『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(2)』@カサブランカ/モロッコ
1988年3月7日。
カサブランカの「ホテルプラザ」でスカッと目覚めて、熱いシャワーを浴びて、青空の広がるカサブランカの早朝。
まず、ホテルプラザの向かいにある、メディナ(旧市街)へ行ってみた。
ただ、ゴチャゴチャした町というのは、それまでも、世界あちこちで見ていた。
だから、期待していたほどの感動はなかったね。
でもまあ、いずれ迷宮都市と呼ばれる「フェズ」に行くので、そこに期待しましょう。
カサブランカ自体には、それほど見るところはないと、結論付ける。
続いて考えたのが、アルジェリアのビザを取ることだ。
僕としてはこのときに、「モロッコも噂されているほど大変なところではないなー(笑)」と判断したからね。
つまり、だんだんと、「旅先では何でもできるぜ!」という「トラベリングハイ(TRAVELLING HIGH)」になっていたわけだ。
スペインからモロッコへ来る程度は、1988年のこの時代、ちょっと気の利いた学生ならば、やっていたこと。
でも、モロッコからアルジェリア、チュニジアと、北アフリカ三国(マグレブ諸国)を横断したら、ちょっとは自慢できるだろうからね。
正直に言うと、海外旅行者というものは、旅行自慢をするものなんだよ。
旅行者として一番恥ずかしいこと、それは、「中途半端な旅行自慢をして、旅行自慢で負けること」かな。
ロンドンの英語学校でCPE(ケンブリッジ英検特級)の勉強をして、受験を終えた。
その後、フランス、スペイン、そしてモロッコへ来た。
僕のこの旅は、この後もさらに、どんどん続き、結果的に2年8か月の世界一周旅行になる
1987年9月にロンドンへ旅立つ前にも、インド亜大陸長期旅行など、いろんな旅行をしている。
その僕とすれば、モロッコまで来たら、北アフリカを横断しないわけには行かない。
神様が、せっかく僕に北アフリカ横断のチャンスをくれたのに、それから逃げてはいけない。
というわけで、トラベリングハイで、「何でもできるぜっ!」と思っていた僕は、目の前にある「ハイアットリージェンシー」に飛び込んだ。
ボロボロのTシャツと、ロンドンで買った安っぽいジーンズ、バッグは吉田の「LUGGAGE LABEL」だったが。
でも、この時代は、知的レベルが高ければ、世の中どんなことでも出来たんだ。
フロントで、「僕は日本人旅行者だけれども、カサブランカのアルジェリア領事館の場所を知ってますか?」と、ズバリ聞いた。
僕のフランス語はとてもまともだ。
また、僕の迫力は、モロッコの一流ホテルのスタッフを納得させるものがあったのだろう。
すぐに、アルジェリア領事館の場所を、紙に住所を書いて、教えてくれた。
教えてくれたのはいいが、もちろん住所だけではどこなのかわからない。
さらに聞くと、「歩いて行くのは無理」とのこと。
まあ、それならば、タクシーに乗ればいい。
普通ならば、ハイアットリージェンシーの玄関で待っているタクシーに乗るだろうね。
でもこのときは僕は、とにかく興奮していたみたいだ(トラベリングハイの状態)。
僕はホテルから出て、国連広場に立っていた警察官に声をかけた。
そうして、フランス語で、「アルジェリア領事館に行くので、タクシーを見つけてくれ!」と言ったんだよね。
まあ、今から考えれば、身の程知らずな話。
警察官は、僕のボロTシャツとジーンズの格好を見て、ナンダナンダこの東洋人はと思う。
しかし、フランス語をまともに話すので、「これは、CIAのエージェントかな?」と思ったようだ。
タクシーを止めて、運転手に何か話し、僕をタクシーに乗せた。
僕が、ホテルで書いてもらったアルジェリア領事館の住所は、「159 Bd. Moulay Idis 1er」というものだった。
それをタクシーの運転手に見せるが、運転手は場所がわかってないようだ。
しばらく走った後、別のタクシーに合図して止めて、話をしている。
そのあと、僕は最初のタクシーが止めた別のタクシーに移らされた。
このタクシーは、アルジェリア領事館を知っている雰囲気。
タクシーは僕をごく普通の住宅街の、ちょっときれいな邸宅みたいなところへ連れてきた。
見ると、旗が立っているので、これがおそらくアルジェリア領事館。
言われるままに、タクシー代15ディルハム(210円)を支払う。
アルジェリア領事館は、玄関が開いていたので、入っていって、「ビザを取りに来ました〜!」と言えばそれでいい。
控え室に通されて、ビザ申請の書類を渡される。
僕はこの程度の書類は、フランス語で、あっという間に書ける。
ただ問題だったのが、このビザ申請書には「何月何日から、何月何日まで滞在するか」という項目があったんだ。
この日が1988年3月7日。
これから、フェズやマラケシュを見ても、10日程度で十分だろう。
また、アルジェリアも、砂漠のど真ん中に行っても、1か月はかからない。
だから、僕は、ビザの日数に結構迷った。
というのが、「地球の歩き方」によると、アルジェリアには強制両替があるらしい。
それがどういうものかわからない。
例えば、1週間滞在と1か月滞在の申請とでは、強制両替の額が違うかもしれない。
下手に長期の滞在を申請すると、高額の請求があるかも。
また、あまりに短期の申請をしたら、オーバーステイ(滞在許可を超える滞在)をしてしまう可能性もある。
その時に、どういう罰則があるか、わからない。
僕の記憶を辿って、申請内容を考えてみる。
おそらく、入国予定日を一週間後の3月14日にして、滞在期間を20日として申請したはずだ。
アルジェリアビザの申請書を書いて、待っている。
ドアから出てきた人に、「どのくらいかかりますか?」と、(フランス語で)聞く。
すると、「ドゥ・ミニュット(2分)」というハッキリした答えがあった。
ただ、その2分は、実際は「2時間(ドゥザール)」だったけどね(笑)。
申請書を提出する時に、軽いインタビューというか、世間話みたいなものがあった。
一応申請者本人を確認したいだけの雰囲気だったけどね。
申請書を出した後、受け取りは、明日の朝だと知らされた。
明日の朝ならば、別に問題はないが。
アルジェリアビザの料金は、88.5ディルハム(1239円)で、ビザを受け取る時に払えばいい。
ビザの料金が千円ちょっとで、申請の翌日にビザがゲットできるなら、問題はない。
領事館を出て、またタクシーを拾って、カサブランカの中心部に戻る。
この時のタクシー料金が10ディルハム(140円)だった。
一度ホテルプラザに戻り、まだ午前中でチェックアウトが出来る時間だったので、ツインの部屋をチェックアウトする。
そうして、シングルのもっと安い部屋に移った。
ツインが162ディルハム、シングルが93ディルハムなので、その差は69ディルハム。
69ディルハムといえば、千円弱だ。
これは、この時代のモロッコでは大きいよ。
新しい部屋の清潔なベッドで、ちょっと休んだ。
午後4時ごろに、カサブランカの町へ出る。
ダウンタウンを歩いて、レストランを見つける。
午後4時くらいというと、レストランはガラガラで、客は僕1人だった。
僕はメニューを見て、ステーキと野菜スープを頼み、赤ワインをボトルで取る。
ウェイターは、僕が日本人だと知って、「建設工事できた日本人が、このレストランに大きな醤油のビンを置いてました」という。
世界中どこでも、日本人旅行者の前には、ちゃんとした日本人技術者の皆さんの足跡があるわけだね。
でもとにかく、ステーキを赤ワインで身体に流し込むのはステキだ。
ボーッとしたままチップを弾んで、ホテルに戻る。
ホテルの部屋で、ちょっと早い時間からベッドに入って、本を読みながら眠る。
明日、アルジェリアのビザを取ったら、別の町へ移動するでしょう。
どこへ行くか、それは、明日決めればいいだけです。
『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(1)』@カサブランカ/モロッコ
『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(2)』@カサブランカ/モロッコ
『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(3)』@カサブランカ/モロッコ
moroccoalgeria tunisia africa index