しつこいピエロの物まねを撃退する必殺の方法@ビクトリアワーフショッピングセンター/ケープタウン/南アフリカ共和国

【ビクトリアワーフショッピングセンターからテーブルマウンテンを見る】
世界旅行者の第三弾「大人の海外個人旅行」の「中高年海外個人旅行のための旅のヒント」第三項「しつこいピエロの物まねを撃退する必殺の方法」を紹介しておきます。

03:しつこいピエロの物まねを撃退する必殺の方法

僕はケニアから、タンザニア、マラウィ、モザンビーク、ジンバブエ、ザイール、南アとバスを乗り継いで陸路で下り、ケープタウンに着いた。
ケープタウンは古さと新しさの入り混じったきれいな都会で、港も再開発されて近代的なショッピングモールがある。
そのビクトリアワーフショッピングセンターを歩いていると、僕に対しての笑い声が聞こえる。
振り返るとそこにはピエロがいて、僕の形態模写をしていた。
僕が腕を組んだり、ラジオ体操第一をやったりすると、その通りに真似をする。
僕のやる通りにするのだが、歩き方など、なんとなくオサルっぽく味付けをしてある。
僕はそこに東洋人に対する人種的偏見を感じて、ムカッとした。
そのままニコニコして過ぎ去るのも、しゃくにさわる。
ここですんなりと負けては日本人として恥ずかしい。
そこで僕は相手が真似できないようなことを考えた。
それは、マスタベーションをする振りだ。
右手でポコチンを取り出す格好をして、シコシコとこする物まねをしたら、さすがに子供連れで賑わう場所で、ピエロはこれまでは出来なかったようで、物真似が止まった。
僕はピエロに完全勝利したわけだ。
読者もあちこちのテーマパークなどで、ピエロに真似されて、不快な思いをすることがあるかもしれない。
その時には、僕のようにすると、必ず勝てますから、是非覚えておいて下さい。

【写真】ビクトリアワーフショッピングセンター@ケープタウン
【旅行哲学】馬鹿にされたらすぐに反撃しろ。例えもっと馬鹿にされても、旅先では影響はない。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20060409