病の予防接種を受けたわけだ。

さて、黄熱病の予防接種は、厚生省の検疫所で受けられます。
僕は近くの保健所に電話して、予防接種を受けられるところを教えてもらいました。
港区民としては、近くで受けるのがいい。
というわけで、港区港南にある東京検疫所へ電話をして、確認を取ります(インターネットで電話番号を書くのは問題がおきても困るので、自分で104へ電話して調べてね)。

東京検疫所:〒108-0075 東京都港区港南3−9−35 港湾合同庁舎 2F

すると、黄熱病の予防接種は週に一度だけで、「毎週月曜日の午後1時に黄熱病の予防接種をします。その前の週の火曜日から金曜日までに電話で予約をしてください」とのこと。

さっそく火曜日の10時ごろに電話をすると、「予約番号」を告げられた。
料金は2220円、印鑑と筆記用のボールペンを用意するように、という話だ。

東京検疫所は、JR品川駅の東口から歩いて、約15分。
バスもあるけれど、この程度は歩くのが旅行者の基本です。

午後一時の15分前に到着して、二階に上がると、そこには、思いがけなくたくさんの人がソファや長椅子に座っていました。
ざっと見た感じでは、50人以上、70人くらいいたかもしれない。

しかも、ほとんどは20歳代半ばのきれいな女の子!

こんなにたくさんの女の子が、黄熱病の必要な国へ行くんだろうか??
西アフリカならいいけれど、別のところなら、僕もそちらへ行こうかしら…。

と、心が乱れました。

 

さて、興奮が収まるのをしばらく待ち、壁に書かれた案内を読むと、

13:00に印紙を販売して、13:20に黄熱病の予防接種が開始されるとのこと。

案内では、黄熱病予防接種の申請書の配布も13時からとなっていますが、テーブルの上に申請書は置いてあり、記入例を見て、みなさん、申請書を書いていました。

申請書に貼る2220円の印紙は、普通の郵便局などでは販売していないらしいのですが、特にお年寄りの方(おそらく、アフリカや南米などの高額ツアー参加者と思われる)などは、自分で買って、用意してきているようでした。
しかし、検疫所の窓口で買えますから、前もって用意する必要はありません。

記入用のボールペンがなくて、他の人から借りている人もいます。
旅行をしていると、思いがけないところで書類を書かされたりすることになります。
だから、筆記用具を常に用意しておくのが旅行者の常識かな。

しかし、こういう時に、わざと「すみません、ちょっとペンを貸していただけませんか?」と、かわいい女の子や男の子に声をかけ、それから「どちらへいらっしゃるんですか?」と話を進め、「僕とおんなじところだ。じゃあ一緒に行きましょうよ!」と、仲良くなるテクニックもある(この場合、NYへ行くつもりが、コンゴになっても責任は持てません)ので、持ってても自分のペンを使わない選択もあります。

これは、海外の領事館などで、人数が少ない場合は効果的ですが、日本の検疫所の静かな待合室で女の子が大勢いるときにやると、「このスケベジジイ!」とにらまれるので、注意してください。

申請書は裏表記入しなければなりません。
申請書裏の下の部分に、「自分で測ってきた体温」を記入するようにいわれますが、体温計の用意もありますから、その場で測って、記入すればいいわけです(もちろん、測らずに自分の考えた体温を適当に書いても、書類としては通ります)。

13:20に電話で告げられた予約番号順に並んで、予防接種を受けます。
この時に、申請書の記入漏れ、記入間違いをチェックされますが、全部きれいに記入していない人が案外と多いので、注意してください(実は、こういう書類を書くのに慣れているはずの僕も、名前にふりがなを付け忘れてました)。

次に、予防注射を受けますが、お尻ではありません、純情なヤングギャルの皆さん、安心してください♪
腕に打ちます。
腕を出しますから、冬に受ける場合は、腕を出しやすい服装にしておくのも、特に女性にとっては大切なことです。

さてこれでおしまい、と思うと、大間違い!

注射を受けたのは、イエローカードをもらうためなのでした。
イエローカードは、なぜか黄色です(?!)。

イエローカードを受け取ったときに、生年月日、名前(ローマ字のつづり)を確認してください。
僕の場合も、名前のつづりが間違ってました。
イエローカードの間違いは、その場で訂正してくれます。

以上が、1999年2月現在の東京検疫所における黄熱病予防接種の報告です。

(みどくつ黄熱病予防接種体験記)

注意:

なお、早く終わりたい場合は、火曜日の早い時間に電話をして、小さな予約番号をもらうようにした方がいいと思います。
予約番号を忘れた場合は、最後にまわされます。

印鑑は、なくてもサインで大丈夫。

イエローカードを紛失した場合に備えて、イエローカードのコピーや領収書を取っておくことも、考えておいた方がいいでしょう。

最新情報は検疫所のサイトをチェックしてください。

【参考】「海外旅行者のための感染症情報」http://www.forth.go.jp/
情報の追加。黄熱病の予防接種は予約が込んでいるそうです。2006年3月の話では、東京検疫所の予約が1か月待ち。料金は11000円。